FC2ブログ

パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

やっと冬時間

DSC08588.jpg

ちょっと前の暖かい日が続いた時の写真。
ジャケット無しが既に懐かしい・・・

公園に毎日行っていますがまだまだ遊具で遊ぶには小さすぎてあちこち
歩く事が楽しいtintinですが、ここは大きな公園で0歳児から遊ぶ事が出来
るこんな楽しい遊びがあり、いつもとは違った遊びが出来てうれしそう。
空気が入ってボヨンボヨンのトランポリン状態。ところがこの日なぜかtintinを
追い掛け回す男の子に遭遇。tintinは必死に逃げ回るという傍から見ると楽
しそうな具合なんですが本人どうだったでしょうか??

さて、この日曜にやっと冬時間になり時計の針を1時間戻しました。
日本との時差は8時間です。
朝は天気の悪い時なら9時ごろまで暗い日もありましたが今朝は7時
からもう明るい。とは言え電気も必要。それでも真っ暗な中ゴソゴソ
するよりは少し気分がいいものですね。

たった1時間違っただけでも人間の体はそんなに単純ではなくしっかり
睡眠もとったはずなのになんだかだるい午後。
うっかり私も昼寝しそうになりました。
ましてやまだまだリズムの難しいtintin。
夜は食後も元気に動き回っていましたが子守唄を歌った途端コテっと
眠りに落ちてしまいました。
流石に疲れているとは言え仕事をしているluluはしゃっきりしています
が私は数日こんな様子が続きそうです。
しっかりしなくては!


スポンサーサイト



嫁の複雑な思い

DSC08627.jpg

最近tintinの白米消費量が半端ないので減りが早い早い。
luluと2人なら玄米・タイ米・白米・ポテト・パスタ・パンと色々と主菜に
合うものをその都度変えていたのでこんなに減る事もなかったのですが。
私の好みの白米はBIO COOPにしかなく、近所にはBioC'bonやNaturalia
もあるのに白米を求めて遠出しなければならないで最近はまとめて購入。
大通りを通ると時短にはなりますが気持ちのよい日を狙ってステキな散歩道
を通って出かけるようにしています。
これから寒くなるともしかしてメトロ利用になるかもしれませんが。

さて、先週の日曜は義両親がやってきました。
目的はもちろんtintin。
その前の週末にお断りしたら捨て台詞を吐いて旅行に行ったのにもう
そんな事も忘れての登場。
そしてその2日後、午前に義母が電話してきた。
午後から用事があってそちらの方に行くからお昼にcocoとtintinに会いに
行ってもいい?って。いやいや、tintinに会いに来るんでしょとつっこみたい
ところですが
もちろんどうぞとお返事。嬉しそうにいそいそとやってきました。
ふぅ、と思うこともありますが彼らにとっては可愛い可愛い孫なのですよ。
義兄の孫達にはちょっと会いたいと言いにくいので(嫁姑問題)有難い
ことにtintinにご執心。
以前もちらりと書いたかもしれませんが私はこの気持を本当に大切に
してあげたいと思っています。

遠く日本に住む私の両親も孫に会いたい気持ちは同じでしょう。
私の親ですから好き勝手言えそうなもんですがちょっと切ない言葉
をほのめかす以外は会いたい会いたいなんて言ってくる事はありません。
もちろん、物理的に簡単ではありませんし。

以前日仏カップルの方がこんな事を言っていました。
“自分の親にもしょっちゅう会わせてあげることが出来ないのだから
夫の両親ばかり会っていて不公平だから会わせたくない”

気持ちが分からないでもない。と言うよりすごぉぉく分かる!
自分の大切な両親に自分の可愛い子供の成長を頻繁に見せてあげる
ことも出来ないのに腹に一物ある義両親がしょっちゅうやってくるのだ
から

だからと言って会わせないなんて事は私には出来ません。
私自身がどう思おうと、tintinにとっては大切な祖父母になるでしょう。
今のうちに彼らとの絆をしっかり繋ぐお手伝いをするのも私の役目
だろうと思うからです。仮に離婚なんて事になれば私は赤の他人ですが
tintinにとっては永遠に家族。そしてこれからの仏生活には欠かせない
存在になる事でしょう。

そんなわけで1人でプリプリ腹を立てることがあろうとも、この先私の
この気持ちは変わることがないだろうと思います。
私自身もお世話になっていることもありますし。

そして近日訪れるX-dayの様なこともあるだろうから。
その話はまた後日。







神様ではない

DSC08547.jpg

少し前に店員さんに土下座させて写真を撮って・・なんてビックリ仰天な
ニュースを何度か見たけれどフランスではそれはなさそうですね。
お金を支払う側もそれを受け取る側も両方があって成り立つわけですし
何より上下関係などありえない。ましてや昨今仕事が見つからず“好きで
この仕事やってるわけじゃないのよ”感を平気でアピールしてくる人もいる
位ですし。

もちろんとっても感じの良い働き手さんも居ますが反対に愛想なし、サービス
なし、気に入らなきゃ他所へ行ってくれて結構という方もそれなりに

まぁそんなに露骨でなくても私には私の仕事があるからそれを済ませる
だけよ、というのが一般的ではないでしょうか。特にパリ。
だってヴァカンスで訪れるモンペリの働き手さん、みんな笑顔で愛想よし!

スーパーでは商品を並べている最中なら私がそのあたりのものを欲しくて
もカートをドーンと置いてせっせと並べてるなんてよくある事。
日本だったら、申し訳ありません、とせっせと退散する事でしょう。

でもそのくらいで丁度いいなと思うフランス生活。
たまに“もっとプロ意識持ってよ”と言いたくなる人もいるけれどただでさえ
ストレス満載なこの社会でこれ以上せかせかぺこぺこする必要なんてない
よね、と思える。ただそれが気に入らないと思えば二度とそこへは行かない
までの事。それでも平気と言う人もいれば、気に入らない人も。感じ方も皆
違いますものね。

上の写真。
先日紅茶を買いに近所へ。
スタッフが1人しかいないのにずっと電話中。
私、もう買うものが決まっていてレジ前で随分待っているのに。
tintinも飽きてぐずぐずしだした。
その方が何やら待たされている時になってやっと、“レジのシステムに問題
があって現金が使えないのよー”と。あぁ、私カードで払うつもりなのだけれ
どと言っても待っててねとまた随分と待たされました。
無事会計を済ませても最後まで“すみません”の一言もなかった。
これは2度と行かない系です
そもそも緊急事態で行っただけのところだったので。

太陽を楽しむ

DSC08573.jpg

愚痴り記事にも少し書きましたが、最高にお天気な週末。家族3人で
ピクニックしようと思っていたらまた邪魔が入った。
土曜に天気が良かったのでうちのバルコンでアペロしようと近所に住む
義従兄弟ファミリーが乗り込んで来た。
最近子供に手を焼いてるこのカップルは2人だけでは気が滅入るため
よく我が家を巻き込む。(とは意地悪な私の言い分)

明日はピクニックだよ、と言うとそれなら一緒にしようと。。
なんて話になったのだけれどアレよアレよと結局レストランのテラスに行く
事に。この家、外食大好きなのです。我が家は強く主張する2人ではない
ので結局そういう事に。

外食はそれはそれで楽しいのですがピクニックの開放感とはまた別物
ですよね。。外なのに半袖で、しかも食後にソルベをオーダーするあたり
この日の気温の高さが特別だったのを写真を見て思い出しました。
(たしか25度)

やっと解散して用事があったのでピクニックしようと思っていた場所を
通り抜けて目的地へ。
DSC08575.jpg

この芋洗い状態。レストランでよかったかもしれない、と思いました。
この人の近さはストレスだろう。

太陽が大好きなパリ人。ここぞとばかり水着や下着、裸になって日光浴。

暗くて寒い冬までの残された太陽をしっかりと私も浴びてきました。

そしてなかなか家族3人で過ごす事は難しい現状。
近所に義家族が居てくれる事が心強い事も多いのですがねぇ。


初めてのおはなし会

DSC08600.jpg

天気が良い日の秋の空は本当に気持ちがよく、取り分け夕焼けは染み
ますね。tintinにも“雨が降ってきたよ”とか“空が真っ赤で綺麗だね”
“お月様が見えると”なんて話をすると空を見上げます。
こういう事を共感できるのはなんだか嬉しい。luluは“あぁそうね”って
程度の返事なので

近所の図書館でお話会が催されているのは知っていたのですがそれが
土曜の午前で。 バカンスまでは午前中と言えばまだ午前のお昼寝も
していたし、週末は何かとダラダラして午前に出かけるのが億劫だったり
もしましたが、午前に公園に行くリズムが出来てから行動しやすくなった
ので今回初めて参加してきました。

0歳から3歳までのお部屋へ。
顔見知りの司書さんが趣旨を色々説明してくださりました。
部屋の中は4パートに別れており、お話をする場所、新たに図書館に入った
本を紹介するところ(気に入ればその場で借りれます)、そして知育的な玩具
を置いた箇所が2箇所。

私達が到着した時はまだ始っていなかったので遊ぶスペースへ行って見ると
今まで触れたことはないけれど、私も気になっている玩具があったのでそれで
遊んでみる事に。ちょっと趣旨とは違う遊び方になってしまいましたがtintinは
夢中で遊び始めたのでこういうの好きなのねぇという発見。

結局遊びの途中でお話が始ってしまいそのまま遊び続行。
とは言えお話のところに集まっているのはもうちょっと大きな子供達でした。

色々な子供達が加わってくるのでその様子を見るのもまた楽しかったり勉強
になったり。直ぐに人のものを取りに来る子、みんなで順番にそして共同で
遊ぶのだという事が出来ない子、1人で乱暴を働いてはしっぺ返しが来て泣き
暴れる子。。。人懐っこく大人や他の子供にどんどん近づいていく子や目が
合うととろけそうな笑顔を見せてくれる子。
子供って本当に色々ね、と思ってしまいます。

tintinはと言うと、我関せずで一心不乱に黙々作業1人で続ける子。
奪い取られてもじっとそちらを見つめてなぜとっていったのかと不思議そうに
観察。そのこのお母さんが返してくれたり、私が他のところから持ってきたり
してまた作業開始。他の子供と交わらない子独特な感じですね。もうちょっと
同じ月齢の子と交わる機会を持たなければ思います。

結局“おはなし会”としての参加はまだ早いかなと思いますが定期的に催され
ているので家や2人きりでは知り得ないtintinの行動や周りの子の様子を見たり
とそれなりに楽しめたのでまた参加したいと思います。

tintin 1歳2ヶ月

DSC08543.jpg

ここ最近、寝相が自由すぎるtintinです。

1.2日鼻をたらしていた事もあったtintinですがいつも元気です。
そんなtintin、1歳3ヶ月を迎えました。
フランスでは15ヶ月、と言うので時々聞かれたときごっちゃになって
13ヶ月、とか言ってしまう始末。2歳になっても24ヶ月とかって応える
人も居るしちょっと私、分かりにくいです。日本でもそう言うのでしょうか?

さて、恒例の1歳2ヶ月の記録です。
変な順番ですがつかまり立ちをしだしたと思ったらハイハイをしだし
くまさん歩きとやら(膝をつかないハイハイ)をしてみたり。ハイハイ
はけっこうなスピードでバタバタするので“そうそう、これが見たかったの
よ”となんだか嬉しくなって後を追っかけまわしてます。本人は嬉しそうに
後ろを振り返りながら声を上げて逃げていきます。可愛すぎます

うんちをした時は手のひらを胸に当てて“このワタクシが”というポーズを
して教えてくれるのですがおならをした時も同じなので間違える事も。。
それじゃぁオムツを替えようか、と言うと全力で逃げて行きます。人の後
をついてまわるのでそれじゃぁとtintinの部屋のオムツ替え台で準備しながら
待っているとちらりと顔だけ出してきてまたキャーと逃げていく始末。
忙しい時はちょっとイラつきますが無理矢理つれてきても暴れるのでその気に
させるように仕向けながら。。まぁ働いてないからこういう事出来るのよ、と
言われそうなので義家族には内緒です。

立つ練習も頑張ってます。壁や窓ガラスを伝ってどこへでも移動していきます
し、出来るだけ1日2回公園に出ていますが遊具に興味を示すのは僅かな
時間であとは永遠歩いています。と言っても私が手を持ってあげているの
ですがその手にかかる体重も殆どない時もあります。
つかまり立ちしている最中に両手を離し、自分でバランスを取るのを楽しみ
ながらしりもちをついてゲラゲラと笑うのを繰り返し。そろそろ立つのかなぁ
なんて思いながらもまだ立っていられる時間は5秒ほどなのでまだまだです
ねぇ~、きっと。

しばらく1人遊びをしなくなっていましたがまた遊びだしました。
でも玩具ではなくなぜかお鍋やフライパンで。。。
取ってくれとねだり、出してあげると今度はフライ返しなんかも頂戴と要求。
鉄のフライパンや鋳型のお鍋は重たいので手足に落ちると危険な為
渡せませんがステンレスのものなんかでカンカンと永遠遊んでいます。
角部屋でよかった・・と本当に思う今日この頃。 階下の住人に会った時
一応断っておきましたが聞こえたことないわよーと言われたので少し気が
楽になりました。

こちらの言っている事がだいたい分かっている様で、何かを要求してきた
時に今お肉切ってるからきり終わって手を洗ってからね、と言うと諦めて
しばし遊びに戻ってしまいます。何度か繰り返してるといい加減にしてくれ
とばかりに今、今、今!と要求してきますが待つという事も最近は出来る
ように。
理解とは別に意味のある言葉を発する事はまだありません。
パパもママも理解していても発しないのはちょっと寂しいですがその内
嫌でも連呼される事でしょう^^;
ありとあらゆる音は発していますし軽く歌を歌ったりもします。

他の子供に興味があるものの、一定の距離を空けての接近。そこまでです。
子供同士で遊ぶという事はしませんが顔見知りの大人に対しては親しみを
もって接しています。また子供好きな人というのも分かるようですんなり抱っこ
させる人と全力で拒否する人が。。後者は申し訳ない気持ちになる母です。。

食事に関しては相変らず乾いたもの以外は手掴みしませんし1人でスプーン
で食べる事もしませんが引き続き無理強いしないように本人のやる気が出る
のを待っています。

先日も書きましたが現在のところ8本完全に顔を出している前歯。
そして上は犬歯が2本、前奥歯が2本顔を出しています。
下は犬歯が1本、前奥歯が2本顔を出しています。
諸々遅い子ですが歯はとっても早いスピードで成長している様子。

1歳3ヶ月も元気に過ごせますように。

にょきにょき

DSC08561.jpg

暫くお天気の良い日が続いて気持ちよく過ごせていますが今日はこれ
また素晴らしく暖かい日でした。
最高温度は23度だったと記載されていますが日の当たるところは体感
ではもっとあったと思えるほど。
午後からは少し足を伸ばして芝生が気持ちの良い公園へおやつを持って
tintinと2人芝生でごろごろと。
私が転がっていると私の上を登ったり降りたり転がったりと楽しそうに
小さなアスレチック。

家に居ると何かとアレをしなくちゃ、コレをしなくちゃと手を出してしまい
じっくりと向き合って遊ぶ事はなかなか難しのですが外に出る!と
決めるとこうやって集中して遊べるのが私自身も嬉しいです。
したいことが出来ないストレスというのがないので。

したいことが出来ない。。というのはその手が度々中断されるこの頃。
暫く前に歯が6本顔を出してきている、と書きましたが、それらが落ち着いた
と思ったらまたここ数日甘えん坊モード。もしかしたら?!と思ってよくよく
観察してみるとなんともう1本。顔を出しそうに。
計7本頑張っているわけですね。

現在完全に出揃っているのが上下前歯の8本。
そして今回のを合わせて犬歯と前奥歯達の7本で計15本。 

2歳までに20本の歯が生えるという事らしいのであと5本また甘えん坊タイム
が訪れるという事でしょうか。奥歯はさらに辛いと聞いているので今から
身構えてしまいます。

知ったこっちゃない

DSC07955.jpg


まぁ、愚痴ですよ。。
読みたくない方はスルーでお願いします。

続きはこちら
↓ ↓

続きを読む »

離乳食完了期-取り分けてます

DSC08542.jpg

tintin1歳2ヶ月も終わろうとしているこの頃の食事内容です。
もう重さを量ることは無くなったのですがおおよそこのぐらいだと思います。

朝:ヨーグルト125g / 小さなトースト1枚

昼:上の写真の様な感じ。
  ご飯は大人と同じ固さのものを70g程
  野菜を100g程
  果物とヨーグルト(食事を残した時は果物だけ)

おやつ:ヨーグルト125g
     果物
     ビスケット1枚

夜:3人で一緒に食卓を囲みますのでほぼ毎日大人と同じ物を取り分け
  て食べています
  合わせてヨーグルト 125g
  食が進まなかったときは果物も

お昼ご飯、この日はとってもシンプルですが穀物はスムル
人参・蕪・パネ(ハースニップ)・ブロッコリ・パプリカ
全て茹でたものを切っただけ。
野菜は3.4日分色々茹でて置いてあるのでそれを取り分けでトマトソースと
合わせたり、牛乳と合わせてとろみをつけてシチュー風にしたり。
時間がないときはご飯と合わせてチャーハン風にしたりと様々です。

夜ご飯はtintinも食べられるようなものをあえて選んで作っています。
ステーキの時は切り分けて小さくしてあげていますし付け合せの野菜
は難なくクリア。 最近は寒かったのでトマトやパプリカでファルシに
したり、グラタンだったりとオーブン料理が多く登場していました。

昼は全く塩なしですが夜は大人の味付け前に取り分けたりするものの
お肉に軽く下味を付けて焼いたり煮込んだりした後での取り分けなので
少しは塩分を取る事もありますが極力なしで。小児科医からは不要だと
言われているので。
そして肉や魚などのプロテインは1日1度だけ。おおよそ40g程です。
夜の取り分けでプロテインを上げられないようなメニューの場合は
昼に出しています。本当は夜より昼の方が消化が良いらしいのですが。

大きな口を開けて食べてくれるようになり、殆ど完食してくれるので
助かっています。(が、別の悩みもあります。それはまた今度)
今のところ大した好き嫌いもなく果物・野菜・穀物は何でもたべてくれる
ので正直luluより楽です

DSC08545.jpg

見るところスペイン産が殆どの様ですが、フランスでも柿が買えます。
その名も"KAKI"

私はもともと得意ではない果物ですし、luluに至っては興味なし。
そんなわけで我が家で購入する事はありませんでしたがtintinは食べる
かな?と思いマルシェのおじさんに相談。
スプーンですくえるぐらい熟したやつなら好きかもね、と言われたの選ん
でもらうと半分に切ったらもう熟しすぎた実がこぼれ落ちる位柔らかくて
皮も勝手にずるんとむけてしまいました。

tintinの反応はと言うと、食べやすいためか口はあけて集中して食べて
いましたが特に美味しそうにしているわけでもなく"まぁ、食べれるけれど"
という様な様子。
我が家では最初で最後の柿購入かしらね

 | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム