パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

サーターアンダーギー

DSC09397.jpg

日本の実家の直ぐ近くにスーパーがあって、時々店内入り口でたこ焼き
やたい焼き等の出店が現れますが、私達が滞在していた間に、なんと
沖縄揚げ菓子のサーターアンダーギーをその場で揚げるお店が出て
いました。

お出かけの際はそのスーパーの前を通るのでいつもとってもいい香りが
漂っていましがた、私は特にファンではなく喉が詰まるという印象しかなく
通り過ぎようとしたのですが、おじさんが小さいベビーカステラサイズの
ものを差し出して“お母さん、僕ちゃんにこれどうぞ”と。
いやいや、まだ揚げ物なんて与えてませんから、とお断りするとなんで?
何歳なの?と聞かれて応えると“お母さん、育児書の読みすぎだよ~、
たまには大人が食べても美味しいと思うものもあげなくっちゃ”と言われ
ました。

これだけ読むとなんだか失礼な人ね、と思うかもしれませんがこの
おじさん、見た目で直ぐに分かる通り沖縄の方でした。愛想らしい顔を
してあの柔らか~い優しいイントネーションで言われると、あらそうかしら
なんて思ってしまいました。

最近はそうでもありませんが日本に帰るまでは本当に食に厳しくして
きたと思います。以前も書きましたが原材料は細かくチェックしていたし
私も不要な物は与えないようにして調味料も極力抑えて来たと思います。
何より何でも茹でただけで喜んで食べてくれていたのでその必要も
なかったし。

ところが日本に発つ前あたりから好き嫌いも激しくなり毎日の食事に困り
果てていたところ、実家で母親のアドヴァイスを色々受けて少し受け止め
る気持ちが広くなっていたというのもありますがおじさんの言葉にパっと
明かりが差したような気持ちになりました。

そんなおじさんに、原料や油のお話を聞いたりして少し安心したのも
あり差し出してくれた揚げ菓子を受け取るとまだほんのり温かい。
tintinに食べたい?と聞くと食わず嫌いのtintin、愛想らしいおじさん
にも打ち解けていたのでうんうんとうなずくとそのままあっと言う間に
1つ食べてしまいました半分ずつの予定だったのに。。

上に書いたように、それまでの数週間“食べる”という事に本当に
消極的だったtintinが喜んで食べる姿をみて私もなんだか嬉しくなり
結局そのミニサイズのものを1袋購入する事に。
ソフトな押し売りが成功したおじさんですが、その後何度そこを通って
もいつも1つくれるんですね
家にあると食べたがるのでもう買いませんよ、と言っても誰もいない
から暇してるだけだよというおじさんと何度か立ち話を楽しみました。
さすがに今日はいただけませんよ、とクギを刺してもいいっていいって
と言いながらまた進めてきます。

店じまいの日に偶然通りかかったらびっくりした顔をして、もう今日で
お終いなんだよ、楽しかったねぇと残念そうにお話してくれました。
沖縄kidsを見慣れているせいかtintinの顔が濃いとか何とかと言って
くる事など1度も無かったおじさん(十分顔が濃い)と出会って色々
私の考えも変わりました。

あちらは“1度しか買ってくれなくて残念だなー”と思っているかも
しれませんが私にはありがたい出会いとなりました。
ありがとうございます、おじさん
スポンサーサイト

おかきやらお煎餅やら

DSC09511.jpg

おかきやお煎餅の類はあまり興味のない私。

飛行機の中で頂いたおかき(あられ?)をフランスに戻ってからお茶請け
に頂くと、久しぶりに食べた為か美味しくて止まらずあっというまに食べて
しまいました。

往路で頂いたものを機内で食べておけばきっと日本で買って帰って来た
事でしょう・・・残念。

ちなみに、義姉へのお土産のひとつにハッピーターンを買ったのですが
誰もいないときに義兄が1つ食べてみるとあまりに美味しくて止まらず
みんなが帰ってくる前に殆ど食べてしまったとブーイングだったそうな。
あの甘しょっぱい味はこちらの方にも好かれるかもしれませんね。

tintin、日本でのあれこれ

DSC09312.jpg

何でも触りたがるようになったtintin。
口に手を持っていくことも少ないので神経質になる事もありませんが
やはりあまり汚れているものは触って欲しくないなぁ、、、と思う私。
特に車が大好きなtintinですからあちこちの車をベタベタ。
仏在住の方はお分かりとは思いますが、こちらの車の汚い事と言った
ら・・・ ところが、日本はみなさん車がピッカピカ
ちょっと手を触れるくらいなら全く気になりません。とは言えよそ様の
ものですし子供に触られるのも嫌でしょうからそんなに自由にはさせま
せんでしたが
その他、店頭に置いてあるサトちゃんや上の写真の狸の焼き物や
床屋さんのグルグル回る看板(?)などあれこれと手を触れる事も
多かったので皆さん綺麗にされていて本当に有難かったです。
清潔な国っていいなぁ~。

DSC09349.jpg

スーパーのカートに初めて乗りました。
フランスで子供を乗せられるカート、かなり大きなワゴンの様な
ものならありますが、日本の様な小振りの物は見たことがありま
せん。1度に大量に買う事がない我が家ではまだ活用した事が
無い為tintinも乗る機会がありません。
で、このカート。2度試しましたがあまりお好きではない様子。
2度目は途中で抱っこしてくれと言われてしまいました。
ところで、久しぶりに日本の野菜コーナーを見ると綺麗に小包装
された美しい野菜たちとその値段の高さにびっくりしました。
特に葉物はこの冬かなり高騰したのだとか。。。お台所を預かる
方は大変ですね。

DSC09377.jpg

まだフランスでも行った事がなかったのですが、金沢にある地元の
動物園に行ってきました。tintinそれはそれはもう大喜びです!!!
まだまだ寒い時期だった為のんびりとくつろいでいる動物も多かった
のですが、活発に動き回り好奇心旺盛な猿達は特に気に入った様子
でした。 パリの動物園も一度行こうかなぁと思っているのですが、
その値段の高さからもうちょっと大きくなってからの方が本当に楽しめる
と思うとアドヴァイスを頂きました。 ちなみに、金沢の田舎の動物園
は大人が840円、tintinは無料、レンタルしたベビーカー(綺麗&清潔)
は100円!子供と一緒にたっぷりゆっくり見て回って3時間程過ごし
ました。立地的にも気持ちが良くぶらぶら歩くだけでも十分と言える
程。 初めて来た私の両親も2人で来ても楽しいねぇっと話していました。

DSC09393.jpg

午前中は何度もお世話になったのが近所にあった児童館。
大きな大きな室内用のぞうさん型滑り台があってこれがtintinの
お気に入り。家でぐずぐずしていてもぞうさんに会いに行こう、と
言うとささっと出かける準備に取り掛かります。今でも鮮明に覚えて
いる様で思い出話をします。またこのぞうさんを通して人に順番を
ゆずる、という事やちょっとした小さなお友達とのルールを学べた
様に思えます。(出来る出来ないは別として・・)
毎日決まった時間に保母さんの様な方がいらして“おかあさんと一緒”
的な催しをしてくれるのですが、初日は二人揃ってそのテンションの高さ
と皆さんの参加姿勢に度肝を抜かれましたが慣れてしまえば楽しそうで
羨ましいという目で見てしまいました。 TV観て知っているようですね。
来ている保護者の方達のマナーがよいのも気持ちよかったですし、
管理をされている方々、初めに色々ルールなどを教えてくださったり
遊んでいる時には声をかけてくださったりtintinにかまって遊んでくれ
たりと本当に暖かい場所でした。最後の日はご挨拶させていただくと
色々な事を教えて下さったり最後まで暖かく見送ってくださいました。
1つ気になるのは“変えたオムツは持ち帰ってください”と書かれて
あること。。。日本の友人に言ったら結構どこでもそうなんだとか。
大変ですね。

DSC09456.jpg

仏での近所にはブランコがないのでこれは今遊んでおかないと、と2人で
乗ってみたのですが私の気分が悪くなって(←役立たずな母)ギリギリまで
頑張って終了。tintinからはもっともっととせがまれますが具合が悪い事を
何度も説明して諦めてもらいました。
お天気の日も多かったので出来るだけ外で遊びたかったのですが、
公園が本当に少ないという事。とりわけtintinの様な年齢の子が遊ぶ
場所は少なくてあっても対象は小学生位でしょうか。
私が遊んだ遊び場を思い出してめぐっても遊具はその懐かしい思い出
のまま。つまり随分古くてさびれています。こういうところに少子化を改めて
感じました。

子供と帰省していて気になる事や違い、良いなと思うこともあればこれは
ちょっと、、と思うことなど沢山ありましたが僅かな期間の滞在ではあり
ますが意外と日本での子育てっていいかも、と思えることが多かった
です。田舎と都会の違いもあるでしょうが。



1歳児連れ、飛行機の旅

DSC09301.jpg

ゆっくり更新ですが・・

日本へ向かった時には1歳7ヶ月、帰国は1歳8ヶ月になったtintin。
1年前の7ヶ月時にはちょっと大変だったものの、まだまだ赤ちゃんだった
事と周りの親切な方々の助けもありそれなりに快適に過ごす事ができ
ました。

今回はどうだろう?
何を持っていったらいいだろう?
機内でtintinが食べる物、tintinの着替え、オムツ。
これらがメインであとは細々したもの。そして抱っこ紐。

昨年と同じ、行きは夜便なのですんなり寝てくれるかと思いきや
離陸後徐々にご機嫌斜め。
後から考えると私のせいでもあるんですね。
19時搭乗で食事が出たのが22時近く。もう来るだろう、もう来るだろうと
思っていましたが乗務員さんも忙しく今回は1人しか居なかった子供の
tintinにまで食事が周ってきたのは随分と経ってからでした。大人も
随分遅かったのでこのタイミングが遅かったわけではないけれど、
子供の夕食時間はとっくに過ぎており少しは食べさせましたが食事が
食べられなくては困ると思い控え目にしていたのでグズグズが始まり
ました。そりゃぁ、お腹もすいていつもならとっくに寝ている時間、しかも
諸々ワゴンサービスが始まっていたので行動にも制限があるしおちび
ちゃんにしてみればなんて退屈で不快なところだ、という感じでしょう。

生憎の満席、殆どがビジネスマンと日本人団体旅行客(中年多目)
なもので愚図りまくるtintinをみんな知らんぷり。若干の欧米人登場客
のなんと暖かい対応か、と思いましたが皆さん席が遠かった。
まぁ、でも私が反対の立場でも特に口出し手出しする事もないですもん
ね、分かりますよ、分かりますよ。
そんなわけで格闘する事2.3時間。とうとう眠りについてくれたのだけれど
暑くて寝苦しいようで6時間睡眠を取ったうち、30分間隔でぐずぐずと
寝返りを打ったりちょっと泣いたりしていました。隣のおじさんも寝ている
のに液晶を消してくれずつまらないTVのお笑いないなど流しっぱなし
なので暗闇の中眩しいライトにずっと照らされていました。

目が覚めても十分とはいえない睡眠にご機嫌も悪いままだけれど
初めよりはまし。何とか数時間あやし続けてやっと着陸と思えば気候
が悪く上空が乱れていた為、なかなか降りる事が出来ず揺れに揺れて
やっと無事着陸!!!!ところが最後の最後に酷く揺れた為になんと
tintin激しく嘔吐。向かい合って抱っこしていたので私もベトベト。
何度も吐きまくるので見かねた隣のおじさんが袋取りましょうか?って
聞いてくれたのだけれどもう既に出るものがなく・・・・
いえ、幸い隣のおじさんはいい人だったんですよ。
小学生の男の子をお持ちらしいのですが、あの子もこのぐらいの時は
こんなだったのかな?なんて懐かしく思い返したとかで時々ニコニコと
tintinに優しくしてくれていたのですが、恐らく子育ては殆ど奥様が
されたのでしょうね、という感じでした

幸いtintinの着替えは手荷物に入れてあったのですぐに着替えて
私は1枚羽織っていたものを脱いで荷物を受け取ってから本格的に
着替えました。

心配したものの最終目的の金沢までは元気に到着出来ました。

さて、行きの恐怖を時々思い出しつつ、帰りはどうなる事やらと帰国
数日前は戦々恐々と過ごしたものですが・・・
金沢7:45の便ですから家からの出発を考えると私は5時半起き、
tintinは6時起き。ご機嫌もイマイチだろうと思っていたのだけれど
すんなり羽田到着。そして機内でもなんとおりこうさん!
そしてお昼寝までささっとしてくれて母助かりました。
更にこの日は空席も多く、隣の席を使っても良いと言って頂けたので
優しい女性をお隣に何と余裕のある旅か!と思っていたら・・・
tintinのお昼寝終了後段々頭が痛くなってきてあっと言う間に吐き気
まで。薬も頂いたのですがよくならず横になりながら側でtintinを遊ばせ
て居ると乗務員の方が、しばらくtintinを預かりますので寝てしまって下さい
と言ってくださり、お言葉に甘えて1時間半程寝させていただきました。
tintinがママと言い出した為に連れて来てしまいましたと恐縮そうに
仰るのだけれどこちらとしては感謝しかありません。
その後もしばらく頭痛と闘いなら機内をぶらっとしてみようかと思うと
通りかかる人が次々に“大丈夫ですか?”とか“少し、良くなられました?”
と声をかけてくださったりtintinに手を振ったりする人が。
なんだろう?と思ったら子連れの方に呼び止められて少しお話して行き
ませんか?と。

どうやら同じような歳の子が3人も乗り合わせて居た様で、私が寝込んで
いる間い乗務員さんの計らいで小さな宅居所状態になっていたそうで。
その周りの人たちが皆して子供達と遊んでいたそうなのです。
その後お話も弾んで他のお母さん方や子供達と一緒に遊んで長かった
残りのフライ時間もあっと言う間に終了。
無事に16時過ぎパリに到着しました。

空港までは義両親が迎えに来てくれており、車に揺られて自宅に
到着したtintin。そのままそっとベッドに運んで翌朝8時近くまで寝て
くれたので私もぐっすりと寝られました。

行きは飛行機の旅なんてもうゴメンだ!と思ったのに帰りはやっぱり
優しい乗務員さんと一緒に乗り合わせた方々の親切で快適(?)な
旅となりました。
私には色々反省が多い旅となりました。
親の都合で連れまわしたくせに全く言う事聞かず愚図りまくった往路
ではtintinを何度か厳しく叱ったものでした。。私も全然余裕がなく。
tintinも本当にお疲れ様でした、そしてごめんね。

食べておかねば!

DSC09291.jpg

落ち着いて外食など出来ないチビっ子連れ。
友人とも子供連れで出会うことが多かったので基本お茶のみでした。

上の写真は近所で食べたラーメン。
金沢市民なら食べておかねば!な8番らーめんです(笑)
県外人の母親には毎度呆れられますが、海外在住ならなおさら恋しい
"故郷の味"です。

DSC09449.jpg

こちらは老舗、森八の上生菓子。
手広くやりすぎてお茶を習っていた頃は見向きもしなかったお店ですが
たまに食すとやっぱり美味しい優しい甘さと好みの餡具合。

DSC09416.jpg

あちこちのお店で苺フェアまっさかり。
この季節限定とか○○フェアと言うのも日本在住時には関心も無かった
のですが、不思議なもので離れてみるとミーハーになってしまうのは私
だけでしょうか?
子供の頃から近所にあったケーキ屋さん、ふらんど~る、はいつの間に
かとっても有名になり支店を出すほどに。帰る度にサイズは小さく感じ
値段が上がったと感じます。。
父は苺もなにもないシンプルなチョコレートケーキをリクエスト。
側で狙っていたtintinに半分ほど取られてしまってもご機嫌な父。

DSC09359.jpg

金沢とは無関係ですが母が買ってきたご飯のお供。
こういうのも日本にいた頃は無関心だったのに、これは歳のせいなのか
美味しさにびっくりし何度も頬張りました。

母の手料理でも美味しいものを沢山食したっぷり充電してきました。
おでん、竹の子ご飯、にしん蕎麦、散らし寿司に太巻き、プリン。
大根とブリのアラ煮、鯖の味噌煮などなど。
これらは私がリクエストしたものですがその他にも日々食卓に上る
物全てが今の私にはご馳走。
母の料理は全てが手作り(←当たり前か。。)でさっと作ったものも
何時間も煮込んだものもどれも丁寧に作られています。
何種ものダシを取ったり、じっくり煮込んだり、その度せっせとアク
を取ったり。同じ煮込みでも私の様にほったらかしとは大違い。

色々教えてもらったり勉強になる事が多すぎて私のこの手抜き料理って
いったい何なのだ。。。と少し反省。

さて、まだまだ食べたい物はあったけれど、これでしばらくはまた頑張れ
そうです。せり出したお腹もなんとかせねば・・・





 | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム