パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

良い出会いの継続

DSC08240.jpg

田舎の道端に突然の牛!
義両親宅の暮らす小さな村にも小さなマルシェが立ちますがその日
だけ"今日はマルシェだよー"と宣伝するかの様にこちらの牛が登場
するようです。けっこうなサイズでしたよ。

さて、春に日本に帰省した際には往復路どちらも機内で子連れの
女性と仲良くなった話を以前書きましたが往路で出会った女性は
随分郊外に住んでいる方でご主人も伴って遠路はるばる車で我が家
まで遊びに来てくれました。
そして今日、今度は復路で知り合った女性がメトロを3本も乗り継いで
我が家まで来てくれましたがなんとプセットを押しての事!
フランス暮らしの方はご存知かと思いますがエレベーターやエスカレ
ーターのないパリメトロ。どんなに大変だか想像出来るかと思います。

この方とも住まいに距離があるので中間地点でお散歩でも、という
話でしたが帰国の疲れが取れ、リズムを取り直してからはびっくり
するぐらい暑くなったり、午後からは雨マーク、なんてことが続いたり
してなかなかチャンスがなかったのですが親切にもこちらまで来てくれる
と申し出てくれての嬉しい再会となりました。

これまたお喋りには全然足りない時間でお別れという現実。
ちょっと距離があるとは言え、子供が居なければひょいと足を伸ばせる
程度。それが子供との生活になると"会いましょう"と言ってから実現
するまで随分と時間がかかるものですがそれでも子供同士で遊ぶ姿
を見れば会えただけでも良かったと心から思えます。

またこうやって行動派ではない私とお付き合いを続けてくれるその他
の友人達にも本当に感謝。

フランスで知り合う人の数は少なく、その中でも仲良くなれる、なれそう
な人との出会いは一握り。そしてしっかり交流が持続できるように私も
気を配りたいと思います。子供といる毎日は何かと自分の用事は後回し
になったり諦めたりするのがここ最近のことですからね。。それも良くない
ですよね。

ともあれ、楽しい一日でした♡
スポンサーサイト

憩いの公園

DSC08229.jpg

tintinの部屋に窓専用のシールを貼りました。
頂き物で、受け取った時はちょっと女の子っぽいかな?と思ったものの
貼り終えて見るととっても明るい雰囲気で一気に子ども部屋の雰囲気
になりました。 色々考えているのですが移動させたいものなどを整理
してから、、と思ってなかなか取り掛かれないでいたのでまだ殺風景な
ままなのですよね。 夏が終わったら出来るといいなと考えております。

さて、写真も撮り忘れました鮮やかに花が咲き誇っていたリュクサンブール
公園に友人と行って来ました。 わずか数時間の滞在でしたが敷物を
敷いてのんびりと。 tintinも比較的楽しんでいたようで帰り間際までは
ご機嫌で居てくれました。

久しぶりに会った友人との会話は楽しく(1人で盛り上がっていた気も
しますが)全然話したりないっ。突然今からどう?っという具合に誘った
にも関わらず快く出てきてくれて感謝。
来週はお天気が崩れるようなので天気の良い日を逃さないようにと思って
の行動でした。 数時間だけならオムツ交換もなしに家まで戻るのが
常ですが大きい方をした場合はやっぱり変えたいけれどその場所を
見つけるのも大変なものですから青空の下は何かと嬉しいちびっ子
連れのパリ。

リュクサンブールはパリに来た当初は歩いて数分のところに住んで
いたので頻繁に通った場所。着たばかりは色んな事もあったので
色々な思いを抱えて散歩したものです。
その後引っ越した先にはこれまた美しい公園から数分のところに
住んでいて妊娠中もよくここを散歩しました。
そして出産後まもなく引っ越した先には憩いの場所がありません。
ちょっと足を伸ばせばあるものの芝生が広がるスペースがある
だけで季節ごとに色とりどりの花を愛でたりその美しさを堪能したり
という場所ではないのでとても残念に思います。
きっと子供にとっても気持ちのよい場所だっただろうなぁ。
ただ遊具のある公園があちこちあるのでもうちょっと大きくなったら
それはそれで楽しめるかな?


難しい義家族付き合い

DSC08241.jpg

これはluluや義兄が子供の頃に聞いていたレコード。
なんともレトロで可愛かったのでついつい見とれてしまいました。
DSC08242.jpg

曲はどれもフランス人なら誰でも聞いていたという様なお決まりのもの
ばかりだそうですが当然私には知らないものばかりでそれを聞くのも
また楽しかったり。

週末はluluを置いてまたtintinと2人で義両親宅に1泊。
私がここへ行く理由はいくつかあります。
1)luluにゆっくり週末を過ごして欲しい。ゲームに集中したいのが
 分かっているので。そして近所の従兄弟がほいほいとやって来る
 のもいつもの事
2)tintinに自然を堪能して欲しい
3)tinitnに義両親を通して新しい遊び、人との関係を楽しんでもらいたい
4)義両親孝行
5)私も家事と子供ベッタリ生活から少し休憩

どれも必要で大切だと思っていますが、、これから少し頻度は少なく
なりそうです。

その夜は"もう2度と2人だけではここに来るものか!"
と思った出来事があったのです。
詳しくは書きませんが押しの強い義両親に私が賛同しない事を永遠と
ouiと言わせるべく説得されたから。と書けばまだ優しい方ではっきり言うと
脅しに近い言い方を永遠と23時にもなって始められたから。

要はひつこいのですよ。
私が10代の小娘ならまだしもいい歳なのだから自分なりの考えで行動
決断をしているわけです。そりゃ、間違っている事もあるだろうし世間と
は違った方向へ進んでいることもあるでしょう。ですがそれが私の現在
の思いなのです。

日本人であり私の性格からして出来るだけ年配の方の意見には耳を
傾けたいものですが了承出来ない事もあるというもの。1人の大人が
それは嫌だと言っていることの理由を1から10まで説明させたり何が
なんでもそれを覆そうとしたり、挙句の果てにはあなたは間違っている、
そうだろう?と自分の間違えを認めさせよとしたりなんてそれこそ
おかしいと私は思います。
少なくとも私の両親からはそんな対応を受けた事もない。

特にtintinが生まれてからは色んな事を手伝ってくれたり良くしてくれる
彼らに開いていた心がまた閉じてしまったと自覚しております。
義親不幸かもしれないけれど暫くはそっとして欲しいと思います。



Le bois de Vincennes / ヴァンセーヌの森

DSC08239.jpg

友人とそのかわいい坊やと一緒にヴァンセーヌでピクニックをして
きました。(右のちっこいのがtintinですよー)
そののどかな事ったら!!
DSC08236.jpg

近所に自然を楽しめるゆったりした場所があるっていいなぁと改めて
思いました。私は都会っ子ではないけれど完全な郊外型でもないの
で片田舎に引っ込むなんて生活はちょっと難しいのですが利便の
いい場所に住んで街中にもさっと入ることが出来、なおかつ普段は
"整備された"自然の中でまったりする事も可能というなんとも虫の
良い状態が理想だなぁなんて思ってしまいました。

DSC08237.jpg

この日一緒だった坊やはtintinの4ヶ月先輩。
tintinがまだ歩けないというのんびりペースなのもあるけれど、
4ヶ月という差はこの歳ではかなり大きいもので驚く事や勉強に
なる事ばかり。そして4ヶ月先輩ママからは教わる事ばかり。

改めて他のお子さんを見て思ったのはtintin、けっこう我が強い方
だな、、と。難しい子にならなければいいのだけれどと今から戦々恐々
としております。最近ちょっとため息をつくような日も多くて。
そんな中自然の中でお友達とのんびり出来たのは親子共々良かった
のではないかと思います。





手作りコンフィチュール

DSC08101.jpg

パリに住んで仕事をしていた義伯父ファミリー。
郊外に古い大きな庭付きの家を持っていて週末のたびに通っては少し
ずつ家を修復したり庭に木や苗を植えたりし、今ではステキなプチホテル
の様なお住まいに。引退した後は夫婦で移り住み私達家族や仲の良い
お友達をもてなす事を楽しみにしています。
残念ながら義伯父は他界してしまいましたがその楽しみは変わらず。

そして料理上手な義伯母のもうひとつの楽しみがコンフィチュールを手作り
すること。
季節ごとに色々な果物が順番になるように木を植えてきた彼ら。
ありとあらゆる果物が自宅で収穫出来ますが当然一家で処理できるレベル
ではなくせっせとコンフィチュールにしている日々。

先日おすそ分けを頂きました。
ちょっと私には甘すぎではありますがその美味しいことったら!!
お気に入りはアプリコット&バニラ。別の義伯母がマダガスカルに行ってきた
お土産にヴァニラの鞘をどっさりプレゼントしてくれたそうでそれを使ったの
だとか。

ものすごく美味しくて賛辞のメールを送ったら第2便が届きました。
DSC08159.jpg

ありがたや~
暫く購入する事もないでしょう。
この伯母さんの作るものならなんでも大好き、というluluなどは普段トースト
など滅多に食べないくせにせっせと食べ続ける毎日です。
まぁチョコをかじっているよりはよっぽどいいと思いますので放っておきます。

 | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム