パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

先輩のお話

2129 003

何もかも見習いたい!と思うような素敵なお友達がパリに居ます。

以前は比較的近かった住まいも我が家の引っ越しで離れてしまい、
私はまだまだtintinとの時間の使い方も上手ではない為、外出の
予定を立てるのが難しいのですが、やっと彼女を訪ねる事が出来
ました。

またまたステキな手作りのお菓子でおもてなしして頂いてお邪魔
するのが申し訳ない気持ちにも。。でも嬉しい
お昼寝のタイミングを逃してしまい絶賛ぐずぐず中のtintinと共に
ではなかなかお喋りにも集中できず(毎度ですが・・・)のんびりと
お邪魔させてもらった割にはきちんと話したいこと、聞きたい事も
ままならず。ただ、これだけは絶対聞いておこうと思っていことは
到着直後にすぐに切り出してかなり不自然でしたが

帰りには甘い物好きなluluの為にお手土産まで持たせて頂いて
ルンルンと帰宅。ルンルンの理由はそれだけではなく、やっぱり
子育て中心の話題になってしまうのですが、子育ての先輩に話を
聞いてもらい、経験談を聞かせてもらった事が大きかったと思います。
たまに、子育て意外の自分自身の事についてダラダラとのんびり
お喋りしたいなぁ(できれば1杯飲みながら)と思うのですが、そんな
日はまだまだ遠いようです。


スポンサーサイト

久しぶりのアルコール

2308 001

本当に久しぶりにアルコールを飲みました。
妊娠した昨年の10月末頃からなのでもう1年4ヶ月でしょうか。

授乳中も時間を空ければ大丈夫、と言われていましたがリスクは
取りたくないしここまで待ったのだから完全に授乳が終わってから
でもいいじゃないと思っていました。

暖かい季節やアツアツのラクレットを頬張る時、そしてノエルの頃
は少しくらいは・・とグラつきましたがぐっとガマン。

授乳生活を終えて自分の口に入れる物にも神経を使う必要が無く
なり少し気持ちが軽くなりました。

そんなアルコールの第1号は独身時代から愛飲している、大好き
な大好きなアマレット。
最初のアルコールは気をつけて、と言われていたので注意深く
カクテルにしようかと思いましたがやっぱり味わいたいこの美味さ!
ロックでほんのちょっぴりだけ。

写真の僅かな量でもゆっくりゆっくりと1時間もかけて飲みましたが
飲み終わった後は心臓がちょっとバクバクと。そしてすぐに眠たく
なってしまいました。 もともとお酒にとっても弱いのです。

気をつけつつ、これからまたアルコール生活(←中毒ではありませ)
を楽しみたいと思います。

離乳食中期-D13

2211 001

朝ごはんに
ヨーグルト 180g

お昼ごはんに
野菜の荒つぶし 合計130g
じゃが芋+ほうれん草+牛肉(10g)
人参+ポティロン+さつまいも
ヨーグルト 125g

おやつたいむに
リンゴと洋ナシのコンポート 100g
ヨーグルト 125g

夜ご飯に
レンズ豆・玉葱・人参・蕪・ブロッコリ・ポティロン・さつまいも・パネ
のピュレ 50g(1/2程しか食べず)
+亜麻仁油
ヨーグルト 60g

本日は日中殆どお昼寝してないので食べながらコテンとまたまた
寝ちゃいました。可愛いのだけれど、食べてくれぇと切なる思いも
届かずとうとう諦めてそのままベッドへ運ばれていきました。

さて、ちょっとまた汚い話を致しますが・・・・
ここ2日ほど便がちょっと白っぽいのですよ。
以前何かで白い便はすぐに小児科へと言うのを読んだ事があるので
気になって調べてみると色々合わせて出る(であろう)症状がある
ようなのですが普段どおりtintinは元気そう。
もしかしてパネメインで野菜を続けて摂ったからかしら?と今日は
オレンジmixで。夕方には普通の色の便だったので安心しました。
心配してばかりの毎日です。

バイバイParis

2347 045

内容とは無関係ですが写真はパリのとある市役所。
ステキな雰囲気だったので思わずカメラに収めました。
tintinの出生証明書が必要で取りに行ってきました。
2347 049

luluの友人カップルに急遽会ってきました。
理由はパリを離れる事にしたからと。
彼らには1歳半の娘が1人。そして先日二人目の妊娠が発覚。
そこまでは話を聞いていたのだけれど・・・
2347 047

パリで楽しく生活していた若いカップルも子供が出来れば当然
生活は一変。子供が居てもなかなか生活を変えない人達も
多いこのフランスでは決して“当然”ではない事ですが。

そんな彼らは生活の全てを変える決心をしました。
パリを離れてもっと子供達と暮らす事を楽しめるところに移住する事に。
全ては子供たちの為。そして子供達と生活をする自分達の為。
決断も早かったけれどその後の行動も物凄く早かった。だってノエル
に話していたときはそんな話題もなかったぐらい。

既に退職願を出し、南仏にアパートをみつけ暫くは2人の失業保険で
なんとかなるとの事。それからはまたそれから、の事。
そして引越しは今月末。
2347 051

実は彼らだけじゃない。luluの周りではどんどん子供を持ったカップル
がパリを離れていきます。
それもパリで生まれ育った人達が。
もちろん、引っ越した当初は全てが順風満帆ではなかっただろうと
思うけれどその後の知らせはどれも楽しそうで幸せそうな話ばかり。
とってもイキイキと生活しているのが感じ取れます。

この手の話しを耳にするたび、luluはとても寂しそうにしていますが
とりわけ今回の友人はオムツを穿いてる時代からの仲良し君です
から寂しさと動揺を隠し切れない様子でした。
luluもフランスを離れ日本に住むと決めた時、二人で辛い別れをした
様ですが、まだ20代前半の事。お互い“そうは言ってもすぐまた
会えるね~”という空気だったらしいのですが今回はもうちょっと
違う様子ですね。

それぞれが安住の地を求めて進んでいます。今は大変でも後に
いい選択だったと思えるものでありますように!





虫の居所

2200 008

相変らず咳込む事があるので出来るだけ大人しくしていますが用事が
あって繁華街まで行って来ました。赤ちゃん連れの上に体調の事も
あって行って帰ってきただけですが、妊娠中から会えていなかった友人
がとあるデパートの裏手通りで働いているのでちょっと挨拶だけしに
足を伸ばしました。

普段は滅多に足を踏み入れない(用事もない)きらびやかなエリア。
表通りもショッピングとスマホに夢中な観光客で雑多としていました
が、裏通りも凄い。アジア圏からの観光客がわんさか。さらにちょっと
した中華街のようにアジア風レストランやカフェがずらり。
こんな風になっているとは知りませんでした。

表通り同様、買い物とスマホに夢中な上、ただでさえ狭い裏通りを
たむろして道をふさいでいたり、地べたに座り込んで雑談していたり
煙でもくもくの中を潜り抜けたり赤ちゃん連れで私もさらに歩きづらいし
危ないしで随分イライラして往復致しました。

そして帰り。メトロに乗ろうと改札に近づくとそれまで改札口で右往左往
していたアジア人女子が声をかけてきました。乗り換え駅など質問した
いのかなぁと思い私も立ち止まると、あなたの後について改札を抜けて
いい?と。。所謂、無銭乗車ですね。

パリではこういう事はしょっちゅうありますし私も何とも思いません。
何も言わずいきなり飛びついてきてぴったりくっついてくる人も
いるぐらいだから彼女のように声をかけてくれるのはまだ丁寧かも。

普段ならどうぞ、というところ。でも赤ちゃんを抱っこしては初めてのこと
でちょっと危ないし、なんせ上記の通りイライラしながら構内へ降りてきた
ところ。声をかけた彼女は"こんにちは"も"すみませんが"もなく(←仏
では最低限のマナーだと思います)イキナリの申し出に加えとっても
身なりがよく大手高級メゾンの大きな紙袋を抱えていました。
それを返品すれば1年間のnavigoが買えるんじゃない?と言いたいところ
ですがこらえて一言"タメ"と答えました。彼女も断られた事がないのか
びっくりした顔で"え、ダメなの?"と言うので私もびっくりした顔で"ダメ
に決まってるでしょ"と意地悪に答えました。

すみません、虫の居所の悪い女を捕まえたと思って諦めてください。

そうは言っても帰りのメトロの中で意地悪な事しちゃったなぁとなぜか
バツの悪い気持ちになりました。

 | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム