パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

離乳食後期-生の果物(その2)

DSC07720.jpg

何より大好きなのがアプリコット。
今までにこんなに嬉しそうに食べるのはプルーンのコンポートぐらい
だったのではないでしょうか。とにもかくにも大好きでキッチンで
そのままゴロンと転がっているのを見るだけで指をさしてアピール。

DSC07711.jpg

あまり好きそうではなかったのがさくらんぼ。
とっても甘いとluluとふたりして喜んで食べていたのに、皮も種も
取り除いて与えてみてもあまり嬉しそうではありませんでした。
その後2度程あげてみましたが同じだったためそれ以降は登場して
いません。

DSC07866.jpg

luluが好きではないのであえて買う事のないスイカですがお客さん
が持ってきたので甘い中心部だけを細かくして与えてみましたが
これまた可もなく不可もなくというようなリアクション。ご飯に比べると
口をあけますが後半はもうあまり興味を示しません。それでも毎度
完食してくれました。

最近また甘い苺に出会うので再度あげてみるものの、こちらは
まだ興味がない様子です。季節も終盤ですし、また来年食べて
もらおうかな。

そろそろ桃を購入しようとちょっと楽しみにしています。
きっと好きなんじゃないかなーと思っているので。


スポンサーサイト

豆腐を煮込む

DSC07808.jpg

少し古い内容になりますがなかなか記事もup出来なくて。。

私が好む日本の絹ごし豆腐はluluは好みではなく、がっしりと固めな
こちらの中華食材店で手に入るお豆腐のほうがやや気に入っている
lulu。決して“好き”ではなく“そちらの方が・・”というレベルなんですが。

にがり不使用の添加物で固めたお豆腐は私の好みではなく、割高と
言われようがたまにしか食べないなら安心できるものを食べたい私は
近所のBIOショップで調達します。
これが硬いのなんのって。日本のもめんの比でなく、床にぼてっと
落としてもまず崩れる事はなでしょう、というレベルです。

初めはイマイチだなぁと思っていたのですがじっかりと火を通すお料理
に向いているのではと思っています。 先日作った麻婆豆腐は豆腐を
加えた段階で水も多めに足し暫くぐつぐつと煮込むとお豆腐にしっかり
味がしみてとっても美味しかったです。

それならば、と半分余っていた分を後日しっかり煮込むお料理にして
みようと、肉豆腐に。
DSC07820.jpg

残念ながら優しい味付けではなく、我が家ではすき焼き風のレシピを
採用。これがすこぶる好評!luluも美味しい美味しいと食べてくれました。
“豆腐がもっと少なければもっと美味しい”と余計な一言がありましたが。
確かに食べ応えのあるお豆腐なので少なくても良かったかもしれません。

これでまたひとつ、フランスでのお豆腐レシピが増えました
ただし、ぐつぐつと煮込むので暑い日ではなく秋口あたりにまた作って
みようかしら。


tintin 0歳10ヶ月

20170611 21

よく、他人の子の成長はあっと言う間だというけれど、まぁ~、わが子も
同じですね。めでたく元気に11ヶ月を迎えました!
恒例の成長記録。10ヶ月目を振り返ってみたいと思います。

先月成長記録を書いたときはまだずりばいも出来なかったのですが
その記事を書いた直後に前進を始めました。
ハイハイはまだ先のようですが今ではずりばいでどこへでもバタバタ
と移動しています。
じっとお座りしているだけではやはり手持ちの玩具に飽きてしまうようで
30分程すると何かしてよーとぐずぐずしていたのがずりばいで移動出来る
ようになってからは色んな物を自分で転がしては追いかけ、転がしては
追いかけの繰り返し。部屋の中の気になる物に突進しては指でちょこん
と触って確認したりと目が離せないながらも午前中は2時間近くは1人で
遊んでいるのでそのうちに私もやるべき事を済ませるようにしています。

私も自分の用事で忙しくしている時間は危ないところでもない限り自由に
させていますが時々こっそりいたずらも。本を出して散らかすのがブーム。
20170609 2

現在歯は下が4本、上が4本ですがその両隣に1本ずつ出てきそうな
気配ですがまだ顔を出しません。 奥がむずかる様で指を突っ込んで
あぐあぐしていますが歯なのかな??というぐらい。触ってみたけれど
触感は感じません。

欲しい物、見たい物に対しての欲求が強くなってきてダメと言うと
首をぶんぶん横に振ってぐずります。極力なんでも触らせたりして
いますが危険な物もあるし、物理的に渡せないものなどもあるので
たしなめるのですが他のもので気を引いたりごまかしています。
いつまでそんな事が通用するでしょうか?

沢山の音を発します。
ダーダー、ザーザー、と今までには無かった音まで出てくるように
なり、何かを話しかけているような時もあるし、歌っているような時も
あります。相変らず私と話すよりはluluとの方が多くのことを発します。

生き物が大好きでお散歩中の犬を発見すると大興奮して足をバタバタ。
優しい方は立ち止まって見せてくれたりします。
義兄弟のところの猫には永遠なにやら話しかけていますし、相変らず
鳩なども気になる様子。
少し歩けるようになったら小さな動物園にでも連れて行ってあげたい
なぁと考えています。沢山歩く子になって欲しいのでその為にも!!


パパという存在が分かっていて(多分)食後や週末はもっと遊びたい
と昼寝を拒むくらい一緒に居たがりますが部屋を暗くして寝る準備
にはいるとパパではダメで私に抱っこしろと指を指してきます。
抱っこで寝かしつけている訳ではなく、短い歌を歌ってベッドに置く
だけなのですが、寝る最後の抱っこはママじゃなくちゃ、というこの
行動に悲しむlulu。

体を動かす時間も多くなってきたし、私も意図的に動くような時間を
作っています。そのためかご飯もしっかり食べるようになってきました。
相変らず遊びながらだし開ける口は小さい事が殆どですがtintinの
リズムでしっかり最後まで食べきります。最近はカラになったお皿
やヨーグルトカップを見せるともう一度見せてくれと覗き込んできたり
ヨーグルトはもう少し食べたいなぁと意思表示を示してきます。
離乳食についてはまた別記事で(なかなか更新できてませんが)。

元気いっぱいに大きくなっていくtintin。
時々もう赤ちゃんというのを躊躇してしまうぐらい成長を感じます。
11ヶ月も健やかに楽しく過ごせますように。


私のお誕生日-当日

DSC07846.jpg

選挙の為に遠方に住む親戚が主住所が我が家近辺にあるのでやって
来るというので、この当たりでみんなでランチをしましょうよ、と義両親。

とは言え、義兄は選挙のお手伝いで1日居ないし、天気予報では30度
越えの予想。日曜に子供連れで行けて、更にきちんとしたレストランと
いうのはなかなか営業しておらず危ういお店にこの暑さで行くのは危険
だと判断し(私達も食中毒に近いものを経験してます)結局この計画は
数日前になくなりました。
義従兄弟達遠出の予定が入っており居ないため、義姉と私のお祝いは
また来週に、ということでなんとフランスに来てluluと2人、いえ今年は
tintinも居るので私達家族3人だけでの初めてのお誕生日となりました。

とは言え前日にしっかりとお祝いしてもらったので当日は2人でケーキ
を食べ簡単にお祝い。
午後からやっと日陰になったのでベビーカーを出してベランダへ。
熱風・・・
暫くしてささっと退散してしまいました。
きちんとしたパティスリーのものなのでtintinもほんの小さな、小さな一口
だけチョコレートの層を味見させてみました。
暫くいつもの不審な顔をしていましたがその後嬉しそうにニヤニヤと笑って
いつまでも口の中を味わっていました。

30度の暑い暑い1日ですから夕方になるまでお出かけはなし。
3人で家の中のんびりと過ごす素敵なお誕生日となりました。
皆にわいわいとお祝いしてもらえるのは本当に嬉しく幸せで有難い事なの
だけれど、やっぱりこういう当日はひっそりと過ごせるのが嬉しいと感じる
日でした。

今回誕生日を迎えるにあたり、自分の歳は・・さて?と真剣に考えてしまい
ました。やれやれ、こういう事さえ思い出せなくなっただなんて。。
まぁ、歳は考えない方が脳が年齢を意識しないでいられるので老けない、
と聞いた事がありますが思い出せないとは、やっぱり脳が老化しているの
では・・・

私のお誕生日-前日

DSC07824.jpg

今日は私のお誕生日でした。
珍しく、私達家族だけで過ごすことが出来た日でした。もしかしたら
フランスに来てからこんな事は初めての事かも?!

さて、お誕生日前日はluluと2人でレストランへ。日曜はきちんとした仏式
のレストランはこぞってお休みですからluluから土曜に2人でレストランに
行こうとお誘いを受け、今回初めて義両親にtintinを預け二人でゆっくり
食事をしてきました。

お肉の専門店だというのに魚介をオーダーする私。
あまり外食で美味しいお肉を、という発想が私にはないのです。
しかもどのお肉も最小単位が300gからとかなりのボリューム。
無理に決まっている!
そして頼んだホタテ料理は感動するほど美味しく、滅多に外食をしない
私達には“これこそ外食の価値がある”と思わせる1品でした。
ここはluluのお気に入りのお店で私は来たことが無かったのですが
連れて来てくれてありがとうと心から感謝。

そして、久しぶりの2人だけのお出かけ。出産後初だと思います。
ルンルンと手をつないで出かけ、何も気にかけることなく二人だけ
の会話を楽しみゆっくりと料理を楽しむ。こんな時間も本当に楽しい
もの。 

家を出入りする時や道端でばったりと建物の住人に何度か会いました
がいつも子供を抱えている私達にみんなびっくりして“ちょっとちょっと
ベベはどうしたの?”と
両親に預けてるのだと話すとこれまた同じ反応が。
“十分にこの時間を楽しんでらっしゃい”と。はい、楽しませて頂き
ました。 ゆっくり帰宅すると義両親は居らず、tintinを連れて散歩
をしてるから当分帰らないわと言われましたが彼らなりにゆっくりしろ
という気遣いだと思います。

そして夕方には近所の義兄カップル、義従兄弟カップルを誘って
ベランダアペロ。 これまたゆっくりお天気の季節をみんなで楽しみ
ました。誕生日が私と同じ日の義姉達はディナーでお祝い。今度は
義両親が義兄カップルの子供達を預かります。
遠くまでまた車で帰る義両親を気遣って義兄は自分達もランチに
して孫をまとめて面倒見てもらえば都合がいいと言ったのですが
頑として義姉は“大人の時間は夜じゃなくちゃ”と言い張り昼夜
と長い長い一日を過ごした義両親ですが1日たっぷり孫達と過ごせ
た事をとっても満足している様子でした。なんと有難や!!

luluと義両親のお陰でとても素敵な午後を過ごす事が出来ました。





 | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム