パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

おやつタイムは外で

DSC08806.jpg

冬はとにかく日が暮れるのが早く、曇りの日なら16時ごろからもう
電気をつけないと室内で本を読むことも難しいのです。
tintinのお昼寝が長引けば16時頃までお昼寝、その後のんびりと
おやつを食べるともうとてもじゃないけれど外にお散歩などムリ。

それでも少しは外の空気を、と思い小さな目的を作ります。
我が家が利用しているパン屋さんはデリカテッセンのごとくお惣菜系の
軽食もやっているので昼は食事、夕方はケーキ、と中でゆっくりできる
スペースがあります。
夕食にバゲットが必要な時や、tintinの朝ごはんであるパンドゥミなどを
買いに出かけ(最近は途中から歩きます)お店の中で私もお茶を頂き
tintinもおやつタイム。

まだまだ滅多にレストランへは連れて行かないけれど、外で飲食する
という事も経験して欲しくて。

この日はイタリアンのカフェで。
DSC08808.jpg

いつもはお茶だけですがこの日はお菓子も頂きました。
luluが居る休みの間は私と2人だけの時よりもtintinもウキウキと
楽しんでいる様子。

また。luluが居ない時は1日中一緒に居て私も煮詰まる時もあるので
ちょっと一息つく時間があるのも嬉しいので私のためでもありますが
スポンサーサイト

初めてのおはなし会

DSC08600.jpg

天気が良い日の秋の空は本当に気持ちがよく、取り分け夕焼けは染み
ますね。tintinにも“雨が降ってきたよ”とか“空が真っ赤で綺麗だね”
“お月様が見えると”なんて話をすると空を見上げます。
こういう事を共感できるのはなんだか嬉しい。luluは“あぁそうね”って
程度の返事なので

近所の図書館でお話会が催されているのは知っていたのですがそれが
土曜の午前で。 バカンスまでは午前中と言えばまだ午前のお昼寝も
していたし、週末は何かとダラダラして午前に出かけるのが億劫だったり
もしましたが、午前に公園に行くリズムが出来てから行動しやすくなった
ので今回初めて参加してきました。

0歳から3歳までのお部屋へ。
顔見知りの司書さんが趣旨を色々説明してくださりました。
部屋の中は4パートに別れており、お話をする場所、新たに図書館に入った
本を紹介するところ(気に入ればその場で借りれます)、そして知育的な玩具
を置いた箇所が2箇所。

私達が到着した時はまだ始っていなかったので遊ぶスペースへ行って見ると
今まで触れたことはないけれど、私も気になっている玩具があったのでそれで
遊んでみる事に。ちょっと趣旨とは違う遊び方になってしまいましたがtintinは
夢中で遊び始めたのでこういうの好きなのねぇという発見。

結局遊びの途中でお話が始ってしまいそのまま遊び続行。
とは言えお話のところに集まっているのはもうちょっと大きな子供達でした。

色々な子供達が加わってくるのでその様子を見るのもまた楽しかったり勉強
になったり。直ぐに人のものを取りに来る子、みんなで順番にそして共同で
遊ぶのだという事が出来ない子、1人で乱暴を働いてはしっぺ返しが来て泣き
暴れる子。。。人懐っこく大人や他の子供にどんどん近づいていく子や目が
合うととろけそうな笑顔を見せてくれる子。
子供って本当に色々ね、と思ってしまいます。

tintinはと言うと、我関せずで一心不乱に黙々作業1人で続ける子。
奪い取られてもじっとそちらを見つめてなぜとっていったのかと不思議そうに
観察。そのこのお母さんが返してくれたり、私が他のところから持ってきたり
してまた作業開始。他の子供と交わらない子独特な感じですね。もうちょっと
同じ月齢の子と交わる機会を持たなければ思います。

結局“おはなし会”としての参加はまだ早いかなと思いますが定期的に催され
ているので家や2人きりでは知り得ないtintinの行動や周りの子の様子を見たり
とそれなりに楽しめたのでまた参加したいと思います。

 | HOME | 

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム