FC2ブログ

パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

木の実のその後

DSC00599.jpg

以前、アーモンドとノワゼットを頂いたと書いたけれどこの硬いカラと
どう格闘したものか、、と思っていたら義両親が家に持って帰ってくれ
てヒマをみつけてはちょいちょいとカラ割りをしてくれました。
ある時お邪魔した際に私も一緒に。

その甲斐あって全て終了したのだけれどあの山はどこへ行った?
と思うほどこじんまりとした量に。
アーモンドはそのままグリルしてサラダにかけたり私の口に入ったり。
ノワゼットは薄皮を取りたかったのでこちらも一度オーブンでグリル。
DSC006561.jpg

香ばしい香りが家中に広がります。
オーブンから出すとぱりぱりと薄皮が音を立て、冷えた頃に指で
こするとポロポロとむけますが全てきれいにむけるまでには至り
ませんでした。市販のキレイに皮がむけているものはどうなっている
のでしょうね?
DSC006591.jpg

ローズベーカリーのレシピ本のブラウニーを作ってみる事に。
生地を型に流す前に砕いたノワゼットを敷き詰めてから焼き上げます。
luluは美味しい美味しいと頬張ってくれたけれど甘すぎるのかtintin
は殆ど食べませんでした。
私は好きなブラウニーの食感ではなかったので2度目はなさそう。

さて、ノワゼットで何か美味しい利用方法はないか探してみましょう。
スポンサーサイト



Poireau / ポワロ葱

DSC006481.jpg

大きな大きなポワロ葱ですが火を通せばペロリと食べてしまえます。
冬は我が家で良く食べますが一番多いのはスープにする事。

ザクザクと輪切りにして玉葱と一緒に油を引いたココット鍋でじっくりと
炒めます。
これだけでもうしんなりと小さく小さくなってしまってこれだけ?とガッカリ
するほど。
あとはお好きな野菜とお好きなスープやブイヨンでじっくりと煮込んで
お好きな様に仕上げてください。
特に青い部分がなんともいえないいいスープを出してくれるのです。
体はホカホカと温まるし味わい深いしでいう事なし。

冬には欠かせない野菜ですね。

Palourde / あさり

DSC006421.jpg

フランスの魚屋さんであさりを売っていない事もよくあるしそれがあまり
美味しそうでない事も。そして二枚貝全体にこのPalourde という名前
がつけられている事もあって見るからにそれはあさりじゃないことも
ありますが、この日は美味しそうなアサリを発見!
僅かしか残ってなかったので全部頂戴!と購入。
DSC006431.jpg

さっそく作ったのはボンゴレ
アサリから素晴らしい出汁が出るので私が作ったってレストランより
美味しかったりします(言いすぎですね)。
幸せ一杯に頂きました。

tintin、初めての眼科へ

DSC006361.jpg

7月の終わりぐらいからでしょうか、tintinが目をこするようになりした。
そしてヴァカンス頃から少しずつ瞬きの回数が増えるように。
毎回ではなく時々目を眩しそうに細めてしばしばと。
ずっと気になっていたのですが担当小児科医とお話する機会があった
先日にお話をするといい眼科を紹介するから是非行ってらっしゃいと。
すぐに予約の電話をしたのですが予約が取れたのは1ヶ月以上も先。

とうとう予約の日が来て診て頂く事に。
勧めて頂いたとおり本当に本当にステキなDr.でした。
まずは視力検査から。きっと大人ならアルファベットを読んだりするの
だろうけれど子どもは家・車・猫・鳥などのイメージが描かれていました。
両目での検査と片目ずつ。
Dr.がコレは?と聞くと"家、それから下には車もある!その横は猫"と
元気に答えていました。先生もよく喋るのでビックリして褒めて頂き
ました。いつもは人見知りして全然喋らないのにさすが子供専門の方
だからかなんともすぐに打ち解けていました。

その後数種の器械を使っての測定。
視力にはまったく問題がないという事。次はアレルギーの検査。
検査用の薬を点眼して待合室へ。10分後再度点眼。
次は40分後に再度診察。
アレルギー反応はないとの事。その他も色々診て頂いたのですが
目の異常は全くない様子。
ちょうど2週間前、義両親宅にお泊りした時の事ですが起床時に
目やにが酷く出て目が開けられなかったというエピソードを話すと
これまでの反応や話から恐らくドライアイだとの事。
子供には多いけれど一過性の事が多いので点眼薬を4ヶ月使用
してその後再検査という事に。

頂いたのは使い入りタイプの目薬とスプレー式の目薬。
どちらも1日1度だけ。そして次回検査の前に使用する検査用点眼
液。
前者2つの使用をしばらく続けて様子を見ます。
スプレーは大丈夫なのだけれど使いきりタイプの点眼薬がどうにも
嫌がって毎日戦いです。
鼻の掃除はあんなに好きなのに・・・

診察は15時からだったのでこの日のお昼寝はなしでしたが2時間近く
も拘束され最後までおりこうさんにしていてくれて私も誇らしかったです。
tintinお疲れ様でした。

冬支度

DSC00630.jpg

10月に入っても暖かい日が多くて薄手のシャツ1枚、なんなら半袖にも
なったりしていましたがそれもどうやら終わりの様であっと言う間に冷え
こんだ印象の今月。
私も衣替えを本格的にしたしtintinはまだ薄手ですがダウンを新調しま
した。まだ真冬使用ではありませんがすっかりこれで冬っぽい装いに。

外遊びもキビシい季節到来ですね。

チョコレート

DSC006241.jpg

肌寒くなると段々甘いものが欲しくなりますね。
妊娠してからは以前にまして甘いものを食べるようになりました。
食べ癖でもついてしまったのでしょうか。。

最近お気に入りのチョコレートがあります。
tintinお昼寝中にコーヒーを入れてちょっと一粒。
夕食が軽かったら寝る前までにちょっと何か欲しくなってまた一粒、
ってな具合にちょいちょいと摘んでいます。
カカオ70%だしVEGANだし、とかなんとか思いながら罪悪感もなく
消費しております。

歴代のマグ

DSC005921.jpg

まだまだ危なっかしい時は多々ありますが、もうすっかりグラスで飲み物
が飲めるようになったtintin。
そろそろ片付けようと出してきた歴代のマグです。

一番左は離乳食を始めた後に買ったもので6ヶ月から使用しだした
と記憶しています。フランスではお水は6ヶ月からとの指導が一般的
なので我が家もそれにならって。
吸い口は柔らかいゴムなのでまぐと言うよりは哺乳瓶に近い形状な
のですが哺乳瓶を使っていなかったtintinは初めこれを吸うという行動
が分からずしばらく難儀しましたが徐々に使えるようになりました。

その内吸い口のところに指を突っ込んで遊んだりすると"ひっくり返して
もこぼれない"といううたい文句ですが口が広がってきた為に外出時も
ややこぼれて不便に。

それで中央のマグを新調。
こちらは360度どこからでも口をつけて吸えば出てくるという優れもの。
こちらも初めは大変そうでしたが徐々に慣れて行きました。
ただあまり好きではないようで蓋を外してくれとリクエストする事が
増えていき段々とコップで飲む練習の様になってそのままコップに
スライド。あまり出番はなかった代物です。

右端は蓋の部分を外せば両手持ちのスープカップにもなるので
食事中これでゴクゴクとスープを飲む事もありましたが最近はもっぱ
らスプーンなので完全に水専用です。
日中遊んでいる時に蓋をして机のうえに置いて置けば自分で飲んで
います。うっかりひっくり返してもちょっと飲み口からこぼれる程度で
被害は殆どありません。

外出時はペットボトルで飲んでいますがその内軽い水筒のような
物が欲しいなぁと思っています。

右端の物意外は完全にお蔵入りですね。

お礼のレモンケーキ

DSC005951.jpg

先日の鍵事件でお世話になったお隣さんへ何か気を使わないお返し
をしようとケーキを焼きました。

用意したのはパウンド型でレモンケーキ。
ちょっと甘さは控え目でレモンの皮もたっぷり入ったさわやかなケーキ
は出した人皆が美味しいと言ってくれるのでこれがいいかなぁと。

我が家のお隣さんと言うのは30代前半のカップル。
この2人がまた"バービーとケン"という感じの育ちのよさそうな親切な
隣人で、体絞りに余念のない2人。
いつもジョギングやテニス、自転車で汗を流して帰ってくるのでそうとう
食べ物に気を使っているのではと想像。
甘いものでよかったかしらと思いながらもこれならご本人達が食べなく
てもカバンにひょいと入れて職場に持って行く事も出来るだろうしいい
かなぁと思って持っていくと思いの外喜んでくれてびっくり。
甘いもの食べないかなと思っていたのよと話すとお腹を摩りながら
"食べ過ぎない様には気を使ってるけれど甘いもの大好き"とこれまた
可愛らしい笑顔を向ける2人。(←完璧すぎてたまに演技じゃないかと
思う事も^^;)

何はともあれ喜んでいただけて私も嬉しい。
本人達にしてみれば使ってもない鍵をひとつ貸しただけかもしれませ
んが我が家では命に関わる程の大事件だったので(大袈裟ではなく)
心から感謝しています。
本当にどうもありがとうございます


納豆

DSC005941.jpg

たまにこっそり1人で食べるもの。
それは納豆!

幸か不幸かtintinは納豆が嫌い。
luluは言わずもがななので誰にも奪われる事なく頬張る事が出来る
お楽しみです。
この日は納豆パスタで。
パスタは食べ過ぎないように極力少なめに茹でるのですがこの日
ばかりは多目に茹でて心置きなく楽しみます。

納豆は実家に帰省した時に購入。地元石川県産の大豆です。
いつもまだまだ寒い時期に帰るので出来る事かもしれませんが
容器から出して1つずつラップでしっかりと包装しジップロップに。
2212 068

そのまま出発の直前までに冷凍庫に入れておきスーツケースへ。
貨物置場も寒いので問題なくフランスに到着してもまだキンキンの
ままです。帰宅後はすぐにまた冷凍庫へ。
衛生上どうかは分かりませんが今のところお腹を壊した事はあり
ません。食べるのは私一人なので責任は全て私に。。

tintin 2歳2ヶ月

DSC00614.jpg

また風邪を引いたけれど鼻水から大きく悪化する事もなく元気に2歳3ヶ月
を迎えましたので恒例の記録です。2歳2ヶ月を思い出して。

前回の記録を見返してもあまり大きな変化はないように思います。
相変らず自分では食べないけれどたんぱく質(肉魚卵)などは1人でもく
もくと食べますがそれらが終わると興味なしという感じなのでお手伝い
というより私が食べさせています。

口が達者と言うか、、きちんと状況を説明する事も増えてきました。
ちょっと急かして"あ~んして"と言うと"mais, y a plein dans la bouche"
(でもまだ口の中一杯だよ)とか。あぁそうですか、いやいやそう言うなら
自分で食べてよーとツッコミたい。

今まで本が好きだった時を通り過ぎ、借りてきた本の中から集中して
"コレ"だけと他の本にはあまり興味を示さない時期をしばらく過ごしま
したが最近はまた満遍なくどれも読んでくれるようになりましたが相変ら
ずお気に入りはその中にもあって日に何度でも何度でも読むことが多い
です。luluは、いやぁ、それもう読んだからこっちにしようなどと言うのだけ
れど、私は何度でも付き合ってます。

公園の遊具はいつの間にかそんな事も出来るの?という大きなものに
チャレンジしたりするようになりましたがチャレンジしているというよりは
きちんと出来る段階になったので行ってみました、というのが正しい様子。
相変らずの慎重派です。

少しずつですが私が話す日本語を反覆するようになって来ました。
そして少しずつ日本語を使う事も。
朝のトーストにバターを塗っていると"コレ、バター沢山"とイキナリ言った
時はびっくりしました。まだまだフランス語の話すレベルと比べれば差は
ありますが日本語を話すという準備も出来てきた様子です。
このまま伸びていきますように!

これから寒い季節に突入していきます。 
2歳3ヶ月も元気一杯でありますように。


 | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム