FC2ブログ

パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

ごあいさつ


もういったい誰が読んでくれているのか分からないブログですがお引越し
します。

コロナ騒動がこんなに大きくなる前の2月初旬、日本行きのチケットを
購入しました。出発は復活祭のヴァカンスに合わせて3週間の滞在予定で。

あれよあれよと言う間に大事になっていき、帰省を本気で悩み始めた頃
あんなに会いたい会いたいといってくれていた両親からキャンセルして
欲しい、今年は諦めてはどうかとお願いされました。心配性の母親は
不安で眠れないとまで。不安もあったけれど両親の想いを考えれば帰って
あげたいと思っていた帰省、これでふっきれてキャンセルする事が出来ました。

日本も家族も遠く感じられる今、両親・兄弟・友達にと、まめまめと連絡
を取っているのも大変でもう家族向けにブログを立ち上げよう!と。
以前も同じような事を何度か考えていたけれどここでまた改めてそういう
気持ちになりました。
そんな理由からのお引越しです。

内容も更新頻度も代わり映えのないものになると思いますが気持ちの
問題です。
ご要望の方がありましたらURLをお送りいたします。
今まで読んで下さった方ありがとうございます!

coco



スポンサーサイト



いちご

DSC03791.jpg

1年の間に僅かな間だけ食べられるフランスの苺、gariguette。
tintinはベリー類は全然食べないし、luluも日本の苺はよく食べたけれど
フランスのは好きではないと。
この時期、甘いとは言えやっぱり日本と比べると随分酸っぱい。
それでも季節だと思うと食べたくなる私。

マルシェが再開されるまでだけの短い期間、近所にオープンした小さな
野菜屋さん。散歩がてらここに立ち寄るとtintinが苺食べたいと言う。
去年も食べなかったじゃない、と言うと今年は食べると言い張る。
それじゃぁと1パック買ってみてもやっぱり食べない。
それじゃぁと少しだけチョコを溶かしてつけてあげるとあっという間に
平らげた。。なんだか本末転倒な感じはするけれど、一応季節物を
味わったという事で・・・

外出禁止令

IMG_20200325_123923 (002)

毎度お馴染みではありますが、またブログ放置・・

我が家ももちろんですが、皆さん大変な状況で生活されている事と
思います。遠いアジアの国で始まった伝染病、コロナウィルスは
瞬く間に世界に広がって遠い国の話ではなくなりました。

まず、現在のところ我が家は家族三人とても元気に過ごしています
とお知らせさせて頂きます。

フランスでその深刻度が一気に増したのは3月16日から全公立校が
2週間一斉休校になるという発表ではなかったかと思います。
それまで起きていた買いだめ現象が更なるパニックを引き起こしたのも
この発表からでは、と覚えてます。そしてその翌日から外出禁止令が
出され、出来る限りの在宅勤務が要請される事に。 スーパーや食品
を扱う小売店、薬局などは営業を続けるもののレストランやその他の
販売店は閉店を余儀なくされている状態が続いています。

luluも在宅勤務になり自宅で仕事をしていますが当然幼稚園がないので
tintinも家にいます。同僚や取引先と電話中もきゃっきゃとするのだけれど
それはもうお互い様という状態で誰もがゆるりと受け止めています。

ストの時も感じたけれど、こういう時のフランス人はなかなか辛抱強いと
言うか、団結力と思いやりにあふれているなと思います。
レジでは“誰もが頑張って”と店員さんに一言添えていく。店員さんは
普段よりもゆったりと寛大な態度の方が多いように見える。こんな時に
自分達だけ働いて、さらにいつもの数倍忙しいのにと投げやりな様子は
見られません。
誰も店員さんに対して悪態づいたり非情な態度を取ったりする事もありま
せん。客同士のいざこざは数回目にしてますがこういう時、人間性が垣間
見えるという事で、私も気をつけなくてはと。。

いつまで続くか分からないこの状況ですが出来るだけ気分よく過ごせる
ように前向きに日々を過ごしていきたいと思います。

(写真は先日、日本でお世話になっていた上司が送って下さったものです)

BRITA

DSC03280.jpg

フランスに来てからたびたび考えていた浄水ポットのBRITA。
結局のところ水道水だしなぁ、なんて思いながら気になるけれど踏ん切り
が付かず、お邪魔する家に置いてある時はどんなもんかと質問したりも
しながら数年が過ぎていきました。時々波が来るようにまた気になり出し
たりを繰り返しながら。

我が家では比較的軟水のミネラル水を購入していました。こちらでは
値段も大した額ではなく、まとめ買いの安売りなんかがあればかなり
お得にも買えますが、最近お茶を以前より頻繁に飲むようになったのも
あってみるみるうちに水がなくなる。来る日も来る日もゴミ箱に空ボトル
が山のようになっていきそれを捨てに行き、また重たい水を頻繁に買いに
いくという繰り返しにまたいつもの疑問が再び。。

そしてある日何かがブチっと切れまして、BRITA購入に踏み切りました。
使用し始めてまだ10日程ですが毎日かさばるごみが出ていたのがゼロ
になる気持ちよさ。水のストック置き場もすっきり(まだ残っているけれど
来客用に)。
肝心の味はと言うと、綺麗に洗った後5.6回目程まではやっぱりミネラル
水のまろやかさは欠けるよね、という気はしていましたが今ではすっかり
フィルターもおちついて美味しい水になりました。
因みに飲めるように準備したての状態で水道水・ペットボトル・BRITAと
目隠し状態でluluに味わってもらうとペットとBRITAをちょっと迷ったぐらい。
とにかくあの独特の臭いは完全にありませんでした。

今は、野菜を蒸すのもご飯を炊くのもBRITAを使用しています。
後はlulu専用の発砲水をなんとかしたいところだけれど。。。

2019年


子供の夏休み帳の様に一気に投稿した2019年後半記事。

忙しい忙しい。
そう言いながらもぼんやりとネットサーフィンを続ける事もありました。
tintinが学校へ行き始め、それと同時に私もフランス語の講座をうける
事が決まりました。毎日月曜から金曜、14-17時での講座があり、
終了後は慌ててtintinを迎えに行く。午前は家の事や足りない物を
買いに行ったり掃除したりで時間はあっという間になくなるし夜は
なにやら疲れてやる気がない。そうやって搾り出せば時間はあるのに
“気分”は乗らずダラダラ過ごす悪循環な日々。
週末は家族との時間も欲しいし義家族とのお付き合いも頻繁にあって
その合間に1週間分の食事の下ごしらえなども済ます。平日にしても
いいのだけれどそうすると完全に講座の復習の時間さえなくなって
しまうので週末まとめて準備するようになりました。

結局手際が悪いのね。
時間の使い方が下手なんだ。
自分で自覚した2019年後半でした。

それと共に、ブログって誰か読んでるかな?慌てて書かなくてもいい
よね、時間もないし。と本当に一番後回しの存在に。
tintinの成長記録も目的としていましたがそれさえ出来ていないのは
頭の片隅にあってイライラする事も。

12月末で私の仏語講座も終了しました。
今後どうするかはまだ分からないのだけれどしばらくは時間がありそう
だし、私自身にとっても大切な記録の場なのでまた来年からは更新して
いけたらなと思っています。

こんな調子ですがどうぞよろしくお願いします。

 | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム