パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

良い出会いの継続

DSC08240.jpg

田舎の道端に突然の牛!
義両親宅の暮らす小さな村にも小さなマルシェが立ちますがその日
だけ"今日はマルシェだよー"と宣伝するかの様にこちらの牛が登場
するようです。けっこうなサイズでしたよ。

さて、春に日本に帰省した際には往復路どちらも機内で子連れの
女性と仲良くなった話を以前書きましたが往路で出会った女性は
随分郊外に住んでいる方でご主人も伴って遠路はるばる車で我が家
まで遊びに来てくれました。
そして今日、今度は復路で知り合った女性がメトロを3本も乗り継いで
我が家まで来てくれましたがなんとプセットを押しての事!
フランス暮らしの方はご存知かと思いますがエレベーターやエスカレ
ーターのないパリメトロ。どんなに大変だか想像出来るかと思います。

この方とも住まいに距離があるので中間地点でお散歩でも、という
話でしたが帰国の疲れが取れ、リズムを取り直してからはびっくり
するぐらい暑くなったり、午後からは雨マーク、なんてことが続いたり
してなかなかチャンスがなかったのですが親切にもこちらまで来てくれる
と申し出てくれての嬉しい再会となりました。

これまたお喋りには全然足りない時間でお別れという現実。
ちょっと距離があるとは言え、子供が居なければひょいと足を伸ばせる
程度。それが子供との生活になると"会いましょう"と言ってから実現
するまで随分と時間がかかるものですがそれでも子供同士で遊ぶ姿
を見れば会えただけでも良かったと心から思えます。

またこうやって行動派ではない私とお付き合いを続けてくれるその他
の友人達にも本当に感謝。

フランスで知り合う人の数は少なく、その中でも仲良くなれる、なれそう
な人との出会いは一握り。そしてしっかり交流が持続できるように私も
気を配りたいと思います。子供といる毎日は何かと自分の用事は後回し
になったり諦めたりするのがここ最近のことですからね。。それも良くない
ですよね。

ともあれ、楽しい一日でした♡
スポンサーサイト

離乳食後期-おやきに挑戦

DSC08219.jpg

友人のお子さんが、それはそれは上手におやきを手掴みしてもりもり
と食べていたのを見ていつか挑戦してみたいと思っていたおやき。

パンは手掴みで食べられるようになっていたので、同じく乾燥したもの
ならば掴んでくれるかと思って。

上のバナナのおやきはバナナと少量の小麦粉とヨーグルトで作った
もの。ほんのり甘いので食いつきが良いかと思ったけれどそうでもなく
1枚食べてあとは自分で掴むほど食べたがらなかったので少し残念。
DSC08226.jpg

とは言え、1枚目は掴みに行ったのだから気をよくした私。今度は
じゃが芋とパセリのおやきに挑戦。
どちらかと言うとこちらのほうが好きだった様子。
こちらは2枚程手掴み、残りは私が食べさせました。パンより噛み切り
やすいのか、しっかり前歯で噛み切っていました。
2回分あったので翌日も出してみる事に。
DSC08233.jpg

手掴みしない・・・・
自分で取りに行くほどの好みではないという事かしら。。

今のところ毎日パンを食べているのでそれで練習という事にして
わざわざおやきを作るのはもうやめました。
また暫くしたら野菜を食べるか試してみたいと思います。


憩いの公園

DSC08229.jpg

tintinの部屋に窓専用のシールを貼りました。
頂き物で、受け取った時はちょっと女の子っぽいかな?と思ったものの
貼り終えて見るととっても明るい雰囲気で一気に子ども部屋の雰囲気
になりました。 色々考えているのですが移動させたいものなどを整理
してから、、と思ってなかなか取り掛かれないでいたのでまだ殺風景な
ままなのですよね。 夏が終わったら出来るといいなと考えております。

さて、写真も撮り忘れました鮮やかに花が咲き誇っていたリュクサンブール
公園に友人と行って来ました。 わずか数時間の滞在でしたが敷物を
敷いてのんびりと。 tintinも比較的楽しんでいたようで帰り間際までは
ご機嫌で居てくれました。

久しぶりに会った友人との会話は楽しく(1人で盛り上がっていた気も
しますが)全然話したりないっ。突然今からどう?っという具合に誘った
にも関わらず快く出てきてくれて感謝。
来週はお天気が崩れるようなので天気の良い日を逃さないようにと思って
の行動でした。 数時間だけならオムツ交換もなしに家まで戻るのが
常ですが大きい方をした場合はやっぱり変えたいけれどその場所を
見つけるのも大変なものですから青空の下は何かと嬉しいちびっ子
連れのパリ。

リュクサンブールはパリに来た当初は歩いて数分のところに住んで
いたので頻繁に通った場所。着たばかりは色んな事もあったので
色々な思いを抱えて散歩したものです。
その後引っ越した先にはこれまた美しい公園から数分のところに
住んでいて妊娠中もよくここを散歩しました。
そして出産後まもなく引っ越した先には憩いの場所がありません。
ちょっと足を伸ばせばあるものの芝生が広がるスペースがある
だけで季節ごとに色とりどりの花を愛でたりその美しさを堪能したり
という場所ではないのでとても残念に思います。
きっと子供にとっても気持ちのよい場所だっただろうなぁ。
ただ遊具のある公園があちこちあるのでもうちょっと大きくなったら
それはそれで楽しめるかな?


Le Pain de mie / パンドミ

DSC08216.jpg

こちらがフランスのパンドミ。日本で言う"食パン"ではないかと思います。

我が家では滅多に買うことはありませんでしたがtintinが朝食とおやつ
にパンを食べ始めたので我が家はバゲットではなくパンドミにしました。

写真の通りの小さい小さいサイズで薄さは計っていませんが恐らく1cm
ないと思います。味は砂糖が入っているのでほんのり甘いですが
ブリオッシュと比べると随分控え目。バターの香りもしっかりします。
お値段はバゲットの倍以上。

これを買い求めに足を運んでなんど買いそびれたことか。
我が家のお気に入りのパン屋さんはパンドミを朝の6時に1度焼くだけ。
午前中で殆どの日は売り切れてしまいます。翌日には販売しません
というぐらいだから売れ残りのない程度しか焼かないのでしょう。

ちなみに・・・スーパーに売っているパンドミはなぜか初めから封が
開いており消費期限が1ヶ月程もある上に最後までふわふわしっとり
という怪しさ120%の代物。もちろんtintinには与えるつもりはありま
せんが便利すぎて何度か買ったことがあります。
懐かしい日本風サンドイッチはこれで作れます。
そのまま食べるのはまだ良いのですが、なぜかトーストするとダンボール
の様になります。
気になる方はそのままどうぞ。卵サンドなどが懐かしさ第1位です。

ここ最近のおやつタイム

DSC08185.jpg

以前拒否された桃、暫くしてまたあげてみたら頂戴頂戴とものすごく
嬉しそうに食べてくれたのでここ最近はアプリコットを終えて桃や
ネクタリンを半身食べています。

サイズは1.5cm角ぐらい。
本当はもっと小さく切ってあげなくちゃいけないだろうけれど完熟だと
しっかりゆっくりともぐもぐしてるのでこの位でもいいかぁと思い様子を
みながらあげています。

おやつメニューは
生の果物半身(小さいものなら1つ)
ヨーグルト 1ポット(125g)
パンドミ 1枚(日本で言う食パンの1/3サイズ程)

おやつは食事と違ってストレスなくささっと終了しますがそれでも20分
ぐらいかかっているかしら。

以前の様に果物コンポート+ヨーグルト だったならもうあっと言う間に
終了しているでしょうが食べる量も増やしているし噛まなければいけない
ものもどんどん増えているので自分でハードルを高くしているのが現実。

ドロドロのままなら食事も早く済むのだろうけれどそれではいつまで
経っても完了できませんからね。。辛いところですが引き続き頑張ります。

 | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム