FC2ブログ

パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

Noël 2018

DSC01002.jpg

義家族総出で祝うノエルの宴、今年はなんと29日に行われる事に。
チクリと言うと(自分の)家族至上主義の義兄パートナーが毎年ノエル
当日は自分の実家で祝いたがるのでそれに振り回される夫家族。
頑張って日程調整をした結果、あろう事か交互にお料理を準備して
くれる義伯母家族が不参加に。

そんなわけで25日当日はみなさんパートナー家で迎えるとの事で
用事のない義両親とパリに住む別の義伯母を呼んで我家で昼食会。
そして当日29日は盛大に楽しくお祝いしました。
DSC010771.jpg

子供達もプレゼントの山に囲まれて大興奮。
DSC01065.jpg

いくつかのプレゼントはすぐに開けてその場で遊ぶのだけれど
8歳、4歳、2歳11ヶ月、2歳5ヶ月がおりますがそれぞれの対応と玩具の
貸し借り、人の玩具への扱い等々みんな個性が全面に現れる瞬間で
した。まぁ、だいたい弱腰のtintin。頑張れ!

翌日まで残った家族もありますが、私達は1月1日まで滞在しここで
年越え。luluの旧友達も帰省して来ていたので何人かとお茶をしたり
食事を共にしたり。

一番のお楽しみは南仏へ引っ越してしまった赤ちゃんの頃からの
大切な親友が娘を2人連れてほぼ半年ぶりの再会。この彼とluluは
再会の瞬間2人心から微笑み合いすぐに空気の様に馴染んでしまう
仲。tintinもほぼ1年年上の女の子と半年振りの再会ですがこちらは
ふたり揃って少し遠慮がちな性格ながら波長が合う様ですぐに打ち
とけていました。
(2人クロスの下に手を入れて遊び義母に次の瞬間叱られます)
DSC01082.jpg

29日から1日までなんて長すぎるよーと思っていたけれどあれやこれ
と予定が入りあっと言う間に過ぎた日々でした。

おまけ
DSC009911.jpg

今年はtintinに義母がステキなおめかし用の靴を用意してくれたので
蝶ネクタイをと思い探したのですがこれぞというのがなく、手作りする
事に。
少しアレンジしましたがこちらの画像がとても簡単で役に立ちました。








スポンサーサイト



メンチカツ

DSC009061.jpg

luluからの熱いリクエストを頂戴したので張り切ってメンチカツを久しぶり
に作ってみました。
個人的な課題だったのが揚げるとお肉が分厚くなるという事。
なので今回は形成の段階で出来るだけ薄く仕上げてみると
これぞメンチカツ!!という仕上がりになりました。

久しぶりの味を堪能して幸せ一杯の夕食でした♡

tintin 2歳4ヶ月

DSC00945.jpg

2歳5ヶ月を迎えたtintin、あっと言う間に3歳になるのでは?!と思い
時の流れの速さを感じています。
では、恒例の2歳4ヶ月の記録です。

あまりチャレンジ旺盛な方ではありませんが最近は色んな事をやって
みるという行動を取ります。家の中では安定の遊び方ですが児童館
的な場所がいくつかある我家のエリアであちこちに参加していると
今までは到着してから帰るまでコレだけ!という遊び方だったのです
が上の写真の様に粘土で遊んだり
お砂場へ行ってみたり
DSC00941.jpg

キッチンへ行ったり
DSC00957.jpg

ガレージで遊んだり(車は遊ぶも、ガレージは今まではほぼ目もくれず)
DSC00933.jpg

相変らず誰かに一緒に遊ぶ事はほぼありませんが顔見知りの気が
合う子とは隣同士で並んで作業したりする事もあります。

従兄弟達とはそれが普通に出来るようになりました。
こちらは8歳の従兄弟と一緒。一番好きなお兄さんで彼もtintinの
に上手にかまって色々教えてくれます。危ない事も!!
DSC00922.jpg

イキナリですが随分と日本語を使うようになりました。
初めは単語だけだったのが色々指を差して
“これママの物、でも今は僕の物と”
歩道に車が乗り上げてあって歩き難い時などは
“ちょっと狭い、これ良くない”と言ったり
道路にゴミが落ちてる時は
“ゴミ!汚い”と言いゴミ箱を指差して“ここにゴミ箱ある”
とマナーの悪さを指摘。

書いてみると何となく外国人的な日本語なのですが子供の話す言葉
とはこういうものでしょうか? 恐らく日本の同年齢の子と比べると
ほんと片言だと思うし、フランス語の流暢さと比べるとなかなか壁は
高いなと思いますがそれでもこちらから何も促さなくても自然と日本語
を発するようになった事は私にとって本当に嬉しい事です。

食べムラがあるものの食べる量が少しずつ増えてきました。
相変らず食べられる野菜の種類の少なさに頭を悩ましていますが
それでも以前と比べればまずますというところでしょうか。
昼は良く食べ、夜は少なめ。お腹が空いていないわけではなくパパ
がいるので興奮して喋りっぱなし。苛立つ事もありましたが今は昼に
沢山食べているのでいっか・・と諦めております。家族揃っての夕食
ぐらい楽しくありたいという思いから。

前回近所の人にご挨拶が出来るようになったと書きましたが人に
よって、という状態になりました。お店の店員さんなんかもそうで
すがきちんと挨拶する人と“さようならは?”と促すとぷいっとそっぽ
をむいて顔はニヤニヤしているという状態で遊んでいるつもりのよう
ですが挨拶は基本ですから後から短く小言を言います。
こういうのどうしたらいいでしょうかね。。

周りで風邪が多かったりとヒヤヒヤする事が多いですがそれでも
元気ハツラツなtintin。2歳5ヶ月も楽しく過ごせますように!






お世話になったクレーン

DSC008581.jpg

我家の2件隣にあった古いアパートを崩し、新しく建て替えておりますが
もう1年以上前から設置されていたクレーンがお役目終了となり解体
される日が来ました。

我家のサロンの目の前には鏡の様にピカピカなオフィスビルがあり、
そのビルにクレーンの動きがキレイに写ります。そして反対側にある
寝室からはその動きが目視できます。

このクレーンが現れてからtintinはこの機械に夢中になりました。
アームが動いたり物を持ち上げたり降ろしたり、高い高い所に操縦席
がありムッシュがそこで作業している様子やそこまで階段で登り降り
する様子もいつも観察していました。
クレーンのお陰で覚えた単語も沢山ありますし食事をしながら集中力
を無くしたtintinの口に物を運ぶ際にも随分クレーンのお仕事風景が
それを助けてくれました。

解体の日は朝から道路が封鎖され更に大きなクレーン車が登場。
ワクワクと不安が隠しきれないtintinはテンション上がりまくり。
クレーンに飛び乗り解体作業を始める作業員の方々を寒い朝だった
のでベランダからまず観察。
それを道路に停められたこれまた大きな大きなトラックで解体した
部品をクレーン車が上手に積み上げていきます。

上で作業している方々も命綱なしで登ったりヘルメットも無しで作業
しているので私もひやひや。

毎日作業の様子をつぶさに観察していた私も熱くなる物があってtintin
に寂しいね、とつぶやくと“ちょっと寂しい”と同じくつぶやきます。

午後は道路にまで出てじっとその一大スペクタクルを観察。
クレーン車操縦のムッシュはスマートフォン片手にというこれまたハラハラ
な調子ですが皆さん本当に愛嬌タップリで作業を楽しんでいました。
私を含めギャラリーと楽しく会話したりずっと見つめているtintinにクレーン
に登った高いところで自撮りした画像を見せてくれたり。
まぁ、日本とはちょっと違いますね^^;

作業が終わったのはもう18時になってから。
一日たっぷりショーを楽しんだtintin、luluが帰ってきてから興奮冷めやら
ぬでずっと説明していました。

本当に大変お世話になりました。

ジャンボなツリー

DSC008891.jpg

お使いがあって昼間の空いてる時間帯にtintinを連れてForum Des Halles
へ行って来ましたが思わぬジャンボツリーを見る機会となりました。

人も殆どおらずこんな間近まで近づける(触れられる)のは珍しいので
はないでしょうか?

写真撮るから前に立っておいでとtintinに言っても初めはビクビクして
近寄れない。それでも徐々に威圧感にも慣れて来たのか恐る恐る
近づけるように。
DSC00891.jpg

最後は離れたくないとばかりにずっと見入っていたtintin。
DSC008921.jpg

昨年(だけではないけれど)も色々ありましたし色々思うところがあり
子供とは出来るだけ人だかりには行きたくないなと思うものやはり
こういう機会があるのは新鮮だったようでたっぷり楽しんで帰って来ま
した。


海苔がダメ

DSC008091.jpg

まだ2歳になるずっと前にご飯を海苔で巻いてあげた事がありますが
その時はオエっと吐き出してしまったtintin。
しっかり咀嚼せず喉に詰まったのか、違和感があったのか、味が嫌
だったのか理由は全くわかりませんがそれ以来特にあげようとも思って
いませんでしたが、久しぶりに試みました。
ご飯に大好きな鮭や胡麻ご混ぜ込んで小さく切った海苔も加えました。
ちびちびと食べていますがいつものお魚ご飯より食いつきが悪い。

美味しくないの?と聞いたら
“ママ、j'aime pas ça(これ好きじゃない)”と指差したのは小さな海苔。
そっか・・・
ママが取り除いてあげようね、とお箸でちまちまと取り除き作業。
その後は勢い良く食べ始めました。

口から出さなくなっただけ、少しは成長したなと思いますが複雑な
心境。私も積極的に和食材を出さなかったし食べられなくても何の
問題もない仏生活。
またいつか試してみましょうね。

もう12月

DSC008733.jpg

丁度12月1日が土曜という事でluluとtintin2人で飾りつけをしました。
去年はじっと見つめているだけだったクリスマス・ツリー、今年はもう
1年間ぐらいずっと“sapinはここ、キラキラlumière”と事ある語とに言って
いたのもあって出した時にはもう大はしゃぎ。luluもノエル特有の曲を
選曲してかけたりして一気に気分も高まります。

これはtintinのsapinだよと言うとキラキラと嬉しそうに僕の僕の、と。
petit papa noël(サンタクロース)がプレゼントを持ってきてくれるのだと
すっかり存在を知っていて(義両親が話した)もう心待ちにしています。
夢一杯の男の子です。
“おりこうさんにしていたらね”と半脅しの様な事を言うのもどうかと
思うけれどまぁいう事聞かないものでしてね、最近。。

私は大掃除などボチボチと。

 | HOME | 

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム