パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

お醤油とご飯

DSC07580.jpg

びっくりする程にイキナリ気温がグングンと上がって30度近くにもなった
この2日間。急遽近所に住む義兄カップルを呼んでベランダアペロを
楽しみました。冬は曇り空が好きですが、やっぱりもう5月ともなれば
ピカピカ太陽を楽しみたいものですねぇ。

さて、先日行ったレストランで色々面白そうなものがあり、試したい物
だらけだったのですがランチという事で軽めのお皿をチョイス。
2層に別れていたのですが下の層はピュレにしたアボカド。
上の層はサーモンタルタル、マンゴ、紫玉葱の千切りなどが入って
いてとっても美味しい1品でした。特にサーモンは素材命!生はあまり
外では食べたくないのですがこちらのお店は色々素材にこだわっている
ところなので安心して頂きました。

ところが、、、半分も食べないうちに他のものにしたほうが良かったかなぁ
と少し後悔。なぜならこちらはメインとして頼んだので量がハンパない。
そもそも生魚なんてどっさり量を食べるほど大好きというわけでもないし
途中で食べ飽きてしまいました。
そしてもうひとつ残念な事は。。。
ソースがレモンベースのソースだという事。そして添えられたのはパン。
フランスのお店では当たり前ですよね^^;でも私は途中から思ったのです。
“これ、わさび醤油とほかほかのご飯がついていれば最高なのに”と。

食べ終わる前に私の味覚はすっかり日本人だと確信したのでした。
あぁ、この1/3量を上記の様に食べられてたら幸せだなぁ~。

ランチの間中、tintinはとってもおりこうさんで、ベビーカーの中で機嫌よく
遊んでくれていました。食後のコーヒーの時にluluが抱き上げて少し一緒
に遊んでいるとお店のマダムがお会計サービスしとくからこの子暫く置いて
いく?と聞いて来たくらい。
なかなか子連れでランチというのも大変ですし、静かにしていて欲しい
なんて大人の都合ではありますが、こうしていてくれるとまたお出かけ
しようかなぁと思えます。いつもそうとは限らないのも忘れずに




スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム