FC2ブログ

パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

残念なインドカレー

タイトル通り、残念でした・・・
特に外食の予定もなかった土曜の夜。
luluと夕食どうしようか?と相談していて思いつきの結果、近所にある
"非常に美味しい"と評判のインド料理店へ行く事に。

日本の大きなナンとまろやかなのにスパイスの効いたバターチキンカレー
がいつまでも恋しいlulu。きっと日本人向けだったとは思いますが、どこで
食べても大抵満足のいく味だったのにこちらへ来て未だにこれぞという
お店には出会えないし、日本のような大きな三角のナンには未だに
であった事はありません。

さて評判のお店。
まずは私が頼んだマンゴラッシーはなんとピッチャーで登場
DSC09019.jpg

これだけでお腹いっぱい。事実、最後はデザートとしてluluと分け合った
程。マンゴが濃厚で美味しかったのですが流石に多すぎ。

そして前菜としてシーケバブとヒヨコマメ粉のオニオンリングフライ
DSC09021.jpg

これはどちらもかなり美味しかった!!
そして美味しいものが登場した後で期待高まるカレー!!
すみません食べかけですが。。。
DSC09022.jpg

なぜかナン(フランスのは円形で薄く旨味が少ない)が安っぽい
プラスチックの中華皿で登場
カレーが、見るからにクリーミー・・・
私が頼んだのは海老のカレーですがほぼクリームソース。
んんんん、カレーを食べている気持ちには1つもなれなかった。
luluが頼んだバターチキンは味が薄い、スパイスが全然足りないと
ブツブツいうものの、味見させてもらうと私のよりはずっと"カレーらしさ"
がまだある。

私たちは早くに入店したのだけれど、食べ終わる頃にはどんどんお客
さんはやってくるしスタッフのサービスも大変気持ちがよく店内も清潔
だし人気なのだろうとは思います。
多分、辛味が苦手な方が多いフランス人用に随分とアレンジされてい
るのだとは思います。
そんなわけで、私たちは2度目はないなとお店を後にしました。
もちろんその料理としては悪くないのですが"カレーが食べたい!"
とやって来た気持ちは満たされる事がありませんでした。
残念・・・・


スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム