FC2ブログ

パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

何しよう??

DSC08675.jpg

義両親宅にtintinを迎えに行く日、色々相談しておやつの時間(16時)
辺りに行く事になりました。

朝はluluを送り出すのが8時。その日は義両親宅に私がお泊りなので
夕食を準備する事もなく自分の身支度と掃除をしておしまい。
移動時間を考えて駅に向かうのが15時過ぎとして、いったい1人で
何をしたらいいの???

この時間を有効に使おうと思い、ちょっと早いけれど冬のソルド(1月)の
下見に行く事に。
そのころに欲しい商品があるかは分からないけれど、tintinを連れて
メトロに乗るときは抱っこ紐で出かけるので、いいなと思うものがあって
もなかなか試着する事はできないので洋服類は諦めていたけれど
これはチャンス!

服の下見や今すぐにでも欲しい帽子を探してうろうろ。
帽子って本当に似合わない顔なのだけれどこの寒さに公園で遊ぶのも
帽子無しでは限界をむかえそうなので。。
ところが案の定似合うものも見つからずあっちをウロウロ、こっちろウロ
ウロとしたけれど結局断念。服はいくつか欲しいなぁというものを発見
したもののわずか2ヶ月程で半値になると思えば今すぐ飛びつく程でも
ないので宣言通り見るだけ。

物質的な収穫もないままそのうちなんだか目的もなくうろうろとしてる
気持ちになってウィンドーショッピングにも飽きてくる。
正直に言えば働いてもない、ほぼ毎日子供を連れての外出にあれこれ
とお洒落する事もない現状でフランスに来てからドーンと下降した物欲
はさらに下降。これじゃぁイケナイと思いながらも不要な物を買い揃える
気もないし、、ともうどんどん本日の目的意識も下がってくる始末。
結局何をしていいか分からずお迎えに行く時間までをもてあましてとうとう
駅へ向かってしまいました。

いい時間に電車があればいいのだけれど時は学校のヴァカンス中。
通勤時間でもないのでかなりの間隔をあけての運行状況。
仕方がないので予定していた時間の電車まで構内のカフェにてゆっくり
時間を過ごす事に。
2階に設置されたそのカフェの窓際を陣取り、ぼんやり外を眺める。
大きな駅なのでこれから旅行に発つ人や戻ってきた人、外国人観光客
などが行き来する様子を眺めているとそれさえ実は贅沢な時間なのだ
なぁと思えてしまいました。
ぐずる子もいなければ、椅子から転げ落ちるのでは、と気をつかない
ながら自分のコーヒーをすする事もない。
そんな状況さえ久しぶりでしたがやっぱり“何かが欠けている”という
時間を過ごした1日でした。

でも数日経ってみれば“あぁ、あれを買いに行けばよかった”
“あちらの地区に行ってみればよかった”なんて思ったりもするのです
がね。
スポンサーサイト



【再】またもやtintin眠れない・・・

DSC08659.jpg

エッフェル塔がキラキラと点滅するのは1時間に1度5分間だけ。
tintinにエッフェル・キラキラタイムだよーっと言うと喜んで窓へかけつけ
るのが最近の日課。立ち上がっただけで見られるのだけれど抱っこしろ
とせがむので、その間はぴったり頬を寄せてふたりで静かな夕方の時間
を楽しみます。

さて、義両親宅でたっぷり楽しんだtintin。帰宅後大変だったのは日中の
甘えん坊&きかん坊だけではありませんでした。正直言えばこれらは
3.4日ですっかり終了し今はまたいつものおりこうさんに。

問題はまたもや睡眠です。
何度も書いている通り、我が家は4ヶ月からねんトレをはじめてだいたい
1ヶ月後からは問題なく1人寝出来るようになりました。ベッドに置いて
オヤスミを告げた後は朝までぐっすり。歯の生え始めでぐずぐずだった時や
fêteに参加したりしてリズムを崩してしまった時を覗いては問題なくこれで
やってきました。しばらく寝られなくなってもまたねんトレを行い慣れたもん
で1週間以内にはまたいつもの睡眠スタイルに。

ところが今回は違うのです。。
義両親宅から戻った翌日から全く1人で眠りにつく事が出来なくなったのです。
かれこれ3週間。。。
お昼寝も夜も私達のベッドで添い寝をし、寝入ったら彼のベッドへそっと運ぶ
というスタイルに。お昼寝は1.5時間から2時間、夜は朝までなのでおおよそ
12時間ぐっすり寝てくれるので寝かしつけるのだけが難航という現状。

当然、フランス式が良いと思っているluluはこれじゃぁいけないと言うのですが
なんせ今回も数日頑張ってみたトレーニング、全く成功しません。
もう自分のベッドに立ちっぱなしで号泣。どんな虐待をしてるんだと思えるほど
の酷い声で泣きじゃくる。そして静かになったと思ったらクスンクスンと2時間程こんな調子
こちらが諦めてその後寝かしつけたらもう23時近く。
これじゃぁお互いの生活に良くないと私は添い寝を始めました。
寝ないのだもの。。しょうがないじゃないと。
今ではすっかり一緒に寝てくれるのが当たり前と思い込み、寝るとなると
私達のベッドを指差しベッドに上げると自分の定位置、真ん中にささっと
滑り込んで来ます。またもや“良くないね、コレ”というlulu。

初めは私もこれじゃぁイカンと思いつつも、僅か15分程で眠りに落ちて
くれるtintin。2時間ボロボロに泣かせて結局その後に添い寝するなら
はじめからそうしてしまえという弱い私。
それに眠りに落ちるまで側でそっと抱きしめながら見つめるのもなんだか
ホカホカした気分になれて嬉しい私。
そのうち、コレじゃぁダメなのかな?と思うようになりました。
悩むと言うよりちょっとした葛藤。
義母なんかは飽きれた声をあげるし周りの仏女は批判こそしないものの
あまりいい顔をしない。義従兄弟はウチの子の悪態ぶりはここから始った
とかまで言い出す始末。
ただ1人、最近仲良くしている仏女性が同じ状況で寝かしつけていて
何か問題があるのか?と言ってくれるのが本当に心強いです。

そして先日の健診時に小児科医に相談してみました。
強制してでも1人で寝かせる方がよいのでしょうか?と。
まずこの話を始めた時、Dr.は“あら、始っちゃった?”と。
今まですんなり寝ていた子でもこの位の月齢になると脳に与える刺激により
新たな夜泣きが始ったり、1人で眠れなくなったりする事がよくあるそうです。
対策は睡眠用の音楽を鳴らしたり、小さなライトをつけたりだとか色々ある
ので試したかったらしてもいいけれどあまりオススメできないとの事。
そして1人寝を強制するかという事については、
“随分成長したように思えるけれどまだ赤ちゃんよ、一緒に寝てあげれば
いいじゃない。添い寝時間15分?おりこうさんねぇ。添い寝に罪悪感?
何か問題があるの?”

これらの答えでスッと軽くなりました。コレでいいんじゃない、と。
今まで1人で寝入ってくれていたことに感謝してもいいぐらいかも、と。
当然永遠このままじゃいけないと思うのでこれからの事はおいおい
考える事にして今は添い寝を少し楽しませてもらおうと思います。
仏人的には“ダメな母”だろうけれどそれでもtintinの側で今日も幸せ
な母です。



ひとりでお泊り

20171124 6

せっせと図書館通いを続けるtintinと私。
場所にもすっかり慣れ、午前の空いてる時間に行くこともあって比較的
のんびりと本選びをしております。とりわけ、最近tintinは動きもしっかり
してきたのでごそごそと遊んでいるのを放っておく時間もあります。
気がつくと出し散らかしている事もあるのでやはりチラチラ確認する必要は
ありますが
tintinも見えるところに私がいるので安心して遊んでいます。

さて、先日私が丸一日講習を受けると決まった時に義両親に預かって
頂く事になったのだけれど色々話し合いをした結果彼らの家にお泊り
させる事になりました。 朝9時半からの会に間に合うように遠くから来て
もらうのは交通事情などを考えてリスクがあるので前日に我が家で一緒
に夕食を取り、その後そのまま連れて行ってもらう事に。そして講習は
夕方まで(のはず)だったのでその日も泊まり、翌日私がお迎えに行くと
いう段取り。
初めてお泊りで預かる事になった義両親は大喜び!!
そしてその話を聞きつけた義兄が便乗してそれならうちのチビちゃんも
となり、tintinは6ヶ月お姉さんの従姉妹と一緒に2泊。義両親は可愛い
孫2人をいっぺんに預かれて幸せこの上ないと言う感じ。

そして2泊した後にお迎えに行くと、丁度公園で遊んでいる最中だった
ので“あら、来たの?僕忙しいのだけれど”という感じで遊びに夢中。
もっと“ママー”と嬉しそうにしてくれるかと思った私はちょっぴり寂しい
気持ちに。 ただ、その後抱き上げると“キスして、キスして”とスベスベの
頬を摺り寄せてきて愛しさ倍増

義両親に話を聞くと子供1人を預かるより、2人預かった方が結果とても
楽だったとの事。相変らずせっせと1人で遊ぶtintinに最近難しい時期に
なった従姉妹ちゃんが色々教えてあげたり、tintinの真似をしたりと我がまま
いう事なく楽しそうにしていたのだとか。子供同士の方がうまくいくこともある
のねぇと感心していました。

私も義両親がtintinに接するのを見ていて、こんな風に促してあげると自分で
する努力をするのか、と勉強になる事も。

皆にとって良い時間だったようですが、、、
問題は我が家に帰宅してから起こりました。

今まで比較的おりこうさんのtintin。
なんと自我の炸裂が始りました。
tintinも色々な意味で成長したのでしょう。今まで全然しなかった遊びを
突然始めたり急にぺちゃくちゃとお喋りは始めたりと可愛さが急増して
嬉しい反面、たっぷり甘やかされた2日間を終えて帰宅すると我慢しな
くてはいけない事や窘められる事も多くて急に聞き分けのない坊やに。
お陰で数日苦労しました。ばったり出会った義兄カップルや公園で
仲良くしてる人に話したら“預けた後はそういうもんよー”って。
今まで預けろ預けろと言っていた皆さん、そんな事は一言も言わなかっ
たじゃないですかー

それも収まり、赤ちゃんから坊やっぽくなったtintin。
ぐんぐんと成長を続けております。
良くも悪くもですが親とだけベッタリいるよりは預かってもらったり、
違う環境で過ごす時間もあるほうが体も心も成長するのだなぁと
思うのでした。

当分預けるものか!と思ったものですが辛い数日が過ぎてしまえば
やっぱりこういう機会は必要だったよねとまた最近感じております。








doudou

DSC08514.jpg

フランスの子供にはdoudouと呼ばれる肌身離さぬ“何か”が必要。
それがあると落ち着くことが出来るのだとか。
それは毛布の切れ端だったり人形だったりタオルだったり。

tintinが生まれる前に私が彼の為に用意したdoudouはウサギのぬいぐるみ。
出産時には沢山の方がdoudouを持ってきてくれベッド周りに少し並べて
ありますが実際doudouは親が“コレがあなたのdoudouよ”と与えるのでは
なく子供が自分から選ぶのだとか。
私は自分の用意したうさぎが選ばれる事を心から願っていました。

が・・・・tintinが選んだのはなんとガーゼハンカチ?!
フランスでは見かけなかったのでフランスに来る友人にお願いして出産前
に持ってきて頂いた10枚セット。
汗を拭いたりヨダレを拭いたりと大活躍でしたが、私の服がヨダレでベタベタ
にならないようにいつも肩にかけてからtintinを抱っこしていたらいつの頃から
かそれがないと眠れないように。
たしか11ヶ月くらいだったと思います。
自分で掴み口にいれてアグアグしだしたかと思うとスッと寝入ってしまいます。

眠る時以外は持たせたくないので渡していませんがベッドの柵にかけて
置いたのをさっと立ち上がって掴み取り静かにしてるな、と思ったらdoudou
をアグアグ。“ねんねの時だけでしょー”とたしなめても、doudou文化の中で
育ったluluは子供は肌身離さず持ってるものだよと気に留める様子はない
ので止めてはくれません。

抱っこ紐で出かける時は全く不要なのですがベビーカーで出かける際は
持って出かけます。例えば長々とスーパーのレジに並ぶ際などはぐずぐず
されても対処しようがないし、私も荷物を抱えているので渡してしまいます。

最近になってやっとぬいぐるみたちに愛着を感じる様になってきたようですが
それでもdoudouには敵いません。
ちょっと残念ではありますが毎日お洗濯できるし、びちゃびちゃになっても
何枚でも替えがあるので安心ですし、清潔を保てるしこれでいいかとも最近
は思っています。

小児科医の健診(16ヶ月目)

DSC08519.jpg

こんな人も立ち入れない場所にいったいどうやって描いたのか、という
驚きはストリートアートならでは、、ですね。

ヴァカンス前に診てもらったきりだった小児科の定期健診。
久しぶりだったのですが0歳まではいつも質問山積みで出かけて
いたのに今回は“何かあるかしら?”とリストを作ろうと思っても
2.3しか思いつかないという現状。 ありがたい事に健康です。
とは言えお話しているうちにそう言えば・・といくつか出てきたのですが。

恒例の身体測定は
身長:77cm
体重8,610g

以前PMIで体重の増えが良くないと言われていましたがしっかり綺麗な
曲線内にまた収まりました。相変らずやせっぽっちですが先生曰く、
私も痩せ気味(お腹周り除)体質だしluluも子供の時はガリガリ君だった
のでそれがtintinなので心配なしとの事。その子なりに綺麗な曲線を描い
ていればいいのよ、と言って頂いてホッ。

前奥歯が出てきてから歯ブラシを急に嫌がるようになり最近は磨がけない
日もありますと言うとそれも心配無用との事。 日本では羽交い絞めにして
磨かせたりもするという話をするとばかげていると一喝。そんな日本人の
歯は褒められるものじゃない状況なのをご存知でした。遊び感覚でもいいか
らまた徐々に歯ブラシを口に入れるように少しずつ仕向けてねというアドヴ
ァイスで終了。

睡眠についてもちょっと今困ったなぁ~という状況になっていて、モヤモヤ
していたのですがそれも頂いたアドヴァイスで今のところ落ち着いています。
これは別記事にしますね。

そしてタイミングよく、と言うか・・・小児科の予約日1日前から急に体中に
湿疹が出来てビックリ。救急医に診せに行くべきかと悩んだのですが
熱も出てないし湿疹には膨らみもなく赤い湿疹が出ている状態のみ。
ただ“なんだこの変貌振りは?”というぐらい壮絶ぐずぐずで午後から寝る
時間以外は泣きっ放し。常に抱っこをせがまれると言う状況。
Dr.との健診時も私から離れられなくて泣き出してしまい、こんなtintinを
見るのが初めてなDr.もビックリ。
実際は感染の危険もないもので喉にも耳にも異常がなく子供にはよく
あることだから薬も処方しないわ、2.3日で消えるでしょうと。
ぐずぐずなのは恐らくこの状況だから体の不調があるのかも知れない
との事だけれど(スタートのタイミングが同じだったため)私は残りの
奥歯が出てくるのでは?と聞くとその様子はないと。
ただ状況が毎度歯が出てくる1ヶ月前ぐらいからこうなるので実はそう
ではないかと睨んでいるのですが様子見です。

食べ物の事も色々話しましたが面白い事2つ。
PMIでショカピックを食べさせてと言われた話をすると
“アレを食べ物と呼ぶなら彼女はPMIで働く資格はないわね”

太るために砂糖を取れというPMIスタッフに対し義従兄弟は油だと
言い張ります。私はコーヒースプーン1杯程の油を加えますが
義従兄弟はスープスプーン1杯かけなくちゃ!と。
その話をすると
“自分の主菜にスープスプーン3杯の油をかけて食べられる?”
と。あぁ、気持ち悪い。と苦笑してました。

食事に関してはそれほど気にかけなくなったのですがやはり栄養は
取れているかなぁと気になるのは母。Dr.が言ってくれたのはもう1年
以上話を聞いていてアナタはアナタのやり方に自信を持っていいと
思うわよと。心配な事は色々あるだろうけれど、子育てや食事に関して
文化も習慣も体型も違う人達の話を参考にするより自分の生活習慣
から無理のない、これがいいと自身が思うことをやればいいと。

もう、本当に毎回書いてますが健診の後は足取り軽く帰宅できるの
です。そうは言っても新たな悩みというのは常に浮上するのが子育て
かもしれませんね。



みんな笑顔が好き

DSC08640.jpg

先日作ったマンゴとココナッツのタルト。季節はずれの感はありますが
リクエストがあったので。小さな18cmの型で焼いたのであっと言う間に
なくなりました。

先日、とある講習を受けてきました。
朝から夕方までびっちりの1日コース(のはずでした)。
休憩時間があったりと何度も受付の前を通ったり、顔を合わせた人
とちょっと時間つぶしに受付前で立ち話したりをしていたのですが
帰宅前に受付の人に呼び止められました。
なんだろう?と思ったら“アナタの笑顔好きよ。こちらの気持ちも
明るくなるわ”と。
そんな事を言ってもらえて私のほうが明るくなるわ、とまた返して
さよならしてきました。それは事実でしたし。

その講習には時間より僅か数分前に到着したのですが、例のごとく
フランス時間。わらわらと集まる参加者に開始時間は若干遅れ、
早く来た私は講師の方としばし楽しくお喋り。
講義の間も日本人特有ではありますがしっかり聞いていますよポーズ。
右から左の時もありましたが。。
色々意を唱える人も居て“そうは思いません”や“それは違うんじゃ
ないですか”などと言ってくるのがいかにもなフランス。私もいくつか
そう思う箇所はあったのですがここは議論の場ではないので求められ
た質問に答えたり、こちらから質問したりする以外には講師に対しての
意見等は発言しませんでした。

午後の部までは時間があったので私は一旦家に帰り昼食を取る事
に。ところがゆっくりしすぎて10分遅れて到着。
みんなダラダラしていたのでやっぱり開始は遅れるのが普通なのね
と思ったらなんと私待ちだった事が判明。
午後は個別対応をするそうで(事前お知らせなし)なんでも講師の方
が“あの日本人から始めるわよ”と言ったためみんな私を待っていた
のです。
世間話を交えながらの個別対応はなんと私1人に40分もかかってしまい
ました。終了した後待っているのかと思えばこれでお終い、お疲れ様
でしたと帰宅を許可されました。ビックリした私に微笑んだ講師の方が
アナタの笑顔良かったですよ、と。
つまり、その他の仏頂面で攻撃的な人達と比べると私はきっと天使
だったので(←言いすぎ)私からはじめる事に決めたのだと思います。

この日は2度も笑顔についてを言われ少し驚いた1日でした。
いつも笑顔で大人しくしてる事がいいとは言えないと思う私です。
自分の意思や意見をはっきり示すのは必要な事だと思います。
特にフランスで。だからと言って常に攻撃的である必要もなく笑顔や
謙虚な姿勢で得をした事が数え切れないぐらいあるのもまたフランス。

まぁそんな私ですが日本では怖いだの厳しいだのと言われ、笑顔の
少ない仏頂面部類に入るのですがこんな私でもフランス人の中に
入れば天使(←また)の部類に入るのですね。しみじみ。

tintin 1歳3ヶ月

DSC08663.jpg

またまたtintinと2人して風邪をもらい1週間程鼻タレのtintinでしが
特に熱が上がる事もなく息苦しそうという事意外は元気に過ごした
1歳3ヶ月。 慌しかった事もあり1歳4ヶ月になった事をその日の
終わりに気付きました。 1ヶ月なんてあっと言う間。
恒例の成長記録です。

家の中ではもっぱらハイハイで移動のtintin。
時間がある時は極力手をつないであちこち移動するようにしていま
すがたまに片手でも移動します。外では怖いのか絶対両手をつない
でいないとイヤイヤと首を振りますが。
同じ建物内の方から手押し車(chariot)を頂いていたので置いて
あったのですが今までは物を乗せたり降ろしたりして遊んでいた
だけなのがある日イキナリつかまって歩くようになりました。
たった2日で上手に移動も出来るようになりビックリしていますが
まだまだペンギンの様な歩き方です。

公園では角ばかり歩きたがりますが落ち葉が溜まっているのが気に
なる様子です。最近はお散歩から帰ろうとベビーカーに乗るのを促す
と帰りたくないと抵抗され一苦労の時も。

まだまだ意味のある言葉は出てきません。ママって言ってとリクエスト
するとザーザーなどと近い言葉を言ったかと思うと恥ずかしそうに
はにかみ、やっぱりイヤっ、まだ言わないよと首を振ります。
マの音やパの音は発する事が出来るのにまるで言いたくないかの
様子。なぜかなぁ??

今まではビズ(キス)してと言うとおでこを差し出してきたのですが
最近は唇を出してきます。それじゃぁと思ってちょこんとキスする
と満足そうな笑みを浮かべますがおでこを出してくる時も。
その時の気分かもしれませんが。

鼻風邪を引いていた時にluluが教えたとおり鼻をかむことが出来る
ようになりました。とは言ってもフーンと鼻を出すだけですがこれで
随分助かりました。生理食塩水を使って鼻掃除は毎日しているの
ですが風邪の時はそれだけでは足りず吸い取る専用の物を持って
いるのですが今回はそれを非常に嫌がったので途方にくれていた
のでかめるようになって本当に良かったです。

歯は前歯は上下8本顔を揃え、犬歯が上下4本、前奥歯が上下4本
が顔を出していますがすっかり生え揃うにはもう少し時間がかかり
そうです。
影も形も見えないのは奥歯4本のみとなりました。

先月と比べると大きく出来るようになった事に差はないのですが
ひとつひとつがしっかりと出来るようになってきているという印象
です。行動面よりも精神面で大きく違いが出てきたと思います。

自己主張が徐々に激しくなってきてどうしたものかと思い悩む日々
ではありますが健康である事に感謝して1歳4ヶ月もできるだけ楽しく
過ごしたいと思います。


exigeant(e) / 面倒な人?!

DSC08572.jpg

そう言えば、2024年のオリンピックにパリが誘致を成功させたそうで。
(↑遅すぎるトピック)
あまり話題にはならず盛り上がるのは行政のみの印象。さらに観光客
を増やしそこからごっそり収益を得ようという試みがあちこちで。
市民間では"決まったね~"なんて会話もほぼないのではと思えますが
2020年に東京、その4年後がパリというのが個人的にはちょっと不思議
な気持ちになりました。

さて本題。
フランス語レベルいったいいつになったら向上するんだと最近は自分に
がっかりしつつも妊娠中から勉強もほぼしていない常態で虫が良すぎる
願望ですね。。
そんな私が最近知ったばかりの単語。
exigeant

友人の食事会で隣になったの年配の女性と随分ウマが合ってずっと
話しこみちょっとした最近のモヤモヤなんかも聞いて頂いたのですが
数時間話し込んだ彼女が私の事をexigeante と形容したのでした。
そういうわけだから焦らず一つ一つやるしかないわねという感じで。

その単語の意味が分からず説明してもらってもイマイチピンと来ない
ので帰宅後電子辞書で調べてみると
面倒くさい人
うるさい人

え?!なんだこのネガティブな形容詞は、とびっくり。
lulu曰くフランス語では悪い意味で使われるだけではないよ、との
事だけれど電子辞書ではどうなってるの?と聞かれ答えるともう
ゲラゲラ笑って彼女はさすが心理学者、まさに日本語の通りだ、と。
茶化されておしまい。
そう、彼女のお仕事は心理学療法士。

まぁ、初対面でありluluも言うとおりネガティブな意味合いではない
とすればいったい日本語ならどういう表現がぴったりなの???
とまたモヤモヤが増えたのでした。
電子辞書の通りでもあると自身も思うのですがね。

どなたかお分かりになる方がいらっしゃればこのモヤモヤを是非
解消してください。

Fika / フィーカ

DSC08500.jpg

日本のとある情報サイトをたまに見ているのですがよくよく登場する
言葉Fikaがずっと謎でした。当たり前の様に、そして誰もが知っている
かの様に書かれているのですが、恐らくそのサイトの読者なら今更
説明するまでもない単語なのでしょう。 私は新参者なので知りません
でしたが。
wikiによるとスウェーデン語でコーヒーを飲むという意味らしいのですが
大きく捕らえてコーヒーブレイクの事らしいです。
ふむふむ、そう言ってもらえるとわかります。
そこに含まれる意味というのがコーヒーを飲む事自体を指すだけでなく
コーヒーを飲むというちょっとした時間の余裕を持つという事、気持ちや
頭の切り替えを行い、ホッと一息を着くという事なのですねぇ。

働きもせず、保育園にも預けず家で子育てしてると仏人達からは優雅だと
言われるけれど仏人とはちがう家事やり方をしていると実際のところトイレ
に行く間も水を一口飲む間も惜しいと思われる時間を過ごしています。
子供の事、夕食の準備などで自身の事は一番後回しになってしまいがち。
DSC08620.jpg

それでもFikaという言葉を意識してtintinがお昼寝の合間にお茶を入れて
椅子に座る。ちょっと甘いものを添える。それだけで気持ちがちょっと
落ち着くのだという事をここ最近身を持って感じています。
慌しい時はそんな時間さえ惜しいくらいでその間に済ませてしまいたい
ことは山程あるのだけれどちょっと気を抜いてもいいじゃないかと思える
ここ最近です。
困るのは疲れてるからいいじゃないか、甘いものたっぷり食べたってと
思ってしまう緩さですが。

有難い事にluluも別に夕食なんて作らなくってもいいんだよ、とか掃除
なんて週に1度でいいじゃないとか言ってくれるのだけれど流石にこの
性格がそれを許さない。とは言え、忙しい時は随分と手抜きするようにも
なりました。
ただ、後になって出来なかった事にイライラしてしまうという今だゆったり
出来ない性分です。

 | HOME | 

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム