FC2ブログ

パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

ごあいさつ


もういったい誰が読んでくれているのか分からないブログですがお引越し
します。

コロナ騒動がこんなに大きくなる前の2月初旬、日本行きのチケットを
購入しました。出発は復活祭のヴァカンスに合わせて3週間の滞在予定で。

あれよあれよと言う間に大事になっていき、帰省を本気で悩み始めた頃
あんなに会いたい会いたいといってくれていた両親からキャンセルして
欲しい、今年は諦めてはどうかとお願いされました。心配性の母親は
不安で眠れないとまで。不安もあったけれど両親の想いを考えれば帰って
あげたいと思っていた帰省、これでふっきれてキャンセルする事が出来ました。

日本も家族も遠く感じられる今、両親・兄弟・友達にと、まめまめと連絡
を取っているのも大変でもう家族向けにブログを立ち上げよう!と。
以前も同じような事を何度か考えていたけれどここでまた改めてそういう
気持ちになりました。
そんな理由からのお引越しです。

内容も更新頻度も代わり映えのないものになると思いますが気持ちの
問題です。
ご要望の方がありましたらURLをお送りいたします。
今まで読んで下さった方ありがとうございます!

coco



スポンサーサイト



パプリカ記念日

DSC03873.jpg

赤ちゃんの頃は食べるのは遅くても何でも食べてくれたtintin。
2歳を過ぎてからは随分と好き嫌いもするようになって食べられる野菜
は片手に収まるほど。

それがここ最近は味付けや形状を変えれば食べられるものも出てきました。
この日食べられたのがパプリカ!
もう1年以上も食べられない状態でした。
luluの大好物、鶏肉のカシューナッツ炒めが夕食。
恐らく鶏肉しか食べないだろうと思って居たけれど、食べてごらんと
言うとささっと口にしてそのまま食べ続けていたので心の中でバンザイ!
緑は食べられなかったけれど、こちらはやや苦味があるので理解。

最近おつまみに食べているカシューナッツが入っていたのも気に入った
のか随分といい食欲を見せてくれました。
少しずつ、少~しずつでも食べられる野菜が増えてくれることを願います。

いちご

DSC03791.jpg

1年の間に僅かな間だけ食べられるフランスの苺、gariguette。
tintinはベリー類は全然食べないし、luluも日本の苺はよく食べたけれど
フランスのは好きではないと。
この時期、甘いとは言えやっぱり日本と比べると随分酸っぱい。
それでも季節だと思うと食べたくなる私。

マルシェが再開されるまでだけの短い期間、近所にオープンした小さな
野菜屋さん。散歩がてらここに立ち寄るとtintinが苺食べたいと言う。
去年も食べなかったじゃない、と言うと今年は食べると言い張る。
それじゃぁと1パック買ってみてもやっぱり食べない。
それじゃぁと少しだけチョコを溶かしてつけてあげるとあっという間に
平らげた。。なんだか本末転倒な感じはするけれど、一応季節物を
味わったという事で・・・

粉もん

DSC03758.jpg

小麦粉がない!
そんな事態に発展する前、随分と買いました。
子供がずっと家に居るし家で色々一緒に作れたらいいなぁと思って。
クッキーやケーキはもちろん、パン類も一緒に楽しんでいます。

ピタパン
DSC03762.jpg

フォカッチャ
DSC03775.jpg

ピザ(もちろん)
DSC03815.jpg

フラムキュッシュ
DSC03837.jpg

うどん(tinti大好物)
DSC03859.jpg

お昼をみんな一緒に食べる事が楽しくてなんとなくウキウキするもの
を作っています。そしてたいていは美味しい美味しいと喜んでもらえる
ので私もまた作りたくなります。

tintin 3歳8ヶ月

DSC03599.jpg

3歳9ヶ月を迎えたtintin。
3歳8ヶ月(まで)の記録です。

外出禁止中につき家に居る事が多いtintin。
幼稚園の課題もそこそこにいつも遊びたがりますが先生に相談したところ
年少さんならそんなものだと。無理強いさせなくてもいいのでやる気がある
時に興味があるものでもすこしずつ始めるようにしてくださいとの事。

大好きなのは音楽!
それも赤ちゃんの時からずっと聞いているHanri Dès
https://youtu.be/F5bP8YHZ1C8
歌いながらギターをかき鳴らすのがお決まり。
1時間でもコンサート音源を聞きながらなりきってます。
当然歌詞も丸暗記してますが同じ時間をずっと聞いてきた私はまだ
さっぱりという頼りなさです。

普段の生活なら皆で食事を取るのは夕食だけですが、全体的に和食
よりは洋風が多い我が家ではナイフ・フォークの使用がほとんど。
それなりには使えていますがお箸はまだまだ練習箸のtintin。
家で昼食の機会がある今、できるだけお箸を使ってもらおうと気を
使っています。ラーメンやお魚、ちょっと滑りやすい野菜なども上手に
食べられるようになって来ました。
DSC03592.jpg

DSC03787.jpg

引き続き機会を増やしていきたいと思います。

家に居るようになってもうひとつ変化が。
ほぼ私と話す時は日本語になりました。
変な発音があったりしますがそれでもなかなか上手に話せます。
luluと話す時は仏語、私とは自然に日本語になりました。
今難しいな、と思うのは物の単位。
車などは好きなので1台、2台と言えますが、人を数える時に1本と
言った時はびっくりしました。これは少しずつ機会あるごとに直して
いかねば。
語彙はフランス語に比べてまだまだ少ないし、分からない単語の部分
だけをフランス語で置き換えたりしますがこれも○○だね、と言い直すと
本人もその通りにまた言い直しています。

トロティネットで駆け回るのが好きで、散歩に出掛けようと言っても嫌と
言うのにそれじゃぁトロティネットでと言うとしぶしぶ出掛けてくれることも。
出掛ければ楽しそうにしているのだけれど。
そんなわけでもう外で抱っこ、と言われる事はほとんどなくなりましたが
家でも抱っこと言われることはなく、私から抱っこしよと言っても、イヤー
それより一緒に遊んでで言われます。。。甘える時期は本当に僅かだ
ったのだと思うと急に寂しくなります。

我がままが随分少なくなりましたが困っている事が2つ。
1つは毎週木曜がぐずぐずマン。学校があろうがなかろうがこれは変わり
がない様子。。。
もう1つは話を聞かないと怒る。大人が話してる最中でも割り込んで話
終わるまで待ってと言っても聞かない。これも根気よく頑張らなければ
ならないところですが本当に大変です。呼ばれてもこちらが返事をする
まで100回でも呼ぶんじゃないかという勢いですから!

とにかく、今は毎日24時間家族3人でいるのですら色んな事が見えて
来ます。この1ヶ月で随分と変わったと思えることもありますが週単位で
変化を感じる事もあります。この環境がそうさせるのか、それとも今まで
細かく見ていなかっただけでいつもこんなに変化していたのか。

人生の中でも色んな意味で貴重な引篭もり期間です。


 | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム