FC2ブログ

パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

tintin の歯磨き事情

2212 052

昨年、日本に帰った時にに購入した赤ちゃん歯ブラシ。
初めは左のシリコンブラシを使って楽しそうに磨いていたtintin。

ところが前奥歯が出始めた頃から歯ブラシを口に入れたがらなくなり
困り果てていたところ、担当小児科医に確認すると強制するのは
良くない、歯ブラシは楽しいものだと自ら進んでするようでなくては、
との事。 3歳ぐらいからでいいのよ、と言っていたけれど日本では
羽交い絞めにして歯磨きをさせるぐらい皆さん気を使っている様子を
知っているので不安になっていましたが何度も登場するこの小児科医
に私は信頼を寄せているのでこの言葉を信じる事に。
義母がそう言った時は全く信用していなかったけれど、そうやって育てた
夫は歯磨きを怠る事はない人なので疑いながらも強制する事はありま
せんでした。

さて、時々歯ブラシを差し出しては磨かない?などと声をかけていたけれ
ど首を立てに振る事はないままでしたが、チャンス到来!
先日より義両親宅で何度かtintinの従兄弟ちゃん達とお泊りする機会が
あったので歯磨きの際は一緒にtintinにも促して欲しいと何度かお願いし
ていたのですが、とうとう自分でも磨くという意識が出てきました。

今は何でもやりたい、自分でやりたいという意識が強いので大好きな
従兄弟ちゃん達の様子を見て、僕も僕もとなった様子。

帰宅してからは食事の後は必ず歯を磨きたいと自ら主張してきます。

が・・・・
何でも真似したいtintin、今度は私達が使っている歯磨きペーストも
付けたいと譲りません。まだうがいも上手に出来ないしこの歳で
ペーストは不必要と聞いていたのでダメと言っていたのですがなんせ
いう事を聞かないここ最近。折れた私はBioショップへ出かけて店員さん
と相談。
DSC09675.jpg

結局子供用のペースト(ジェル)を購入。
ドイツのブランド、Logonaの物。
店員さん曰く基準は3歳からなのだけれど、大人の薬用の物を使う
よりはよっぽどいいだろうとの事。

歯ブラシを渡す時にこれをチョンチョンと付けてあげる真似をすると
ブラシにほんのりとピンクの色が着いた事を確認してから歯ブラシ
開始!ほんと、気持ち付けてあげるだけなので殆ど何もないも
同然ですが本人がこれで気持ちよく歯ブラシをしてくれます。

その後はヨダレをダラダラと流しながら永遠と歯ブラシをしており
ます。まだ仕上げ磨きをさせてくれませんがかなりの前進です。

そのままずっと磨いているのでコップでグズグズしに行こうかと
促すと喜んでうがい(の振り)をします。そろそろ洗面台に届く台を
調達する頃ですね。。。

そして、今年買い忘れた次の歯ブラシ・・・ファーマシーの大きい
もんなぁ

スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム