パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

生姜のケーキ

DSC09125.jpg

例のローズベーカリー本から先日とっても美味しいケーキを焼きました。
半量で作ると小さなパウンド型の分量に。
レシピ通りだとそこへ摩り下ろしのナマ生姜を大さじ2杯!
流石にそれは多いのでは?と思って大さじ1杯にしたけれどこれが
ヒーというぐらい辛くて失敗か?と思ったのですが食べるにつけなんだか
クセになる。 ナマ生姜の他にも粉末の生姜やスパイスミックスも加える
のでベースはパンデピスの様な感じ。
砂糖もかなり少なかったし、欲しがるのでtintinにも小さな一口を上げて
みるとなんとこれが大好きな様子でもっと頂戴と。

さて、気をよくして今度は更にナマ生姜を少なくし、それ以外は先日
通りのレシピで作ってみると・・・・なぜか失敗。
もっちもちに仕上がってしまいました。。どうして

ナマ生姜が強すぎるせいでluluは殆ど食べてくれなかったのですが
今度は生姜少なめでまたふっくら焼きあがるように挑戦!!
スポンサーサイト

1週間のヴァカンス-その2

DSC09167.jpg

この1週間はお料理も手抜き。私も“休む”と決めていたので。
まずtintinの分を準備しなくて良いという事、ランチは頻繁に友人との
約束があった事、そして子供と一緒では食べられない簡単かつ好きな
物を作れるという事。

お昼は出来るだけtintinと同じ物を食べるようにしています。
なぜなら私のお皿を見るとそちらを食べたそうにするから。
でもこの間はそれも気にしなくて良い!
上の写真のパスタ。bletteという野菜を買ってみたので味見がてら作って
みました。
玄米(子供と一緒なら白米なので)にアボカドと納豆、海苔の乗せた
ものを頬張り至福のひと時。
DSC09180.jpg

tintinにはまだ加工肉はあげたくないけれどluluが非常に欲していたので
ソーセージの煮込み。私はストラスブルグ、luluはモルト。
DSC09169.jpg

辛い辛い麻婆豆腐。

DSC09182.jpg

画的に全くイケてなかったので写真はないけれどコリアンダたっぷりの
インドカレーも♡

以前はこんなものをしょっちゅう食べていたけれどまだまだ数年は無理
そうなものばかりです。

最後の1袋

DSC09116.jpg

寒い寒い日が続き、雪も降ってもう今しかないでしょう!と取り出した
最後の1袋。 鍋用の味噌。
昨年の帰省時にいくつか持って帰って来た物を冷凍して置いてありました。

白菜も手に入ったし鶏団子の準備も万端。
うどんも硬めに打った!
DSC09117.jpg

tintinにはうどんは短く切り、薄めた味噌を少しだけ加えて別鍋で煮込む
という手間がありますが、まぁ嬉しそうに食べる事、食べる事。それを
見ただけで感じた手間は吹っ飛びます。
原料を見るとアミノ酸等とあるのでtintinはこの日初めて"添加物デビュー"
したことに。。ちょっと反省しつつもごくごく僅かなのでいいか、と気をとり
なおしつつ。。。
私たちも十分に楽しみました。
DSC09119.jpg

満足満足!

パスタ料理

DSC09110.jpg

先日久しぶりにトマトソースでミートボールパスタを作りふと思い出した
事が。。

出合った頃のluluはパスタなんてお金が無い時か、学生か、料理する
時間が無い人が食べるものだ、なんて発してびっくりしました。
この人はきっと瓶詰めソースのパスタしかしらないのだ、と。

事実義母が炭水化物好きではないのであの家でパスタとくれば瓶のトマト
やミートがどこに入ってるか分からないようなミートソースを使用しているの
だけれどパスタ自体登場するのが年に1度ぐらいではないかと。

luluの概念が変わったのは初めてミートソースを作った時の事。
まず作るのに1時間以上かかっていたのでパスタって10分で出来るもの
でしょう?こんなに時間かけちゃってぇ、と平気で言った!
そして食べてビックリ。これがあのミートソース?!という感じ。

日本の多くの家庭では特に珍しくもない事でしょうが相当ショックだった様子。
パスタも美味しいものを選んでベストなタイミングで食べる。炭水化物
大好きな人ならでは何の不思議もない事。

今ではすっかり家パスタのファンなlulu。

ミートボールのトマトソースにはじっくり炒めたたっぷり野菜に生トマトを
潰して煮込む。トマト大好きなtintinも喜んで食べておりました。
この方、パスタは手掴みなのでソースは別添えですが。

肉じゃが

DSC09081.jpg

青物を乗せていないので彩が残念ですが・・

じゃが芋がとびっきり美味しいこの国では肉じゃがのじゃがが進む進む!
(とは言え芋の種類はピンキリだろうけれど)

寒い日にはこういうものが食べたくなるのは私だけではなくluluも同じ。
我が家のは料理家、ケンタロウさんのレシピでちょっと味付けが濃いので
luluの大好物。 
そして、以前仏人を招いたときにもみんな美味しい美味しいと山程作った
のにお鍋が空っぽになった事に驚きました。
やはり仏人、芋好き人種です。
薄切り肉はないので仏に来てからは挽肉で代用。
まだ試した事がない方は是非お試しアレ。

 | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム