パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

久しぶりのレシピ本

kore.jpg

随分前から気になっていた本。
ノエルのプレゼントを色々Amazonで調達する際に一緒にポチっと・・・
日本語版も購入出来たのですが材料名が仏語の方が何かとこちら
では都合がいいのでささっと目を通すというわけにもいかず面倒では
ありますが頑張って仏語版を購入。

まだうっとりと眺めているだけですが夢が広がります。
ただ"あぁ、これはluluがNGだなぁ"なんて物も沢山あって残念ではあり
ますがアレンジし甲斐があるというもの(←強がり)
トップバッターはやっぱり"アレ"かな?と思っておりますがそのうちまた
ご披露(出来る状態なら)致します。

ところでちょっと気になる事が・・・
日本人、フランス人、どちらの感想を見ても出てこない。
"砂糖多すぎじゃない?"って事。
もしかして日本語版は分量を変えてあるのでしょうか??

お料理の方はそれなりに。
とは言え、タルト生地など見ていると物凄い量の卵・卵黄・バターを使用。
そしてお菓子の方はと言うと気の遠くなるような砂糖の量。(まぁバターも
なんだけれど)

これは・・・
しょっぱなはこの通りに作るべきなんでしょうか、それとも失敗を覚悟で
自分なりに分量を減らしてみようか、、と思案しております。
海外のお料理本にありがちな私の葛藤。
なんせ、出来上がりが大量の様なので全体的に半量ないし1/3位で試し
てみようとは思っているのですが。

みなさん、海外のレシピ本ってどうされていますか?
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

あらあら、cocoさん、これ買っちゃいましたね(笑)。私のブログでも再三紹介してるのでご存知ですよね?
私はコレでキャロットケーキとスコーンをマスターしました。ただ、マスターする前に失敗をかなり重ねないと(どういうわけか分量通りレシピ通りに作っても失敗する)いけませんけどね(笑)。

Re: No Subject

★ブリュッセル。さん

えぇ、買っちゃいましたよ!
お菓子だけではなく野菜料理のレパートリーが少なすぎるので
(なんせ煩い人がね。。)アイデアを拝借しようと思って。

そうそう、ブリュッセルさんとこのキャロット記事、旧ブログの方も
合わせてじっくり読ませて頂きましたよ、もちろん!
でも正直言うとキャロットの砂糖はまだ可愛いもんでその他のタルトや
チョコ系なんてびっくりする程過多でして・・・ 
私も失敗覚悟で、、ですかねぇやっぱり。

因みに、私が作るスコーンやキッシュの生地には卵は入れません。
出来るだけ省いても美味しく出来るものは、、と試行錯誤の末なの
ですがお店みたいなリッチな味にするにはあの分量が必要なのでしょう
かね。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム