パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

最低限の身だしなみ

2117 004

先日tintinをluluにお願いして出かけた先は美容院。
妊娠後期に髪を切ったきり伸び放題でした。でも毎日髪をくくったり
あげたりしてるだけで髪を下ろして出かける事がなかったので伸び
放題でもさして困ることもなければ恥ずかしいと思うことがない日々。
特にフランスではびっしりと決めている人がごくわずかでおおよその
女性はいたってナチュラル。コートも何年経ってもそれ1着しか見た事な
いというのもザラだし、寒ければそのコート。暑くなればそれを脱いで下は
半袖にちょっとした重ね着。分厚いマフラーが薄手のストールにかわりジ
ーンズに年中同じ靴を履いてる。だからと言って誰もが“あの人、あれし
か着てないよね”などとは言いもせず“あの人”なのでです。性格や日常
生活についてはあれこれ裏側でひそひそするのが意外に好きなフランス
人でもお洒落の頓着はピンキリでそれをあれこれ言うのはあまり耳に
しません。私とは違う世界で生きているお洒落ぴーぽー達は違うん
でしょうけれど。
そんな着たきりの彼女達でもここ一番の服はちゃんと持っていて
目元だけでも綺麗にお化粧してくるともう輝くばかりの美しさと
普段から兼ね備えてる性格の良さにチャーミングな笑顔で何とも
言えない魅力的な女性へと早代わりする。それが素敵なスタイル
だなぁと私は心から思っています。

が・・・日本ではそうもいかないかも。
もちろん着たきりスズメなんて陰口の対象であるのはよくあること。
この季節にそれはないだろう、とかあの人おかしんじゃないのとまで
言われる事でしょう。悪く言えば見栄っ張りが多いとも言うけれど
良く言えばこういう部分で気がひきしまるというか身だしなみに気を
使い結果“きちんとした”人たちが多いんだろうと思います。

さて、、先日の帰省で目の当たりにしたニッポン女子のお洒落度。
それが似合ってるかとか皆が同じとかそういう否定的なコメントは
抜きにして皆さんとっても綺麗にしてる!
都内は色んな人の集まりだけあってまだバラエティに飛んでます
が、金沢の様な田舎は誰もが女性らしい格好をしています。
おりしも季節はそろそろ桜開花と言う頃。ファッションもより一層
パステルチックな色合いで着ているものもふんわりと優しい。
車社会なので目的地へは薄着でOKなのもあり、まだまだ寒い季節
ではありますがとっても春らしい軽い生地。髪もきれいにカラーリング
してあったりセットしてあったりとお手入れが行き届いている。
チビちゃん連れのママ達も。そもそも適齢期の年齢がぐっと低い金沢
は若いママが多いし。

さぁ、そこに寒いパリから子連れで帰省している私。
もっさりもいいところ。
完全に冬の服を着ている私。ダークな服が好みなので全体的に暗いし
重いし数週間の滞在なので余分な物は持ってこず身に着けるものも
必要最低限。 普段近所を散策するぐらいならなんてことないのですが
デパートやモールに行くとなんでしょう、この気恥ずかしい気持ち・・・
アタシもっさりだわ

もともとお洒落な人種ではないのでフランス在住の間にますますと
こういう部分に気合が入らなくなりました。
帰国してすぐに予約した美容院。
やっと先日行って来ました。
気候も良くなってきたし、髪も軽くなったし(綺麗にはなってないけれど)
仏生活が長くなってきたから、子供が居るからなんていうのはひとつの
言い訳にもならず、少しは小奇麗にしておかなくちゃという女心も大切に
しておこうと思います。
スポンサーサイト

"風邪ではありません"だそうです

1452 001

義兄・義従兄弟一家がお世話になっているジェネラリスト。
フランス旅行に来た際に急遽見てもらった事もありこの方に担当医に
なってもらいたいと思っていましたがなかなか行く機会もなく。
ところが今回咳が酷くluluの睡眠を妨げ、tintinのお昼寝の邪魔をし続け
さっさと治さないとみんなの迷惑。そんなわけでいつもならだらだらと行く
のを渋るのですが早々に行ってまいりました。

午後の2時間だけは予約無しで診てもらえるので1番乗りを狙って行った
ものの既に5番手でした。1人に対して30分近く診てくれてるので待ち時
間の長い事長い事。その間にtintinのオムツ換えの為、一度家にも帰り
ましたし、ついでにおやつにとヨーグルトだけをかばんに入れてきました。

面白みもない待合室で2時間近く待たされ赤ちゃんには退屈極まりなく
ぐずぐずと始めたのですが皆さんが楽しくあやしてくれたので何とか
順番まで泣き出すこともなく過ごす事ができました。ついでに待ち時間
の長さをみんなが愚痴りだし和気藹々ムード。

さて、結果から言うと私の症状は風邪ではなく単なる乾燥による喉の
炎症。心配していた授乳中でも可能な薬についてですが、そもそもこの
症状では本物の薬を出しませんと言われ写真のメディカルハーブオイル
を処方して頂きました。とは言えかなり作用は強いので12歳以下は禁止
ですし、私は朝の8時に授乳しますが朝は9時から、夜は21時までの間
のみにして下さいと言われました。

これが刺激臭という言葉がぴったりの強い"香り"でして早速効果が発揮
され夜はぐっすり眠れました。明け方に少し咳き込みましたがluluは気付
かなかった程。とは言え治ったわけではなくまだ継続中ですがこれで
収まるといいのですが。。

先生は私の咳こみかたを聞いて私の体がどうしたがっている咳なのかと
いう事をゆっくり説明してくださいました。
本当に優しくていい先生なのですがもうお歳なのですよね。。
暫くしてすぐに引退、なんて事にならなければ良いのですが。

シャンプー

2153 010

ここ数日お天気の良い日が続いているのであちこち出歩いています。
じっとしてるとやっぱり肌寒いのだけれど、tintinを抱っこしての移動は
お互いとっても暖かく、私はジャケットではなくカーディガンを羽織って
丁度良いくらいです。11月だと言うのにまるで日本の秋のよう。

さて、タイトル通りシャンプーについて。
日本に住んでいた頃も何年もかけてやっとお気に入りを見つけて愛用
していましたが、フランスでは手に入りにくいメーカー。毎度両親に送っ
てもらう事も出来ますがここに住むからにはここで手に入る範囲のもの
で工夫したいと思っています。

水が違うということもあってシャンプーだけのせいではなく、なかなか
頭皮や髪の状態がよくなるものに出会えません。アレコレと試して
みては長続きするものになかなか出会えていませんでしたが、やっと
luluとふたり気に入って1年以上使い続けているシャンプーがこちら。
2153 014

最近はクレイのものを使っていますが、その他にも香りも髪もリラックス
出来るラヴェンダーやすっきり洗い上げるグレープフルーツなど色々
な種類が出ております。香りのすっきり感はグレープフルーツなのです
がクレイのものはやはり頭皮を事実上"すっきり"洗ってくれるのでlulu
のお気に入りです。

で、これが売っているお店はBioショップなのですが我が家の近くにある
Bio C'bonでは取り扱っておらず、以前の近所で購入していたNaturalia
が(頑張って)徒歩圏内にあるので出向いてみるとクレイが置いてなか
った為どうしようかと思っておりました。私は他の香りのでも良いのだけ
れどluluは次は絶対クレイにしてくれと言うのでこの日の購入は断念。
それがたまたま行ってみた(これまた頑張って)徒歩圏内のbiocoop
で発見!!!迷わず購入。
しかし、実は今Naturaliaで今シャンプーセールをしているのでそこと比
べると約4ユーロも高い買い物となってしまったのが残念

シャンプーはとっても大切ですよ。
事実だとは言い切れませんが髪だけではなく頭皮から体内にケミカル
成分はどんどん入り込んでしまうんだそうです。Bioシャンプーできちん
とすっきり洗ってくれる、しかも自分の髪質に合ったものを探すのは
とても大変な事ですが一度見つかるとこれでなければ!と思える程。

私はスーパーに売っている様なシャンプーを使うとしっかり洗い流して
いるにも関わらず背中や顔周りにブツブツが出来てしまいます。
特に科学物質に驚く程敏感という訳でもないのですけれどねぇ。




 | HOME | 

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム