FC2ブログ

パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

パスタ2種

DSC00102.jpg

夕方は家の中よりベランダの方が断然涼しいので外で食べる事が多い
ここ最近です。

トマトソースを朝煮込んでおいて夕食前に鶏胸肉を軽くソテー。
トマトソースの中に放り込んでモッツァレラチーズを乗せ蓋をしたら
軽く煮込みなおして出来上がり。
付け合せはほうれん草・玉葱・パプリカをじっくり炒めたものに
茹でたパスタを和えただけ。チキンのソースと一緒に食べてもいいし
そのままでも美味しいし。
DSC00084.jpg

こちらはもうちょっと涼しい日に作ったサーモンのパスタ。
ソースはトマトクリーム。ゆで汁で撹拌して少し軽めのクリームです。
やっぱりほうれん草入り。

家の中では食べる気も失せますが外なら食も進む幸せな夕方です。




スポンサーサイト

Le potimarron / 栗かぼちゃ

DSC00027-1.jpg

近所に立つマルシェのBioスタンドは1つしかなく、決まった農家さん
だけからしか仕入れないので季節物、それも限られた物しかないの
だけれど、何でもとても美味しい。

先日は、久しぶりに栗かぼちゃを見つけると“この季節初だよ”と
お兄さんがとっても嬉しそうに紹介してくれた。
割ってみると中身がぎっしりと詰まってとっても美味しそう。

さっそくtintinも大好きなポタージュで頂きました。
まだ8月になったばかりで日本では夏真っ盛りかと思うのですが、
こちらは朝晩は涼しい風が吹くし、少しずつ季節は変わってきている
なと感じる事もあります。

大人の都合

DSC00172.jpg

遊具の場所に日陰が無いこの公園、涼しい日があったので午前中行
ってみることに。
以前遊べなかった遊具が上手に乗れるようになっていたり、一番小さな
滑り台しか遊ぼうとしなかったのに促したら次の月齢の大きなものも
お手伝いしながらですが登れるようになっていたり。
いつの間にかどんどん成長するtintinです。

さて、涼しいのでプールを出さなかったせいか体力消耗出来ていなかった
ようで、夜寝入るのに少し時間がかかっている様子。
では頑張って歩いてもらおうと思い久しぶりにミニミニ・プセットでお出かけ。
DSC00161.jpg

いつもの散策コースを通り抜けてちょっと遠出を促しました。
tintinも久しぶりとあってか喜んでどんどん進んでいきます。

夕方したい事は、tintinのお風呂と遊んでいる間に夕食の仕上げをして
luluが帰宅して一呼吸置いてから“いただきま~す”
が我が家では望ましい形。
そのため、午後の遊び時間は限られています。
そろそろ帰ろうか、と言ってもこの日tintinはもっと先へ進むのだと頑張っ
て歩きます。
まぁ、ちょっと疲れて頂きましょうとそのまま進ませたのですが2時間
経過してもまだまだの1っ点張り。この後しなければならない事を説明
するも聞く耳持たず。1人でさっさと進みます。
いつもは歩きたがらない事が多いので歩け歩けと促しているのに、
この日はもうお終いと急かされる。tintinにとってはきっと意味のわから
ない事。この時間に追われているという概念は私(大人)だけなので
イライラをぶつけないように頑張って説得を試みながら帰ろうとするも
聞く耳持たず。それじゃぁ置いていくよ、バイバーイと言っても知らん顔。
そうとう歩きたいんだ。。。ちょっと遠く離れたところで見つめるも皆さん
帰宅時間なのでお散歩道路もサイクリングロードへと早代わり。
散歩を楽しむ人もいるので気を使っているもののこちらとしては小さな
子1人歩かせて気が気ではない為、この作戦失敗。

これで床に突っ伏して“イヤイヤ帰らないのー!!”とでも泣いてくれ
ればさっと抱き上げて帰るのだけれど今のところそういう行動はとらな
いので出来れば本人に帰る気にさせて帰りたいところ。
イライラする気持ちと戦いながら夕方の太陽に照らされて歩くのも
なんともいえない苦痛の時でした。

時間に追われる、というのは先程も書いた通り大人の都合。(今のところ)
子供を急かすような事は出来るだけしたくないので余裕をもって行動して
居るつもりだけれどどんどんと予定通りにいかなくなる事が多いこの
頃です。

学校にでも行くようになればこんなわけにもいかないので、、そろそろ
時間の説明をしようかな、、と考えてはいるのですが皆さんどうされて
いますか?

Le gateau oriental

DSC00166.jpg

ほどほどな甘さのものは好きですが“甘いぃ~”という様な物は
全く好きではありません。
どれもこれも極甘そうに見えるので全く興味がわかないのが中東の
お菓子達。ハチミツがべったりかかった様子を見るだけでもう十分。
何度か試したけれど私の好きな味ではないと決め付けていました。

ところがついにこの日、私の考えを改めるきっかけが訪れました。

フランス在住40年越えのお洒落なアルジェリアンマダムがお茶菓子に
持ってきてくださったのがそれです。

ここのは美味しすぎてもうここでしか買わないと。

それなら、と頂くと全くもってその通り!!
種類にもよると思うのですが甘さは控え目で、色々な果物の香りの
エッセンスがあったり、花の香りだったり。なんとも奥深い味わい。
近くに行ったらきっと自ら購入してしまうと思います。
皆様も是非!

La bague de kenza 
106 Rue Saint-Maur, 75011 Paris


焼塩鯖

DSC00162.jpg

日本に滞在している間に青魚を既に食べていたtintin。
アレルギー無しを確認済みです。
金沢は魚が美味しいので今の内に、と思い色々な調理法で色々な魚
を試しておきました。(作ってくれたのは母ですが)

この日の昼食は軽く塩をして焼いた鯖の身をほぐし、人参とグリンピ
ースと一緒に炊いたご飯に混ぜ込み胡麻をしたもの。

魚の美味しい脂や塩味があるので味付なしでもこのままで十分頂け
ます。

tintinも魚は大好きなのでぺろりと気持ちの良いぐらい完食してくれ
ました。

 | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム