パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

Le radis long blanc / 大根

DSC09674.jpg

最近は近所のスーパーでもごくまれですが、日本の様な大根を見る
事もあるます。サイズは日本のそれよりも若干小さめではありますが
なんせあのサイズ、コンスタントに食べなければ消費出来ません。

luluはradisの類は苦手で大根は大嫌い!
日本の実家に滞在した際に、母が具沢山のお味噌汁を出してくれて
意外にもtintinは大根を平気な顔をして食べていたのでフランスでも
食べられればなぁと思っていました。

ある日、いつものBioショップで写真の様な小さい大根を発見!
横に比較の為に置いたのはテーブルナイフです。
2人でスープにして2回で終了。丁度よいサイズでした。

ところが、その日以降見かけることはありません。
そもそも冬の野菜だろうし(多分)またその内見かける日もくるかな
と期待しています。
スポンサーサイト

Juiet

DSC09065.jpg

先日マルシェに行ったら丁度マルシェのおじさんが"ちょっとそこまで"
と休憩しに行ってしまい、若いお兄さんが対応してくれたのですが
荷崩れしないお菓子向けのリンゴのオススメは?と聞くと、おじさんに
電話するとか言い出すのでわざわざそんな事までと思い、えいやと
買ってみたのがこのジュリエット。

煮る前にひとつ味見でtintinと食べてみると程よく歯ごたえがあって
みずみずしく十分だけれどすっきりした甘さ。
私の苦手な粉っぽい感じは全くありませんでした。
お菓子用に煮込んでも全く型崩れすることも無かったし火を通しても
これまたすっきりとした甘さのままで美味しくなりました。

先日のクランブルケーキに使ったものです。
とても美味しかったのでまた購入してしまいました。
今年はしばらくこれにはまりそうです。

noisette / ヘーゼルナッツ

DSC08995.jpg

友人が生のノワゼットを持ってきてくれました。
どうやって食べるの?と聞いて教えて貰った通りするとなんとも言えない
香ばしい香りが家中に広がりました。

それからというもの、毎日ぽりぽりと摘んでいます。

覚書。
天板にノワゼットを重ならないように置く
180度に予熱したオーブンで20分焼く
外に出して熱が取れたら手で皮を軽くこすって取り除く

これだけですが、我が家のオーブンは少し強いのでネットで検索すると
150度で15分という方も。次回はこれで試してみます。

DSC08545.jpg

見るところスペイン産が殆どの様ですが、フランスでも柿が買えます。
その名も"KAKI"

私はもともと得意ではない果物ですし、luluに至っては興味なし。
そんなわけで我が家で購入する事はありませんでしたがtintinは食べる
かな?と思いマルシェのおじさんに相談。
スプーンですくえるぐらい熟したやつなら好きかもね、と言われたの選ん
でもらうと半分に切ったらもう熟しすぎた実がこぼれ落ちる位柔らかくて
皮も勝手にずるんとむけてしまいました。

tintinの反応はと言うと、食べやすいためか口はあけて集中して食べて
いましたが特に美味しそうにしているわけでもなく"まぁ、食べれるけれど"
という様な様子。
我が家では最初で最後の柿購入かしらね

Le Pain de mie / パンドミ

DSC08216.jpg

こちらがフランスのパンドミ。日本で言う"食パン"ではないかと思います。

我が家では滅多に買うことはありませんでしたがtintinが朝食とおやつ
にパンを食べ始めたので我が家はバゲットではなくパンドミにしました。

写真の通りの小さい小さいサイズで薄さは計っていませんが恐らく1cm
ないと思います。味は砂糖が入っているのでほんのり甘いですが
ブリオッシュと比べると随分控え目。バターの香りもしっかりします。
お値段はバゲットの倍以上。

これを買い求めに足を運んでなんど買いそびれたことか。
我が家のお気に入りのパン屋さんはパンドミを朝の6時に1度焼くだけ。
午前中で殆どの日は売り切れてしまいます。翌日には販売しません
というぐらいだから売れ残りのない程度しか焼かないのでしょう。

ちなみに・・・スーパーに売っているパンドミはなぜか初めから封が
開いており消費期限が1ヶ月程もある上に最後までふわふわしっとり
という怪しさ120%の代物。もちろんtintinには与えるつもりはありま
せんが便利すぎて何度か買ったことがあります。
懐かしい日本風サンドイッチはこれで作れます。
そのまま食べるのはまだ良いのですが、なぜかトーストするとダンボール
の様になります。
気になる方はそのままどうぞ。卵サンドなどが懐かしさ第1位です。

 | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム