パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

離乳食初期-D47

2220 002

お昼ごはんに
10倍粥 30g
さつまいも・人参・玉葱・ブロッコリのピュレ 70g
+亜麻仁油・粉ミルク 小さじ1
白レンズ豆のピュレ 30g
ヨーグルト 70g

おやつタイムに
リンゴと洋ナシのコンポート 50g
+粉ミルク 小さじ1
プルーンのコンポート 10g
ヨーグルト 125g

luluが体調不良で家に居たので2度目を試そうと思っていた昨日の
白身魚はお預け。(煮てる間の魚臭が嫌かなぁと思って)
それで今日の初食材はレンズ豆。
毎度のごとく1口目は微妙そうな顔をしたのでドキドキしましたが
結局気に入って大きな口を開けて催促。あっと言う間の完食でした。

スポンサーサイト

La constipation / 便秘

色々とありますが、ご飯は元気にもりもりと食べてくれるtintin。

タイトルの通りの内容です。
興味のある方、今読める状態の方だけお進みくださいませ。

↓ ↓

続きを読む »

離乳食初期-D46

2125 001

お昼ごはんに
10倍粥 30g
さつまいも・人参・玉葱・ブロッコリのピュレ 70g
+亜麻仁油・粉ミルク 小さじ1
Merlan(小鱈)のすり身 20g
ヨーグルト 125g

おやつタイムに
リンゴと洋ナシのコンポート 50g
+粉ミルク 小さじ1
プルーンのコンポート 10g
ヨーグルト 125g

本日の初めて素材は鱈系の白身魚をすりつぶした物。煮汁を加えて
滑らかにしたつもりがスプーンですくうとぼそぼそした感じに。
案の定、ちょっと食べにくそうにしていたのでお粥さんと混ぜてあげる
とスピード要求されました。 味は大丈夫そうですね^^;

お魚屋さんで赤ちゃんに最初に与える魚としてどれがいいかなと相談
した結果ですがくれぐれも骨には気をつけてねと注意をされました。
フィレを買ったので大丈夫だろうと思っていましたが端っこに数本小骨
を発見。丁寧に取り除きましたが、小さい子に魚をあげるときはドキドキ
しますね。

初めてのお魚デビュー。嫌いじゃなくてよかった






relaxant / リラックスさせてくれる

週末に近所に住む義兄の家で家族の集まりがありました。
姪っ子の1歳のお誕生日会。お誕生日は先週だったのですがみんなの
都合が合わず私達だけ参加してきたのでこの日は2回目の“お誕生日会”
産気づいて病院に入ったよと連絡があったその日の事をまだ鮮明に覚え
ています。時が経つのは早いですね、本当に!!

さてお願いしてあったものがあるので少し早く義両親が到着し我が家に
立ち寄って届けてくれたので暫しのアペロタイムを楽しみましたが
その間、毎度の事ではありますが義両親がtintinの取り合い。
こんなに可愛がってもらって本当に幸せ者

luluが“お母さんがtintin抱っこしてる時はリラックスした顔してるね”
と後ほど言っていて、そうだった?なんて思っていたら、今日義母
からメールが来て“tintinは本当に私をリラックスさせてくれる”
と書いてありました。 さすが息子よ!!よく母を分かっているっと
驚きました。

孫の存在というものはどの国でも同じだろうけれど、義両親の
可愛がり方ときたらもうハンパないほど。
初めはこちらの都合も考えずしょっちゅうやって来てはイライラと
したものですが私の体調が落ち着き、授乳間隔も十分ある今と
なっては無条件で可愛がってくれる彼らの存在が本当にありが
たいと思います。
よその国から来た意思疎通も不自由な嫁に加え、アジア人の
顔を持つ孫。自分の娘(息子のみですが)から生まれた孫なら
まだ分かるのですが自分とは似ても似つかないよその女から
生まれた子をこんなにも可愛がってくれるのだと思うと本当に
嬉しく思います。

またそんなtintinが彼らをリラックスさせてあげてるかと思うと
それもまた嬉しく思います。

これから成長するにしたがって彼らが良い関係を築いていけます様に
と願うばかりです。

離乳食初期-D45

前日と全く同じなので写真はなしです。

お昼ごはんに
10倍粥 20g 
ポティロン+人参+ブロッコリ+インゲン+玉葱+鶏肉のピュレ 100g
+亜麻仁油+粉ミルク小さじ1程
ヨーグルト 100g

おやつタイムに
リンゴと洋ナシのコンポート 50g
+粉ミルク 小さじ1
プルーンのコンポート 20g

今日もまたluluに集中して口が全然動かないのでとうとうluluは
食事中別の部屋に行く事に。 いつも家で2人だけというわけでは
ないのだからどんな状況でもちゃんと食べてくれるようになってく
れるといいのだけれど、今はまだ難しいのかな?

今日もご機嫌で食べてくれたのは嬉しいのですが、パパに
“僕はいつもこんなですよー”のアピールでもしてるのでしょうか

今日は反り返って泣いちゃってさー、などと話してる私はまるで
誇張してるかのようで。。。


離乳食初期-D44

1119 001

おやつにどんなもの食べてるの?と聞かれたので今日はおやつタイム
の写真です。

お昼ごはんに
10倍粥 20g 
ポティロン+人参+ブロッコリ+インゲン+玉葱+鶏肉のピュレ 100g
+亜麻仁油+粉ミルク小さじ1程
さつまいも(la patate douce) 30g
ヨーグルト 100g

おやつタイムに
リンゴと洋ナシのコンポート 50g
+粉ミルク 小さじ1
プルーンのコンポート

食べたものは前日とまったく同じ。
luluが家に居る昼食時は食べる事にあまり集中出来ない様でパパ
の方を眺めたりウーウーと話しかけたりして中断が多いので食べる
のにいつも以上に時間がかかります。
上記の量で4.50分かかってるのが長すぎると義母から指摘。
そうですか??と思うもののtintinは時々自分の世界に行ってしまう
ので途中休憩してしまうのですが(せいぜい30秒程だけれど)まだ
まだ一口も小さいし大きく入れて口の周りに溢れるだけなのでお上品
サイズで食べさせてます。忙しくしてるわけでもないしおもちゃで遊び
ながらでもないからいいかな、と私は思ってます。

春よこい

2347 052

1℃にも満たない日が暫く続いた後でイキナリ10℃近くも気温が上昇
したこの日。ピカピカ天気ではなかったものの喜んで外出しました。

今までかなり寒い日でもちょっとくらいは、とtintinを連れてお散歩に
出ていましたがさすがにマイナスの世界は良くないかなと思っていた
し、私自身もそんな気分になれなかったので用事と言えば歩いて数秒
程のところにあるスーパーへ出かけるかこれまた近所のマルシェに
週1回通うのが精一杯の遠出でした。

気温が上がると皆さん考える事は同じでカフェのテラス席には人が
増えるし(とは言え寒いんですよ)、私が歩いた運河沿いにも沢山の
人が散歩していました。

そして、、お天気のいい日は上の写真の方々もよく運河沿いを“散歩”
しています。銃口は下を向いているとは言え、しっかり構えたライフル銃
が物々しい。以前からも大きな駅などはこのようにチームを組んで巡回
してますが、テロ行為があった直後はぐっと増えて至る所で見かけます。
とは言え一時期に比べ気が緩んでいるのか携帯で友人と話ながらだっ
たりこの姿のままタバコ屋さんで買い物してたり。お仲間が入り口で待
っている姿はまるで厳重体制のお店の様でドキっとします。

北陸育ちの私はこんな空にも慣れっこですがやはり気温の低さには厳し
さを感じるフランスでございます。その季節季節で喜ばしい事はあるもの
のやっぱり木々や花々が輝きだす季節が待ち遠しいですね。

離乳食初期-D43

2347 044

お昼ごはんに
10倍粥 20g 
ポティロン+人参+ブロッコリ+インゲン+玉葱+鶏肉のピュレ 70g
+亜麻仁油+粉ミルク小さじ1程
さつまいも(la patate douce) 30g
ヨーグルト 100g

おやつタイムに
リンゴと洋ナシのコンポート 50g
+粉ミルク 小さじ1
プルーンのコンポート 10g
ヨーグルト 125g

昨日とは打って変わって昼食もおやつも早くくれと催促されながらの
楽しい時間でした。
今日の初めて食材はさつまいも。
茹でるとすり鉢も必要ないほどあっと言う間に崩れました。
これだけでいいと思っていたのですが、煮汁を加えて少し緩くして
あげたほうがよかったかなぁと改善予定。今日のものは栗金時ぐらい
だったので飲み込みにくそうでした
とは言え、八百屋のオジサンが言うとおり、勢い良く口を開けていま
した。味見した私も甘いと思うぐらいおいしかったです

同じでなくていい

2311 007

仏人のお友達からtinitnに、と小さな子供向けの本を頂きました。
日本語だと“赤いマル”でしょうかね。

ニュートラルな友人が選んでくれた彼女らしい贈り物。

“マル”の紹介をするのだけれど同じ赤のマルとは言え、赤色が
薄かったり、濃かったり、マルはマルでも四角に近かったり楕円
だったり。そんなマルが集まってこの世界は出来ているという
内容です。

多様な人種、多様な文化のフランスではありますがそれは表向き
な表現であり、まだまだ閉鎖的であったり、凝り固まった考えの人も
多いのが現実。 日本に比べればそれはそれは寛容ではありますが
同じヨーロッパでも、もっと開けた国や都市もある中で(多分)まだまだ
閉鎖的だなと思う事も時々あります。

tintinが大きくなる頃、この国がどうなっているかわからないし、
間違いなく人種はもっと入り乱れる事となると思いますが、アジア人の
顔をもった小さなこの子が心を痛めることがないような社会であって欲し
いと思います。

これはナンパなのか?!

ちょっと今日不思議な事があって・・・
仏にお住まいの日本女性なら、アジ専と思われる男性から声をかけら
れる事ってありますよねぇ。

私もボケーっとガード緩く歩いてる事が多いのでこれはいけると思われる
のか不気味な人から声がかかる事がちょいちょいありますが、今日のは
ちょっと真意を問いたくなるのです。

それは・・・
いつもの通り抱っこ紐でtintinを伴って近所のスーパーへ。
杖を突いてステキな帽子と仕立ての良いコートを着た私よりちょっと大きい
白人のおじいさんがtintinを見てなんて可愛いと声をかけてくださりました。
上記の装いだけでもこの辺ではちょっと珍しく上品な方。 赤ちゃんを可愛
がられるのはもう日常茶飯事なので足を止めてちょっとお喋り。
そのうち、なんて若いママなんだなんて言うものですから40も越えてお
りますぜといらぬ事を言ってしまったのか、これから家にコーヒーでも飲
みに来ませんか?と。
“は?!”
これからは買い物がありますので・・・と答えるとその後でも、と食い下がる。
これはなんかちょっと・・と思いお断りすると明日ではどうですかと。明日は
明日でこれこれ用事がありまして無理ですねとお返事するも、ではいつな
らいいかと笑顔でしつこい。
だんだん気持ちが悪くなってきたものの真意はわからず、なんせおじいさん
ですから丁重に笑顔でそれは有り得ない話でございます、と別れて来ました。

おじいちゃん、何用だったんでしょうか?これナンパだと思いますか?
それとも単にお話相手が欲しかったのか。。。じいちゃんと言えどヨボヨボ
ではなくしゃんとしているしたっぷりの笑顔で一見優しそうに見えますが
一度怪しいと思うとその笑顔さえもいやらしく感じて最後はキモイとまで
思ってしまいました。(←失礼)

赤子連れですよ、、

 | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム