FC2ブログ

パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

tintin 初めての歯科検診

DSC02904.jpg

2週間のtoussaintのヴァカンス中にと予約を取っておいたtintinの歯科検診。
3歳の誕生日の後にassurance maladie から無料検診のお知らせが来て
なるほど、そんなものがあるのかと初めて赴く事を考えました。
歯磨きをしていても特に問題があるそうには見えなかったので気に留めて
いなかったけれど良い機会かなと。

子供専用で診てくださるところを比較的近所で知り合いに紹介して頂き
行ってみると本当に子供が好きそうな年配のDr.でした。
丁寧に診察して頂き終了。結果は虫歯・歯石ともになく、とても良い状態
との事ですが、やや歯の感覚が狭く詰まっているようなのでひょっとすると
10歳前には矯正の可能性もあるかもしれないという事だけ覚えておいて
くださいとの事。夫も同じ経験をしているので驚きもせず。

終始おりこうさんだったtintin。
帰りに寄ったパン屋さんで大きなマカロンを頂き少し休憩していく事に。
怖がりもせずよく頑張りました!

ちなみにお支払いですがassurance maladieから送付された無料になる
用紙は相互保険に加入していれば全額払い戻しになるので必要はない
といわれたので結果使用しませんでした。

スポンサーサイト



初めてのお誕生日会

DSC02835.jpg

tintinのクラスの年長さんのお誕生日にご招待して頂きました。
場所は我が家からはバスと徒歩で20分程の所にある室内遊技場。
これが子供天国と言わんで何であろうと言うぐらい楽しそうな場所で
私も遊びた~い!と思うぐらい。

大きな子はすべての遊具やアスレチックに挑戦していましたがやはり
まだまだ小さく、どちらかと言うと身体的成長の遅いtintinは出来る事
と出来ない事があり大きな子が手伝ってくれていました。
DSC02823.jpg

この大きな滑り台2度頑張って滑りましたがその後は恐怖から拒否。
DSC02825.jpg

DSC02827.jpg

それでも遊ぶところはいっぱいあるのでまた楽しい事を見つけてたっぷり
3時間以上遊んでいました。
DSC02829.jpg

汗だくになって帰宅したtintin。
1日楽しかった様で何度も何度も1日の様子を話していました。
もちろんベッドに置いた途端寝入ったのは言うまでも無く。


幼稚園の様子

DSC02797.jpg

幼稚園が始まり、約1ヶ月が経ちました。
tintinの幼稚園は3学年混合クラスです。1クラス約25人を均等に3学年
混ぜてます。
既に勝手知ったる年長さん
まだ甘えん坊も居ればすっかり慣れ親しんでる子も多い年中さん
そして入ったばかりで不安だらけの年少さん。
これが本当に良くできてるなと思うのだけれど、初日はお別れ時に
誰一人泣きませんでした。あれよあれよと言う間に両親とのお別れの
時間となった、という事もありますが周りの年中・年長の子達は泣かない
からです。これが一人泣き出すと大合唱となるのだろうけれど。

年上の子は下の子の面倒を良く見てくれるし、年下の子は好きな年中・
年長さんの真似をしたりしてどんどんアクティブになっていき、新しい事
を吸収していきます。

年少さんだけはお昼寝の時間があるのでその間の行動はバラバラ。
また食事も3学年分かれてとなります。お昼寝の後しばらく遊んだら今度は
中庭を挟んで向かいにある建物、centre de loisir(学童)へ行きますが
スタッフはクラス担任の先生の補佐をしている方たちなのでがらりと
顔ぶれが変わるわけではなく、子供たちも安心して付いていきます。
ここでは3学年全く分かれての行動です。
そこでもたくさんのアクティビティが用意されおやつの時間もあります。

tintinは1週間目、泣くことも無くお別れしていましたがクレッシュの時と
同じく2週間目はお別れが難しくなりました。泣くのを必死に我慢したり
時には静かに泣き出したり。
そこでクラスに居る年長さんのT君をtintinに紹介しました。
T君はtintinの又従兄弟の大の仲良しだと知っていたので呼び寄せて、
この子はMの従兄弟なんだよ、T君はMのお友達なんだよ、と。
その時からT君は本当に本当にtintinを可愛がってくれてお世話をして
くれます。泣きそうになったら“ママはちゃんとお迎えにくるんだよ、知ってる
でしょ?泣く必要はどこにも無いんだよ”とおそらく自分も言われてきたで
あろう事を言ってくれたりもします。tintinの好きそうな本を持ち出してきて
くれ、気をそらしてくれたり。以前T君のママに出会ったときは家でも
tintinの話ばかりしてくれるそうです。そしてT君がクラスでつるんでいる
お友達もいつしかtintinをかまってくれるようになり、その様子をみていた
年上の真似をしたい年中さんが同じように接してくれたりと本当にこちらが
ゆっくりお別れをする暇もない程につぎつぎに人が集まってきます。

あっという間にたくさんの良いお友達が出来、穏やかな子が多いクラス
でtintinもすぐに学校に慣れる事が出来た様子。相変わらず一人で遊ぶ
のも好きですが、お陰で徐々に人と遊ぶ様にもなりました。

初めの頃は、何をした何を食べたと何でも話してくれていたのに、そのうち
知らない、覚えてないと言うようになって本人からは聞けなくなったので
お迎え時にスタッフに1日の様子を聞くように。とは言え、毎日元気に通って
居るし、朝は時々遊びに没頭して“今日は学校行きたくない”なんていう事
もありますが、“学校が閉まっちゃう、入れなくなるよ”と言うと慌てて準備
し出すあたり好きなんだろうなと知ることも。

楽しい毎日を送れている、元気に喜んで学校に出かけていく、それだけで
私もホッと安心しています。



L'école maternelle / 幼稚園

DSC02760.jpg

学校と言う名の幼稚園。
フランスでは3歳になる歳の9月から幼稚園がスタートします。
(2018年より義務教育に)
有難くもtintinのお誕生日は7月ですから、3歳になってからの入園。
諸々遅い子なのでちょうど真ん中でよかったな、と少しほっとしています。

私の中では“幼稚園”ですがフランス人にとっては“学校”ですから
“もう学校が始まるのね~”と感無量な様子。
同じ建物のご近所さんもすごくわくわくしてこの日を待っていてくれたし
luluもそう!!当然この日は仕事を休んで家族3人で登園。

うわさ通り、子供には愛情たっぷりと、親にはサバサバとした感じの
なかなか頼りになる先生です。

Pâte à modeler / 粘土

DSC02443.jpg

今まで何度か促しても全然遊ばなかった粘土で遊ぶようになりました。
おそらくクレッシュの影響ではないかな、と思います。

どこか出かける前にこれで遊ぼうと言われると困ってしまいますが、
天気が悪い日に1日篭るとなった時にはもってこいの遊びですね!
DSC02450.jpg

まだ力が強くないので押し出したり玩具の麺棒を転がしたりとなかなか
難しく、あれ作って、これ作ってと依頼が続くと自分でやんなさいよと
思いたくもなりますが、なぜか私も楽しく参加しています。

冬になるともっと頻繁に登場するかな?
DSC02449.jpg

 | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム