パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

9年目

2355 012

8月29日は私達の結婚記念日。
今年は9年目!

フランスに来てからこの日は毎年南仏で過ごす事が出来ていた
のでヴァカンス中という事もあり、海の近くで開放的な日々の中、
美味しいレストランでゆったりと過ごしてステキな1日を送っていた
のが今年はまるっきり様子が違う。

新しい家族が増えたばかりの我が家。
その日によっても様子が違うのだけれど10日程前から夕方は
なかなか眠ってくれなくなりました。tintinを寝かしつけてから
夕食スタートの私達ですが、なんと22時を過ぎてもグズグズ
してる時があって夕食が23時近くという日が何日かありました。
当然レストランなんてもっての他だし、近くに美味しいお店が
いくつかあるのでテイクアウトも考えたけれど、実際いつ食べれる
か分からないので折角のお料理も台無しになっては困る。
それじゃぁせめて食後のデザートに美味しいガトーなど、、と思って
はみたけれど我が家の近所にいくつかあるきちんとしたパティスリー
はどこも8月いっぱいはヴァカンスをしっかり取っている為望み無し。
ワクチン無しのtintinをつれてガトーの為に遠出とは考えられない
ので仕方なく一番まともなガトーを置いてるパン屋さんへ。

ガトーはもちろん美味しく頂きましたがやっぱりパティスリーには
叶わない。。(パン家さんですから)特にここ最近、出産したてと
いう事もあり美味しい差し入れやお手土産を沢山頂いてちょっと
舌が贅沢になってますし♡

レストランにも行けず、手の込んだ物を作る余裕もなく、折角の
ガトーも期待値が低かった。
そんなわけでちょっとがっかりしていたのですが、luluからは
“9年目も一緒だという事が一番大切なんじゃない?”なんて
言われて気を取り直しました。そうですよね

色々結婚当初を振り返り書きたい思い出話なんかもあるのです
が、来年は10年目。その節目にまた書ければいいなぁなんて
思います。
スタートしたての3人生活でボロボロ、時々ムードの悪い2人では
ありますが、10年目も当たり前のように迎えられることを願って

スポンサーサイト

Canicule / 猛暑

1542 002

この数日、約37℃の日々が続いているパリ。
道路のあちこちからイライラとクラクションが鳴り響き(パリ名物ですが
更に酷い)道端では口論している人達も何度か見たし、スーパーでは
あんなに涼しいのに店員に文句を言ったり順番が待てなくてそ知らぬ
顔で順番抜かしも。(←これもいつもの事か。。)
ガマンの無い人達ですね。。日本の夏を体験してらっしゃい!

殆どの個人宅にはエアコンなど無く扇風機や冷風機さえ無いご家庭
も。暑いとは言え、家の中は涼しいよね、なんて言っているのは実は
私だけだったようで、luluは暑い暑いとバテておりました。体温が
もともと高い人種のうえに、寒さにはめっぽう強いけれど暑さには酷く
弱い・・・私と真逆。

tintinも授乳時には汗をかいて何だかかわいそう。
扇風機は当てないようにと言われたので飾ってあった団扇を持ち出し
て来て静かに授乳しながら扇いでいます。

こんな暑さもどうやら今日までだとか。
頑張って乗り切りましょう!!

初めてのbébéエコ

           1930 006

またまた急に暑くなったパリ。
約37度の1週間。スーパーならともかく小さなお店やレストランなど
エアコンが無いところが多いので大変でしょうね。。
我が家は西日が直接当たらないので窓さえ閉めておけば家の中は
ヒンヤリとしております。クーラーもない一般家庭が殆どなのでどの
アパートも日中対策としてシャッターが閉められています。
そんな中、夜も昼も寝るときはおくるみ使用のtintinはとうとう半袖の
ボディとなりました。すべすべの腕にいつも触れられて嬉しい

さて、出産翌日に小児科医が部屋までtintinの診察に来てくれた
のですが異常がないかを念入りにチェックしてくれます。
手足の指や耳の形、ちょっとした小道具を用いて視覚・聴覚の検査、
筋肉の動きや触診での骨の異常等丁寧に丁寧に見てくれました。
Dr.曰く、右股関節を動かしたときに僅かに違和感を感じるので
1ヵ月後、エコを取りに行くようにと。気にする程の事でもないけれど
出産時にひっぱられて脱臼している可能性も否めないので大事を
取って、との事。心配しなくてもいいと何度も言われたけれどやっぱ
り気になりますよねー。

そんな訳でヴァカンス中で難しかった予約もようやく取れ、この日
乳児・幼児のエコ専門医のところに行ってきました。
まだワクチンも打ってないので基本的に人ごみや公共交通機関の
使用は禁止されていますが助産婦さんに相談したところここなら、
というところへ。家からはバスを使用しドアtoドアで10分。tintinに
もストレスの無いお出かけ圏内。バスも朝夕の混雑時間は避けて
ねと言われていたので昼近くの予約で。

結果、左右どちらの股関節にも異常は見られず健康と断言頂き
ホっとしました。ただ、待合室に居た他の月齢の近そうな赤ちゃん
の中には包帯やギブスをグルグル巻きにされた子も何人か居て
見ていて本当に胸が痛みました。改めてtintinの健康に感謝。

暑い日のお出かけでどうなる事やらと思いましたが、午前中は
思いの外、風もあって日陰を歩くとさわやか
暑い日の用事は午前に済ませて正解ですね!

サイズup

20160823 002

今まで0ヶ月のボディを着せていたのですが、この日、1ヶ月のものに
サイズupしました。
日曜日にお客様があってベランダでアペロをする事になったのだけれ
ども、少し肌寒いのでパジャマ(足まですっぽり覆われてるタイプ)を
着せる事に。
夏生まれのtintin、有り難い事に気候もよくて一日中ボディのみで
過ごしおり、パジャマを着せていたのは病院に居た数日の間だけの
事なので久しぶりの登場!ところが着せてみるとあれ?キツイくて
ボタンが留められない・・・いつの間にか大きくなってたんだ!
そう言えばボディの股部分のボタンも最近きつくてオムツが上手く
つけられてないのかな?なんてとぼけた事を思っておりました

とは言え、ムチムチちゃんではないので体全体としてはきつくは
ないので身長が伸びたんだね~としみじみ嬉しく思ったり、成長の
速さにちょっと寂しくなったり
さっそく翌日からボディは1ヶ月用を。でもまだこちらは大きい様で
腕は随分折り曲げるし脚周りはガブガブ。これも1ヶ月後には
窮屈になってるのかなぁ。

自分の時間

まだまだ新しい家族を迎え入れてバタバタの日々。
出産前の2人だけの時間と同じように過ごす事はかなり難しいのが
現状ですが、少しずつ自分の事も出来るように。

最大は妊娠後期、お腹が苦しくておざなりだった足裏のお手入れ。
これ私の趣味とも言えます
足の爪も丁寧に切って麻酔のため禁止されていたペディキュアも塗り、
これでいつでもサンダルが履けるように!

まだワクチン接種をしてないのでスーパーの様な大きなお店に行った
り、メトロに乗ったりも出来ませんがちょこちょこ近所をお散歩。
2324 003

tintinの為にと近所の庭園などもお散歩しに行きましたがすぐに
寝ちゃって結局私自身の運動とリフレッシュに。

ドラマや映画もまた観始めましたがその中でもオススメはこちら。
やっぱり大好き、コリン・ファース


こちらも大好きサイモン・ペッグ


そして、最近私的評価イマイチのジブリと比べるととってもよかった
アニメ映画


何かと疲れやすく気分も落ち込む事が多い新米ママなので
面白かったり、気分が良くなれる映画を観るとまた少し元気を取り
戻せます!

赤ちゃんの爪切り

フランスでは1ヶ月赤ちゃんの爪は切ってはいけないと言われます。
先日助産婦さんに再度確認したところ、爪とぎで研いでねと。
limes-ongles-bebe.jpg

自分の使ってるものでいいとの事なので試してみると爪が柔らか
過ぎて全然使えない
もうすぐ1ヶ月だしいっか、と思って爪を切る決心!
ハサミタイプのものでトライ!
ciseaux-bebe.jpg

寝ている時に一番やりやすいと言われたけれどおくるみで
包まないと今のところ熟睡してくれないので手が出ているのは
起きてる時だけ。授乳後のぼんやりとしている時を狙ってみよう
にも手を取られると落ち着かなく動かすのでビビリの私は気が気
でなく、一度は断念。
ところがこの日、気付くと自分の顔を引っかいた跡を発見して
心を鬼にして再度トライ。
全身びっしょり汗をかいて何とか終了しました、初爪切り
これで暫くは大丈夫でしょう。。。

妊娠期間中、義姉に赤ちゃんの爪切りタイプについて相談した
ところ、好みの問題だけれどハサミタイプは切りやすいよ、と
言われ未使用の物が余ってるので使ってみてと渡されていた
のが上記のもの。こちらの大人と同じようなタイプのものは
更に緊張しそうですが、どっちが楽なんでしょうねー?
coupe-ongles-bebe.jpg

出産後の2人

1546 006

義両親が我が家にやってきました。
孫の顔も見たいだろうに何だかんだと彼らなりに気を使ってくれてる
様子なのでこちらからお誘いを。

最近日中はよく泣くようになったtinitinに疲れ気味の私達。
そんな孫さえも可愛い義両親。最終的に授乳時間になると泣きやま
なかったけれど、それまでは泣いてもぐずっても上手にあやし余裕の
対応。“赤ちゃんは泣くものよー”なんてね。
さすが経験者!

母親業1ヶ月目の私は泣かれると気が焦ってしまう。助産婦さんに
最近の泣きっぷりの様子を話しても“普通よー”って。

普通と分かっていても精神的な焦りと身体的疲労もあいまってつい
ついluluに対してイライラ。疲れているのはluluも同じ。そんな事が長く
続くとさすがに温厚なluluもムードが悪くなってきてお互いにムードの
悪さを上乗せしていく状態に。
そんな時に数時間でも義両親がずっとtintinを抱っこしてあやし、そし
て可愛い孫に会えた喜びをいっぱいに表現してくれて私も硬くな
った緊張が解けていきました。自然にluluへも優しく接する事が出来
る様に。そうやって少しの時間でも余裕が持てるとまたluluとの関係
も改善され、日々の過ごし方にもゆとりが蘇るのね、と“義両親”とい
う時々面倒な存在に改めて感謝する事が出来ました。

実は出産してから1週間はお互いとっても良いムードで過ごしました。
luluは私に対して、頑張って出産してくれた、これまでの妊娠期間も
よくぞ耐えたという感じで可愛いわが子の存在もあり父親として
夫として出来る限りの事をするという気持を全開に。私に対しても
至れり尽くせりで愛情を注いでくれました。
私もluluに対して感謝の気持いっぱいでした。自分も寝不足で疲れて
いるだろうに毎日病院に来てくれ、役所の手続きに行ったり親戚への
連絡や面倒なお相手を一気に引き受けてくれ私に負担がかからない
ように防波堤となってくれたり、退院までに不足してるものを買い足し
に行ったり家の掃除をしてくれたり。それでも“cocoは疲れているの
だから”と言って全てに気遣ってくれていました。
10年間一緒に居ておざなりになっていたお互いへの尊敬や感謝の
気持を一気に持ち直したかのような穏やかなムードが漂っていました。

それが出産後2週間目ともなれば2人ともぐったり。生活のリズムは
全然掴めないし、“赤ちゃん”という存在に慣れても居ないし理解も
出来ない。私の態度の悪さからも次第にお互いギスギス。
それが今回の義両親の訪問によりまた持ち直す事が出来ました。
今後も私の性格からして子供には当たる事はないのでついついluluに
あたってしまう事になるかもしれない。それは避けたいけれど。。
育自とはよく言ったもので私は自分の器の小ささ、寛容の無さ、忍耐
の無さを出産後改めて感じていますが、もっとゆったりした気持を持た
なければ、と思います。luluとのムードが良ければそれもまた日々の
余裕に繋がるのだから。

2人だけのお気楽な生活が終わり、新しい家族が加わった始まったば
かりの未知の生活。2人で協力し合って新しい関係を築いていける様
に努力も必要ですね。(特に私が)

写真は義両親が手土産に持ってきてくれたガトー。
特別な時に灯すキャンドルを挟んで夕食後に2人でゆったりと頂き、
ひっそりとtintinの誕生1ヶ月を祝いました。
彼らの心遣いに感謝





tintin 0歳0ヶ月

20160811 019

tintinが生まれて丁度1ヶ月が経ちました。
ただただふにゃふにゃの赤ちゃんと思っていたのが3週間目になる
ともう足の力がついてきて、対面で座って抱っこしてると力強くお腹
を蹴られたり、オムツを替える時には自分で踏ん張って伸びたりも
するので台から落ちるのではないかともう目が離せない状態に。

声も随分出るようになって色々なバージョンが。
ただ、可愛い声よりはむしろ不満を訴えるかのような機嫌の悪そう
なものばかりですが

少しずつ手の握る力もついてきて抱っこや授乳中にしっかりと私の
服を握る姿がとっても可愛くて思わずぎゅーっと抱きしめたくなりま
す。

まだまだ脱皮中でおでこの辺りなんかはボロボロと皮がめくれて
可愛そうになりますが、助産婦さん曰く、体に塗っていた赤ちゃん用
のコールドクリームでも塗ってあげたくなるところだけれど赤ちゃん
ニキビに繋がるので何も塗らないで放置しててね、と。
言われたとおりグッとこらえております。

2500gと小さく生まれたtintinも順調に体重を増やし先日測りに行った
時は3400gにまでに成長!休み休み飲んでいた母乳も15分ぐらい続け
て飲んでくれるようになりました。初めはtintinも私もへたくそだった
けれど、今は2人とも随分と上手に母乳と付き合えるようになりました。

色々心配もしていたけれど、健康に生まれてくれて、頑張っていっぱい
飲んでくれて、危惧するような病気も肌荒れも今のところなく、毎日どん
どん大きくなるtintin。このまま健康で居てくれる事だけで嬉しいと思う
日々です。

上の写真は私の大好きなカット。
授乳中、ずっとこんな角度で見つめています。柔らかな耳や小さな肩を
そっと撫でる度に邪魔するなとばかりに不満の声を漏らされますが

退院時の処方箋-maman編

退院時、母親向けに処方される薬です。
(写真はネットより拝借)

まず出産時に母乳で育てるか、ミルクで育てるかを聞かれますが
ミルクと答えると母乳を止める薬も処方されるそうです。
(仏における母乳育児の話はまたいずれ)
私は母乳育児を目指すので処方されていない為、不確かな情報です
が。。。

鉄剤
出産後の鉄不足を補う為、1ヶ月間摂取します。
7694bbcec07d56d18035d2d546b7bff270ed1a67.jpg

膣用の薬
付属のスティックに薬を入れて自分で注入します。
退院後(出産4日後)より1週間使用。膣内の回復を助ける目的で
すが余った分は出産後の性交渉をスムーズにする為の潤滑油的
役割にも使用できますと処方箋に記載されてました。
さすがフランスと思ってしまったのは私だけでしょうか。。
mucogyne.png

避妊薬(ピル)
出産後3週間目より使用開始をし、3ヶ月間使用。
こちらは通常のピルとは違って女性側のホルモンに働きかえるの
ではなく、精子を受け付けない役割があるそうです。
3ヶ月後からは自身の通常使用しているピルを使用してくださいと
の事。
0e258a_daf137de75764bf79193422e3cd40152.jpg

やっぱりフランスって男女としての関係ありきで話が進み、それは
夫婦として当たり前の事なのだなぁと思ってしまいました。
出産後の体に対してそういうサポートをしっかりするのもまた産院
としての役割なんでしょうね。






退院時の処方箋-bébé編

退院する際に自宅で使用する薬を処方されます。
赤ちゃんには以下の通り。(ネットよりお写真拝借)

ビタミンADEC
こちらは1歳半まで毎日摂取が必要になります。
特に北フランスは日射量が少ないのでDは必須です。
org-10317-uvesterol-adec.jpg

ビタミンK
血液凝固作用のある栄養素だけれど、体内では作る事が出来ず
完全栄養といわれる母乳にはKが含まれない為これは必要に
なるとの事。こちらは病気予防の為に1ヶ月間週に1度摂取します。
vit-k1-roche-13-2mg0,2ml-s-injbu-2

消毒スプレー
へその緒が取れるまで毎日こまめに消毒します。取れた後も
暫くはこれでお掃除。
biseptine-spray-100ml.jpg

滅菌ガーゼ
上記の消毒スプレーを使用の際はこちらを使用。
目のお掃除にも使いますがコットンのように繊維が肌についたり
目に入る心配がないのでとっても安心です。
urgo-compresses-steriles-10x10-z.jpg

赤ちゃん用はこれでおしまい。
これらの購入にもお支払いは発生しません。
因みにluluが近所のファーマシーにこれらを取りに行ったところ、
“生まれたのねー!”とみんな拍手喝采で喜んでくれたとの事です。
以前伝えていた名前も覚えていてくれたのだとか。
沢山のお客さんを抱える中、なんと嬉しく有り難い事!!



 | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム