FC2ブログ

パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

中華風のタイ料理

DSC02332.jpg

以前、近所に新しくタイ料理店が出来ているのに気付いたのですが
tintinと一緒に行くお店ではなかろうと行く機会を狙いつつチャンスを
待っていました。

チャンス到来はかなりの暑さの日でしたが新しい店構えでこれはきっと
クーラーがあるに違いないと踏んで。
ありました、クーラー!!でもついていないww
テラス席を大解放しているのでつけても意味がないと踏んだのか動いて
いませんでした。
ちょっとした我慢大会の中の楽しい食事。
DSC02333.jpg

前菜もメインもたっぷりとした量があり食べきれずお持ち帰りとなりました。
お味はいうとちょっとエキゾチックな中華料理!!でもとても美味しい♡
スタッフは(恐らくキッチンも)全て中国人である事に入店時から気付いた
ので予感はしていたのですが。
それでも清潔な店内、気持ちのいいサービス、にこやかな店員さん。
本物のタイ料理ではなくても怪しい中華料理を食べに行くよりはよっぽ
どいいしアジアンな味を求める時はまたここに来てもいいなぁと思える
お店でした。何より家から近い!!

スポンサーサイト



暑い暑い日のご飯

DSC02313.jpg

突如として暑い暑い日々が続いてます。
扇風機しかない我家は大変ですが日中は雨戸を閉めておけば家の中は
比較的温度も上がらず何とか過ごせます。
そしてお料理は出来るだけ午前中、早い時間に済ませ食事前にさっと
温めるだけ、もしくは軽くソテーするだけなんてものが続きます。

お昼は上の写真の様に短時間で準備できるお素麺。
ざく切りトマトにオイルサーディン、麺つゆに練り胡麻。
これがソテーしたズッキーニと梅干だったり、納豆だったり。

夜は暑い時こそきちんと食べなければ!と出来るだけしっかり作る様には
していましたが、、、
暑いのになんで?とびっくりされた麻婆豆腐。暑いから食べたくなるのだ
とは理解出来ないようで。
DSC02311.jpg

オーブンの使用は僅か10分程なので部屋が暖まるほどでもない
フラムキュッシュと冷たいサラダ。
luluへの点数稼ぎだけで特に私は食べたい物ではありませんが。
DSC02319.jpg

麻婆豆腐で余った豆腐使用のステーキとキノコソース。
夫は以前の残りものメンチカツでメインだけ別。
DSC02323.jpg

なんちゃってですがナシゴレンと鶏のサテソース
本家とは似ても似つかぬではありますが好評♡
DSC02326.jpg

インドカレーペーストを使ってココナッツチキンカレー。
こちらはマイルドな辛さで文句は出ず。
DSC02330.jpg

独身1人暮らし時代、夏といえばバテる、が恒例でしたがluluと暮らし
始めてからは夏バテする事もなくなりました。理由は、しっかり食べるから
だと思います。なんせプロテイン必須ですし、野菜嫌いだから野菜もどう
にか食べられるようなものを、と考えて。
私1人なら毎日でもお素麺やお粥さんで済ませていたかもしれない
食事。それだとやっぱりパワーが湧いてこないのですよね。
食べるって大切だなぁと久しぶりに思い出した日々でした。








トマトソース

DSC02325.jpg

トマトソースはちょいちょい使用するけれど冷凍庫にストックするほどでも
ないかなと思い、その都度トマトを煮詰めて作っていましたが、冷凍庫の
霜取りと整理をして広々となったところで以前から気になっていたイタリア
人シェフのレシピでトマトソースを作ってみました。

僅かなトマト・玉葱・セロリをじっくり炒めてホールトマトを1kg、バジルの葉
と共に煮込んだ後はブレンダーでガーっとして出来上がり。
その味のまろやかな事ったら!!

我家ではこれくらいか、と思う分量に分けたらわずか3回分。
もっとできるかと思っていたので残念ではあるけれど、これで暑い日も
さっと調理が出来ます。
次回は倍量で作ってみよう!

日本からのレシピ

DSC02159.jpg

毎回日本に行った時には本屋さんや図書館に通いたっぷりと本を見て
来ますが中でもレシピ探しはかなり重要度高めです。
やはりネットで検索するのとは違いますからねぇ。

上の写真はタイのガパオライスです。
既にレシピは持っているのですがもうちょっと工夫したいなと思って
新しく作ったそれはあまりいい評価がもらえませんでした。
luluには内緒にしていましたがたっぷりとナンプラーが入っているの
ですね。その感想が的を得ていて“美味しいと同時になんか嫌な感じ
がする”とは魚嫌いのluluらしいなぁと。
DSC02157.jpg

こちらはハチミツとレモンを使用したソースで鶏肉を炒めるのですが
こちらはかなり好評なのでリスト入りです!
DSC02162.jpg

こちらの豚肉のマリネなのですがどうもフィレ以外我家では豚肉は
あまり評価が良くないようで。。シンプルな味付けながらtintinもあまり
食が進みませんでした。 次回は鶏肉で試してみようと思います。
意外と評価の高かった付け合せのパスタ!
たっぷりトマトと最後にクリームを少し落としてまろやかに仕上げてある
のですが実は細かくしたマッシュルームがたっぷり入ってます。
luluもtintinもマッシュルームの味は好きだけれど食感は嫌いという
面倒な人達なのです。細かくすれば喜んで食べてくれます。
そんなわけでキノコ味たっぷりのこのソースもえらく好評だったので
リスト入り。

こうやって好き嫌いの多い我家も少しずつリストが増えていきます。


義姉が主役

DSC02273.jpg

同じ誕生日の義姉と私。
平日だったという事もあり、二家族でレストランで夕食を共にし、とても
楽しい時間を過ごしました。

さて、今年は義姉が40歳という節目という事で義兄主催でfêteが開催
されました。場所は義両親宅。その間義両親はパリのアパートで1泊。

私達は消防署見学があったので夕方到着したわけですがランチタイム
からスタートしたその会はすでに大盛り上がり&皆さんかなりお酒が
入っててんやわんや。そしていつもキレイな義両親宅は目も当てられ
ない状態に。。

義姉の友人というのは殆どが学生時代からの人たちでもう長い付き合
いですから気心も知れタブーがなく(厳密にはあるけど)オープンで
本当に楽しそうな空気に溢れていました。ステキな人たちばかりで
そんな友人達のパートナーもみんな魅力的な人たちばかり。
義兄がアフリカ勤務になった時、友達も今のキャリアも捨ててついて
行くなんて事私には出来ないと言い切った彼女、本当に友人達が
生活と人生の支えになっているのは見て明らかでした。
これらは私が殆ど日本において来た物(者)達だなぁと考えてしまっ
たり。。

夜中まで続いた大騒ぎ。
翌日は11時頃にやんわりと起きてきて朝食を食べたらもうランチタイム
というのでまたテーブルを囲む。ノンビリはいいけれどずっと飲み食い
してるお決まりのフランスfêteにやや疲れ、皆がそろそろ帰ると言い出し
た時は流石にほっとしました。

家族だけが残り後片付けを開始。
汚れ果てた家や庭がまたきれいになっていくのは本当に嬉しい事でした。

夕方に帰宅した義両親がこんな古い家がまたみんなの役に立つなんて
嬉しいわと寛大なコメントまで。売りに出すことを考えているのでこの
発言だと思うけれど、ゲストのヒッチャッカメッチャカ振りを目の当たりに
した私は自分の家を人に貸すなんて絶対嫌だと思うのでありました。




消防署見学

DSC02223.jpg

近所の消防署が子供用のイヴェントを毎年開いてくれている様で昨年
に初めて我家も参加してきましたが、その時は興味深々ながらも反応は
ちょっと微妙でしたが今年は嬉しくて嬉しくてたまらないという様子。
とは言え、tintinですから大はしゃぎするというわけではないのですが。
大きなはしご車に載せてもらったり、
放水をさせてもらったり。
DSC02224.jpg

しっかりヘルメットをつけてもらって
DSC02250.jpg

ヨイショと
DSC02252.jpg

大きなハシゴにも登りました
DSC02263.jpg

足元には大きな隙間も開いてるし仏式の3階まで登るので結構な
恐怖で断念する子も沢山いましたがtintin、勇敢にも最後まで上りきり
ました。

この外、煙に包まれた真っ暗闇の部屋に入り、ハンディタイプの暗視カメラ
を使ってテディベア救出作戦に参加したりと消防士さんの仕事を体験。

もっと大きい子には他にも色々ありましたがtintinはこれだけ。
消防士さんがとてもにこやかで親切で子供への接し方を十分に心得て
いる感じでした。ここに限らず、道で出会っても子供に手を振ってくれたり
跪いて挨拶してくれたりと子供が自分達に注目していると良く分かってい
る様ですね。

そして驚く事に週末のお出掛けは何かとお父さんと、という事が多い
フランスですがここは目をハートにしたお母さんの引率が殆どでした。
一緒に行ったお母さんは“あの腕みてよっ”とうっとり。
luluも別の意味でうっとり見ていました。そして“見て、あのお腹”と
自分のお腹をさすっていました。。
子供も大人も楽しめる消防署見学でした♡


tintin 2歳10ヶ月

DSC02136.jpg

日本滞在中に2歳10ヶ月を向かえた為に2歳9月の記録は省かせて頂き
ました。
この度2歳11ヶ月を迎えてそろそろ2歳もお終いに。
自分の為にもしっかり記録しておこう!の2歳10ヶ月の分です。

日本で練習箸を購入しました。
初めはアシストの輪の中に指を自分で入れることも出来なかったのに
数日でささっと自分から正しい位置で持てる様に。
それも、日本滞在中はほぼ毎日全員がお箸で食事をするという習慣
があった為だと思いますがぐんぐんと上達してつるつる滑るトマトや
小さなお豆さんなんかもさっとつかめるようになりました。
ただスプーンと違ってうっかり他のものも一緒にすくってしまうという事が
無い為、食べたい物しか掴まない=口に入らないという結果に。。。
隣でせっせとスプーンで野菜を運ぶのはやはり私の担当です。
フランスに戻ってからも出来るだけ使用できるようなお皿、食事にする
様にはしていますがどうしてもフォーク使用率が高くなってしまいます。
DSC02169.jpg

以前からしたいしたいといいながらも怖くて出来なかった滑り台の頭か
らダイブ、やっとする気になったようで最近はこれにおおはまりです。
あぁぁ、服がよごれるぅぅと思いながらもこれも嬉しい成長と思って好きに
させています。
20190531 2

相変らずおっかなびっくりで石橋を何度も叩いてから渡るタイプですが
それでも以前に比べれば色んな事に挑戦するようになりました。
こちらから大いに促してあげないと行動に移しにくいようではあり
ますがこれからどんどんたくましくなっていくんだろうなと嬉しく思って
います。以前はこんなビビリで大丈夫かしら、と心配していたもので。

言葉の面では日本に一時帰国した事により大きく変わりました。
私との会話はほぼ日本語になり、随分と語彙も増え、使い方も上達!
日本での初めの1週間は私と日本語まじり、実家の両親とはフランス語
で応対という状態でしたが2週間目から完全に全員に日本語のみとなり
驚きました。時々仏語単語は飛び出すものの日本語で何と言うかを
教えてあげるとそれ以降は日本語で。
今までずっと日本語で対応していた甲斐があったと本当に思えた帰省
でした。ではフランスに戻ったらどうなるかな?と思ったら迎えに来て
くれた義両親とはさっとフランス語にシフト。でも相変らず私とは日本語
での会話です。
ちょっと困るのは私の両親や私の口癖を完全にマネしてるという事。
これから自分の言葉遣いもますます気をつけなくちゃな、と思います。

日本から帰省して一人で夜眠れなくなりました。
寝付くまでは側に一緒に居てあげるという方法で寝付きます。
そのまま朝まで寝てくれるので寝付くまでは、と思っていますが。
実家では客間でずっと一緒だったし小さな布団が敷いてあっても
私のベッドに登ってきて結局一緒に寝るという3週間だったのですっかり
甘えん坊になってしまいました。1人で寝られる日もあるし、私が居ないと
きちんと1人で寝入るんですけれどね。。

さて、3歳まであと僅か。
2歳というかわいい響きがなるなるのも寂しいですが元気な成長だけを
喜んで見守っていこうと思います。











Exposition Robots

DSC02182.jpg

現在科学館(Cité des sciences)で行われているロボット展を観に行って
来ました。食品製造のロボットなんかもあって私は楽しく観ていたのです
が、当のtintinはあまり興味がない様子。
怖がっているわけでもないのですがやはり対象年齢はもっと高めの様で
大きなお姉さんお兄さんは楽しそうにしていました。おなじみpepper君と
セルフィを取ったり満喫していた様子。
これ、もとはフランスの企業が作り上げたロボってご存知でしか?

その後はいつもの子供専用コーナーCité des enfantsでお気に入りの
水遊び。
DSC02201.jpg

今日はいつになく豪快に濡れてしまって雨具の様な物をつけていても
下着までびっしょり。帰りはベビーカーの中でオムツ1丁に私のカーディ
ガンを着ての帰宅。暖かい日だから良かったけれど今後は薄くても着替え
持参は必須だなぁ~と反省。
DSC02203.jpg

以前は興味を示さなかったこちらの玩具、5歳ぐらいの女の子がやって
来て、こうやって遊ぶんだよ、と教えてくれてしばし一緒に遊んでくれた
のだけれど学校のグループで来ていた様で呼ばれて行ってしまいました。
その後も必死になって遊ぶtintin。
毎度思うのだけれど一人っ子のtintinは最近大きな子のマネをしたが
ります。そしてこちらの子どもは兄弟がいるのか年下の面倒見が
いい子が沢山いるのでtintinに構ってくれる事が多いです。
とてもいい環境だなと思います。

本日も遊びまくって大満足のtintin。帰宅後はあっと言う間にお昼寝
開始。やっぱり体を使って遊びまわるのがいいよね!
こちらは疲れますが出来る限り連れ出してあげようと思います。


プール開き

DSC02150.jpg

一気に気温が上がったこの日、今年初のプールを出しました。
昨年は中に漬かってぴちゃぴちゃとしていた程度ですが今年夢中に
なっているのは魚釣り。
この後、近所の子が遊びに来て一緒にプールで遊んだけれど流石に
2人入ると小さいプールは一杯一杯。
今年は大きいのを新調するか要検討です。

 | HOME | 

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム