FC2ブログ

パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

DSC006551.jpg

渡仏してから早6年となります。
水が硬水で空気も乾燥していて肌や髪が・・・という悩みは日本から来
た方なら多くが経験されている事と思いますが私が困っている事は咳
が止まらない、という事。

日本に居た頃から喉(もしくは気管支)が弱い方でした。季節の変わり
目には声を失う事もありますし湿気たっぷりの北陸出身の私には乾燥
している東京生活に何度か悩まされた事も。
そして更に乾燥しているフランス。

普段はなんてことないのですが風邪を引いた後咳が止まらないのです。
それが数週間の時もあるし3ヶ月ほどずっと咳き込んでいた事も。
周りの人が肺に問題があるのではないかと言っても肺の病気を経験
している私にはそれが肺ではない事は確信していましたがここまで続く
と流石に心配にもなります。
排気ガスではないか、それとも季節性の花粉では、、と外野の煩い事
煩い事。とは言え人に移るようなことがあっては困るので一度診て貰う
事に。

以前色々調べていると日本では"肺喘息"という病気が存在するようで
フランス語で調べてみると一応言葉は存在しますがお医者様でも知らな
いというのがフランスの現状。

とにかく信頼しているジェネラリスト(ホームDr.)のところへ。
症状の説明や日本ので言われている肺喘息の症状に全くよく似ている
事を告げますがやはり"喘息"のところでびっくりします。
当然喘息の症状はありませんので。

色々診てもらった結果肺には異常がない。
今まで私が訪れている時期を見るとやはり季節の変わり目である事
に気付き恐らく気管支が炎症を起こして現れる症状だろうと。
その引き金が風邪で咳き込み気管支を傷める為癒される事がなく
長引くのだと。所謂気管支炎という言葉がでました。
私の咳き込むタイミング(朝ベッドの中、粉っぽいものを食べた時など)
や咳き込む時間が異常に長いことなどの理由を体の模型を使って
丁寧に説明してくれ恐らく心配するような事はなにもないと言ってくれ
ましたが、アレルギー性であるという可能性も否定できないという事
で血液検査をしました。

おおよそ300種に対してのアレルギー反応を見てくれるとの事です。

結果は陰性でアレルギーはなし。
(なんとなくそうだろうとは思っていましたが)

検査結果が出る前に処方していただいた上画像のシロップがよく効き
すぐに咳も収まりましたが結果アレルギー性ではないとの事で日々
気管支を労わるようにとの事で相変らずのハーブ吸引油を吸引する
事をオススメされました。
perubore-inhalation-15-capsules.jpg

以前から出して頂いている処方箋無しで購入可の自然派療法。
ちょっと不調を感じ始めたら良くなるまで1日3回はしましょうね、と。
こちらを使用しつつまた炎症を起こさないように気をつけたいと思い
ます。
これからの季節は暖房も入ってますます乾燥しますからね。

スポンサーサイト



もっさりヘアー

DSC005041.jpg

4ヶ月ぶりに髪を切ってきました。
日本人の美容師さんにお願いしているので意思の疎通はばっちり。
毎度キレイにしていただくのですがちょっと不満が。

がっさりすいてくれ、動きが出るように段差をつけて欲しい、
サイドは流れるようにシャギーを入れてつなげるようにして欲しいなど
とにかく重い髪を何とかしてもらいたくて依頼するのだけれどそのどれ
もが控え目な結果なのです。

全体的に今はちょっと重めのスタイルが流行っているらしい。
分かっているので何度も言うのだけれど物足りない。
日本にいた頃(もう6年前)の写真を見ると髪が軽そう・・・
あの頃は扱いやすかったなぁと。
それは気候や水のせいもあるのでスタイルだけのせいではないの
ですが、あの頃は美容院から帰宅したあと髪を洗うと
“なんて軽いんだー”
と感動したものです。乾かすのも早くて楽だったなぁ。

もうそれは流行ではないと分かっているもののあの頃の髪が
懐かしい、と思うここ最近です。

Tiger Balm / タイガーバーム

DSC00207.jpg

ヴァカンスに出る3日前から頭痛が続いており毎日の様に薬を服用
していました。なんせ耐えられない痛みに加え、頭痛を感じたままでは
全くtintinに寛容になれないもので。。
飲んでいたのはイヴプロフェン剤。こちらの方が効くと思って。。

そのままヴァカンスに出発したもののはやり頭痛は続きさらに眩しい
日差しにもう耐えられないくらい。毎日イヴもイカンだろうと思って
近所のファーマシーに駆け込んで選んで頂いたのがコレ。
DSC00208.jpg

そもそも原因は首と肩こりから来ていると自覚もしていたので
それも説明。親身な薬剤師さんは、毎日イヴなんて止めてね、
せめてパラセタモールにしてとアドヴァイス。
そしてそれにしたって薬を飲むよりはコレよ、とタイガーバームを
持ってきて説明。
日本に居た時からその存在は知っていたけれどなんとも胡散臭い
感じだったので何者かまでは知りませんでした。
薬剤師曰くこの赤のがアナタにはぴったりだと思う、薄く塗って軽く
マッサージしてから睡眠を取ると良いとの事。

早速試してみる事に。
ミントのスッとした香りと共にシナモンの濃厚な香りがやってきます。
塗ってしばらくするとカーっとその部分が熱くなってきます。
それが1時間程持続してポカポカと。
シナモンのせいでクリスマスのクッキーを連想しつつ就寝。
なんと寝覚めのすっきりしている事!!
完全に痛みが無くなったわけではないけれど随分と楽になって
いたので翌日も使用。2日目にはもう頭痛薬は不要になっていま
した。たしか4日間ほど湿布したと記憶していますがその後は
もう痛みは全くなくなっていました。

調べたところによると虫刺されや花粉症の鼻水(鼻周りに湿布)、
酷い咳(胸に湿布)、運動後の筋肉疲労などにも効くそうです。

もうひとつ“白”も存在するようでそちらはミント成分多目で冷却
効果の方が高いのだとか。私の“赤”は温め効果大ですね。

小さな小さな瓶で8€程しますが僅か少量しか使用しませんし
天然成分のみの配合なので安心して使えますね。

これからのフランス生活愛用品となりました。

私の風邪(マイコプラズマ?!)

DSC09676.jpg

tintinの診察を受けた際、だるかったのと少し咳が出始めていたので
私も診て貰おうかとふっと思ったのですがそこまででもないか、と思い
何も言いませんでしたがその夜からひどい咳が出始めて自分の咳で
眠れない日が続きとうとうその3日後に“今度は私もお願いします”と
予約を入れました。

結果は同じ、もしかしたら。。。のマイコプラズマかもね、との事。
本当かいな?と思うものの実は熱が出たのです。
どんなに酷い風邪を引いても熱など出たことがない私。
ちょっと熱っぽいという事はあってもここまで上がったのはもう20年振り
程ではないでしょうか。そんなわけで出された抗生物質を私もしっかり
と摂取しました。と言いたい所ですが3日でいったん止めました。
飲んだ後に気持ち悪くてもう耐えられず。ところが翌日義姉に出会った時
にその話をすると菌は完全に死んでないからちゃんと言われた日数
飲み続けなさい、とたしなめられてまた飲む事に。必要なら胃薬も一緒に
取った方がいいと言われましたが後数日だしと我慢しました。

私も今ではすっかり良くなりましたが実は処方された薬以外にも摂取した
ものがあります。
DSC09677.jpg

全然咳がよくならず相変らず朝までぐっすり眠るという事が出来なかった
ので毎度お馴染み咳止めシロップ。そして咳のし過ぎで声を失ったので
トローチ(ビックリするぐらい不味い)、それからこちらも毎度お馴染み
吸引用のハーブオイル。
菌うんぬんに関しては分かりませんが個人的にはこの3点セットが本当に
よく効いたと思います。しかも全て天然成分。通常の風邪もいつも喉にくる
ので私には手放せないアイテムです。
処方箋なしで購入できます。

何とか復活

ずっと寝込んでいた、というわけではないのですが・・・
ここ3週間程ずっと体調が優れない日々を送っていました。
風邪だったとは思うのですが。

どこに出かけたというわけでもなかったのにある朝から急に起床時に
喉の痛みを感じそれが1週間続きます。風邪の始まりだろうと思い
レモン汁+生姜+はちみつの組み合わせでやり過ごせたと思い痛みも
無くなったのでやれやれと思っていたら酷い咳が始まって数日声が
殆ど出なくなりしぶしぶファーマシーへ。
DSC09067.jpg

咳が痰がらみだったこともありそれを解消するのが第一目的。
フランスでは定番中の定番の水に溶かして飲むタイプ。
そして咳のし過ぎで喉がヒリヒリだった為ノド飴。

これで1週間程しのいだのですが咳は酷くなるばかり。
咳が出るというよりは既に炎症してしまったので空気が乾燥したり
ちょっとした刺激を喉が感じると尋常なく咳き込むのは仏に来て
よくある事。
DSC09079.jpg

とうとう以前、主治医に処方してもらったものと同じ物を購入。
自然派のお薬なので払い戻しもないけれど処方箋もなく買える
ので助かります。熱は全くないのでどうせまた主治医に見せても
本物の薬は出ないので。
痰がらみの咳止めのシロップ、吸引式のハーブオイル、咳止めの
飴。
それまでは辛くて夜も21時過ぎにベッドに入っていました。
1日中咳き込んでいるというのは以外に体力を消耗するもので
luluが帰宅し、tintinも就寝するとどっと疲れを感じて早々にベッドへ。
夜も自分の咳で眠れない1週間を送っていたので早くにベッドへ行って
も眠れるわけではないのですがなんせ気力がなくて何もする気にはなれず。
疲労困憊&睡眠不足だけれど元気いっぱいの子供の相手をしなくてはなら
ないので早く寝ようと心がけたのですが。

ところが上の薬を摂り2日で回復し始め、夜も咳き込まずぐっすりと
朝まで寝られるようになりました。こうなるともうどんどん元気になります。
以前もそうでしたがこれらの薬は私にとても合っているように思います。

まだまだ咳き込む事もありますがあとは徐々にというところでしょうか。
とりあえず何とか普段の生活に支障が無い程度にまで回復いたしました!

日本もフランスもぐっと冷え込み始めたここ数日。皆様風邪などひかれ
ませんように!








 | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム