パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

離乳食後期-手掴み食べに挑戦

DSC08059.jpg

先日家でケーキを焼いたとき、お誕生日にスポンジを出しても大丈夫
だろうかと思い少し食べさせてみる事にしました。
なんと今まで手で食べ物を掴もうとしなかったtintinが味見させた後は
自分で必死に掴んで食べているではありませんか!
予想通りボロボロにはなりましたが何だか嬉しくなってそろそろ掴み食べ
の練習など始めようと意気込んでしまいました。

かなり形のあるものも食べられるようになったので柔らかく煮てスティック
状にしたさつま芋で試してみる事に。
結果撃沈・・・
あんなに必死にケーキを掴んでいたのにコレはダメだとは。
しょうがなく口に運んであげるともぐもぐと食べるではありませんかっ。でも
何度試しても自分では持ちません。
DSC08067.jpg

気を取り直してブロッコリーの穂先。
これまた味見させるとしっかり噛み締めて食べるのに触ろうともせず、
スプーンを持たせるとつついたり叩いたりしながらいじる事はしていま
した。
DSC08072.jpg

こちらは人参と蕪。
先日のさつま芋が大きすぎたのかなと思い(自分で掴まないし)もう少し
小さなサイズで摘むかしらと思ってもこちらも触らず。しょうがないので私
がフォークにさしてあげる事に。
DSC08104.jpg

さてこちらはパンドミです。
近所のパン屋さんに何度も通ってやっと手に入れた待望の品。
(その話はまた今度)
なんと、これは手で掴んで食べるのですよ!!
とは言え2本掴んだ後は食べさせてと自力を拒否。
パンは噛む練習にもなるしと諦めず結局私が食べさせました。

結果なんですが、、、カサカサっとしたものは触るのに湿っている
ものは触らないのですよね。。
これって手が汚れるのがイヤなのかしら?
そんな繊細な子ではないのですがねぇ。事実ヨーグルトは手で触って
遊んだりしてるぐらいですから。
まぁ、諦めずそして焦らず少しずつ進めていきます。



スポンサーサイト

離乳食後期-生の果物(その3)

DSC08019.jpg

先日のピクニックで欲しそうにしていたのでさくらんぼをかじらせてみると
もっと頂戴と何度もチューチューしていたのでまた試してみる事に。
熟れているものを選んでしっかり皮も種も取り小さめにカット。
以前より噛む力も強くなっているためかしっかりと美味しそうにもぐもぐと
完食。無くなった後は残念そうに器をいつまでも覗き込んでいました。
少しの間を空けると食べれるようになったりもするんですね。
DSC07922.jpg

そして楽しみに待っていた桃ですが・・・
黄桃はお気に召さなかった様子で途中できりあげました。
これもまだ季節は続きますので暫くたってみてからあげてみようかと
思っています。白桃も試してみよう!


離乳食後期-穀物色々+新しい食材

DSC07891.jpg

先の事を色々考えてご飯以外の穀物も少しずつ試しています。
まだ離乳食初期にパスタはアレルギーを確認するために試してみま
したが本格的にあげるの初めて。
DSC07889.jpg

こちらはコキエットよりまだ小さいので食べやすいかしら、と十分
柔らかくして与えてみました。パスタ自体は好きなようで口を開ける
スピードは速いのですが口の中にある時間がとても長い。。。恐らく
まだまだ柔らかくしなくてはいけないのではないかなと推測。
何度か続けてあげてみましたが上記の通りですし、好きである事は
判明したので今のところ常食にする必要もないかなぁと暫く封印。
非常時には食べられる、というぐらいでしょうか。
DSC07901.jpg

そしてあまり得意ではなかったトマトも皮を湯向きしただけのもの
からトマトソースまでどれも食べられるようになりました!
それに合わせて香草もバジル・オレガノ・パセリ・シブレットなど我が家
では定番のものは大抵食べてくれる事も判明。ちょっとしたものを取り分
けたり出来るようになりましたが、塩を入れるタイミングだけは間違え
ないようにしないと!まだtintinには塩を与えていませんので。
DSC07965.jpg

こちらはじゃが芋ベースのもの。
角切りズッキーニも加えその水分のお陰で随分緩くなり、食べやすく
なっていますがやはりじゃが芋はそこまで好きではない様子。
これだけ水分が多いともそもそ感はないはずなのですが。。
DSC08016.jpg

こちらはスムル。粒も小さいので食べやすいのかスピードもかなり
早く好きかな?と思ったのですが“食べられる”というのが正解の
様子です。何より“噛む”という行為が見られなかったのでこの場合
は具材を少し大きめにした方がいいかもしれませんね。
これも我が家では常食でもありませんし、食べられる事の確認を
しただけでまたそのうちね、という位置付けです。
その奥にひそかに写っているのは初めてのチーズ。
エメンタールを小さく切ってみました。
初めは“これ、なあに?”と目をキラキラさせてもぐもぐ。器の中を
何度も覗き込んで可愛かったぁ♡、のに・・翌日は鼻先でフンとそっぽ
を向かれました。食べ物でそんな事滅多にないのに。。またいつか
試してみます。
DSC08029.jpg

さて、こちらはキノア(キヌア?)。
これはどうも微妙そうな。。。味に若干苦味があるせいなのか、柔らかく
煮ても独特の食感から少し硬さを感じるせいかあんまり気に入っている
様子もなかったですね。こちらも数日続けましたが今のところ意図的に
食べさせることは暫くなさそうです。 そのうちご飯に混ぜたりというのも
いいかもしれませんね。
そして上に乗っている赤色のものは皮をむいたパプリカです。
好きかどうかははっきりと分からないのですが難なく食べてくれました。
DSC08052.jpg

そしてこちらが最近の定番食。
やっぱりご飯(お米)が好きなようですし、何より食べやすい様子。
現在のところ5倍粥よりちょっと硬めかと思います。数日分ストックが
あるのでこれがなくなったら軟食にしてみようと思います。








離乳食後期-生の果物(その2)

DSC07720.jpg

何より大好きなのがアプリコット。
今までにこんなに嬉しそうに食べるのはプルーンのコンポートぐらい
だったのではないでしょうか。とにもかくにも大好きでキッチンで
そのままゴロンと転がっているのを見るだけで指をさしてアピール。

DSC07711.jpg

あまり好きそうではなかったのがさくらんぼ。
とっても甘いとluluとふたりして喜んで食べていたのに、皮も種も
取り除いて与えてみてもあまり嬉しそうではありませんでした。
その後2度程あげてみましたが同じだったためそれ以降は登場して
いません。

DSC07866.jpg

luluが好きではないのであえて買う事のないスイカですがお客さん
が持ってきたので甘い中心部だけを細かくして与えてみましたが
これまた可もなく不可もなくというようなリアクション。ご飯に比べると
口をあけますが後半はもうあまり興味を示しません。それでも毎度
完食してくれました。

最近また甘い苺に出会うので再度あげてみるものの、こちらは
まだ興味がない様子です。季節も終盤ですし、また来年食べて
もらおうかな。

そろそろ桃を購入しようとちょっと楽しみにしています。
きっと好きなんじゃないかなーと思っているので。


離乳食後期-D31~試行錯誤中

10ヶ月に入ってイキナリ昼食を嫌がるようになりました。
朝はヨーグルトのみ、夜は野菜のピュレとヨーグルト、問題の昼はと
いいますとご飯とお肉、そして野菜なのですが色々調べた結果恐らく
野菜の形状だろうと思われます。

焦らないようにしていましたがやはりtintinにはまだ早すぎる硬さだった
り、大きさだったりするようで、一口目から泣き出してしまったり。
それが分かるまではどうして食べもせず嫌がるのは全く分からず本当
につらい数日を送りましたが上記の通りだと判断してからは色々工夫
しだしました。

心がけたのは形状が残るようにしても柔らかく煮る事。
私がこれで十分柔らかいだろうと思ってもtintinにはまだまだお気に
召さない硬さだったという事が度々あります。
DSC07534.jpg

お気に入りはズッキーニ。皮を向いてあります。
コロコロするのでご飯とちょっとずつ合わせながら。
DSC07553.jpg

小さく刻めばアスパラやインゲンも食べます。
DSC07600.jpg

ほうれん草もポティロンも問題なしですが一番下の層のじゃが芋が
どうやら苦手な様子でご飯が好きなのだと再確認。
DSC07606.jpg

カリフラワーは意外と火の通りが遅く少し硬いと全然進まず、柔らかいと
喜んで口を開けます。手間ですがフォークで潰さず包丁で粗く切って
少しでも自分で噛めるようにして出しています。

DSC07626.jpg

上のものに更にインゲンの小口切りを加えましたがこちらもしっかり
食べてくれました。
DSC07664.jpg

こちらはアボカドのピュレに湯剥きしたトマトとズッキーニを加えました
が初めは喜んで食べてくれたのに段々と食べなくなり理由はアボカドと
判明。それ以来アボカドは登場していません。
DSC07707.jpg

上のズッキーニもそうでしたが皮付きはあまり好みではないようで
このときは茹でも甘かったのかいつまでも口の中でもぐもぐしていた
のでそれ以降は皮を向いて出すようにしています。

ここ最近は食べやすいようにかなり工夫している事もあってかやっと
最後までまた食べてくれるようになりました。口から出すような食材の
好き嫌いはあまりなさそうですが(今のところ)食べるという事への関心
は低めの様子。まだまだ試行錯誤の毎日です。

 | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム