パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

離乳食初期-D16

2123 001

今年最後の離乳食
冷凍されてるものを早めに使っていきたいので代わり映えしませんが・・

10倍粥 小さじ5
ポティロンのピュレ 小さじ2
ほうれん草のピュレ 小さじ2

どれもすっかり食べなれて今では大きな口をあけてくれますが、
ポティロンが少し水っぽい様でもう少し硬めにしたほうがいい
かなぁという反省点。
スポンサーサイト

正直な人との会話

2311 001

最近、朝夕と濃霧に包まれる事が多いですね。
珍しい景色で雪とは違いちょっと幻想的で実は好きです。
そんな昨日の最高気温は0℃だったらしいですよ

ノエルの前の出来事になりますが、遠方よりお友達が遊びに来てくれ
ました。日本で知り合ったフランス人女性。妊娠を期にフランスに夫婦
揃って帰国。出産後は8ヶ月後にヌヌさんを見つけて仕事を始めました。

そんな彼女の言葉。
8ヶ月も赤ちゃんと毎日一緒で辛かった。夫の帰りが遅いので一日中
大人との会話がなく退屈で退屈で仕事が始ると分かった時本当に
嬉しかった。

私はいつも、この彼女の正直な物言いが好きです。
仏人女性なら当たり前の発言かもしれない。3.4ヶ月で職場に復帰
する頃には良かった良かったと言う声を何度か聞いた事があります。

今時はもう違うかもしれませんが、日本で親世代にこんな事を言うと
ちょっと非難めいた事を言われそうですね。特に男性からは。

こんな発言をする位だから、彼女とは色んな話を包み隠さずする事
が出来ます。何かと“タブー”が存在するフランスですが彼女の会話
にそれはないし、夫の仕事都合とは言えそれまで興味もなかった日本
にやってきて言葉を習得し、思いっきり日本文化な会社に就職もし、
色眼鏡なしで日本人や日本の様を見てきた彼女は私の物の見方も
偏見なしに聞き、アドバイスもくれる。更に今となっては子育ての先輩
な彼女からは今までと違った話も聞けます。

こんな人との会話は時間を忘れてしまうものです。
残念ながらしっかり時間通りの授乳があるのでそうもいきませんで
したがそれでも楽しい時間でした。

まだまだ小さいtintinとこんな寒い季節。なかなか遠出出来ない私達
のために、色んな方が家まで遊びに来てくれるのは本当にありがたい
事でです。ついでに家を片付けなくちゃ、という気持にもなるし


離乳食初期-D15

2311 006

10倍粥 小さじ5
ポティロンのピュレ 小さじ2
ほうれん草のピュレ 小さじ1

おやつタイムに(写真は以前の使いまわし)
28 004

りんごのコンポート 大さじ2

以前途中から完全拒否されたポティロンに再度挑戦。
なんと勢い良く食べてくれました。そしてどうやら野菜が苦手そう
だったのでこれはどうかしら。。と思ったほうれん草!なんとこんな
ものを嬉しそうに食べてました。赤ちゃんの味覚って不思議・・・
私が妊娠中よく食べてたからかしら?!

そしておやつタイムのコンポート。こちらも量を増やしてみたら
早く頂戴、頂戴と催促するぐらい元気よく食べてくれました。

こういう時は作った甲斐があるわーと思えます

ちょっとした悩みなのですが、、コンポートは違ったけれど、食事タイム
は最後の方飽きちゃうのか数口残して泣いちゃったので先に授乳を
して、その後試したところ残りの数口を完食してくれました。
私の食べさせ方はまずはほうれん草、そしてポティロンと1つずつ終了
させて最後にお粥さんをあげいているのですが、いわゆる△食べを
させた方がいいのかしら???

乳歯

2227 007

ピカピカお天気の日。Dr.との予約が入っていたのでお出かけして
きました。こんなに気持のいい日だなんてラッキーだわぁと思って
何気なく外出すると、極寒!!
もう一枚着るべきでした。ただでさえ弱っているのに・・・
なんと午後からの一番気温の高い時間だったにもかかわらず、
2℃でした
1月からのフランスはぐっと冷え込むのでこれから要注意ですね。

さて、我が家の小さな喜ばしいニュース。
26日、tintinに小さな歯が2本生えてきている事が確認出来ました。

22日・23日とノエルを義両親宅で過ごして帰宅した後、ずいぶんと
ぐずぐずが続くので、ずっとみんなに抱っこされてたからかな、とか
実は人が多い環境はストレスだったから疲れたのかな?とか色々
考えていたのですがluluが歯が生えてくるのかなぁの一言にちょっと
触って確認。表面に石のようにザラっとしたものを感じるけれどまだ
見えはしないし、義兄曰く歯が生える直前は歯茎が真っ白になる
そうなのだけれど特に真っ白というわけでも。。。
そんな翌日ニョキっと表面に顔を出した1本の下前歯。そのお隣に
もかすかに見えているので2本ほぼ同時かと。

予定通り離乳食も進まなかったし、そろそろ哺乳瓶で粉ミルクを
試そうと思っていたけれどそれも下痢が続いている為見送って
いたけれど、少しずつこちらも状況を変えていってあげないとねぇ
と思いますが、まぁ焦らず。

何はともあれ何だかくすぐったい気持。
本人は辛いんだろうけれど、頑張れtintin!

苦痛の時

SAM_1179_7.jpg

遅ればせながらノエルの事など。。。

皆様、楽しいノエルを過ごされたでしょうか?
私は毎年恒例、luluの親族が集まっての宴に22日の夜に参加して
きました。行く前から実はちょっと憂鬱だった今回。
赤ちゃんを連れて北の郊外の家。まぁ石造りの家と言うのは寒いもの
で。。しかも寒さにはめっぽう強い義両親。小さい子が集まるので気を
使ってはくれるものの、まだ寒い!その上今年は風邪っぴきやガストロ
そしてそれらの病み上がりがうようよ。健康体の方が少ないので元気な
私達はヒヤヒヤ。

大して夜更かしもせず宴も終了し楽しく過ごせたのですが、翌日から
tintinが下痢続きでした。。。顔色も悪くないし、おっぱいもしっかり欲し
がるので元気なんだろうと様子見。その後、自宅に戻るとどうも調子が
悪そうで甘え泣きが酷いのだけれど、疲れていたのか普段どおりぐっす
りと寝てくれました。
そこで今度は私。明け方に気分が悪く目が覚めてトイレへ駆け込み
嘔吐を繰り返して朝を迎えました。これが噂のガストロか?!と思うも
戻したのはそれっきりなので胃が疲労したのか、気疲れしたのか
いづれにせよ何度も戻したために胃はキリキリと痛み寝起きは酷く胃も
たれが続くのでとうとう胃薬を購入。何とか効いてる、という程度によく
なりました。
luluはと言えばもともと風邪のひきかけだったのでそのまま進行して
山場を越えて、という具合。

24日に近所に住む義兄ファミリーよりお招き頂いてまた宴が。。
あの日元気だった義姉が青ざめた顔をしていたので話を聞くと、
全く私と同じ症状。やっぱり風邪の一種なのかしら?
後日聞くと元気だった義父もダウンしたそうな。。
この時期、人が集まる時は要注意なフランスです。
それでも避けては通れないノエルなのでありますが、子供達は
山のようにプレゼントをもらって大満足。
まだ何もわからないtintinにもプレゼントが山の様に!
サンタさん、ありがとうございます



離乳食初期-D14

29 005

10倍粥 小さじ5
人参のピュレ 小さじ2
29 006

おやつタイムには
リンゴのコンポート 大さじ1

昨日の事があったのでビクビクで少なめにしてみましたが、心配とは
裏腹にどちらも元気に食べてくれました。
よかったー

離乳食初期-D13

28 003

10倍粥 小さじ5
人参のピュレ 小さじ4

28 004
おやつタイムには
リンゴのコンポート 大さじ2

2回食になりました。
前日にPMIに行って助産婦さんと話していたところ、tintinは体重増加
が非常に緩やかなのでもっと離乳食を食べた方がいいと言われ、
更にはおやつも初めてくださいとの助言。
早速定番のリンゴのコンポートから。

使用リンゴは写真をとり忘れたので今度ご紹介しますね。

結果から言うと、この日は撃沈。
こんなにがっかり感を味わったのは初。
人参は全然食べないし、あんなにいつも喜んで食べるご飯もベー
と半分ぐらいから出してしまうように。 無理強いしても意味がない
のでこの日はささっと終了して授乳。

あんな事があったお昼ご飯、きっと初めてのコンポートは喜んで
食べてくれるだろうと思いきや思いっきり拒否
殆ど食べてくれなかったので自分でヨーグルトに混ぜて食べちゃい
ました。
悲しかったな。。。。

離乳食初期-D12

27 001


10倍粥 小さじ5
ポティロンのピュレ 小さじ1

野菜復活です!
まずはポティロンピュレから。

甘い野菜なので喜んで食べてくれるかと思いきや・・・
人参以上に厳しい顔をして口に入れるもベーと出してしまいました。
3口程試したあとはもう口も開けてくれなくなり断念。

その後は大きなお口でお粥さんを食べていたので食欲がないわけ
ではなさそう。。やはりポティロンが嫌い?! 
また数日後に試してみようと思います。

離乳食初期-D11

本日も写真無しです

10倍粥 小さじ4

昨日に引き続き野菜はお休み。
今日も元気に小さなお口が大きく開きます♡

離乳食初期-D10

本日は写真無しです。

10倍粥 小さじ4

tintin、お腹の調子が悪かったので2日間離乳食をお休みしました。
更に、野菜も休憩し、今日はお粥さんのみでです。
体調不良ですが元気に食べてくれた事が嬉しい♪

 | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム