パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

思い出のアップルクランブルケーキ

DSC09075.jpg

重い腰を上げてずっと昨年から作りたかった"クランブル"を。
本当はタルトにしてみたかったのですが手間だと感じてしまいなかなか
出来ないでいるので思い出の味を作ってみる事に。

子供の頃母がよく冬に作ってくれたのがこのケーキ。
レシピ通りに作りケーキの方は、そうそうこれこれ!と言う感じですが
肝心のクランブルは母のものとは全く違う出来に。

彼女のはもっと大きくてゴロッゴロという感じ。食感ももっとクッキー
のようでしたが私のはさらさらに仕上がってしまった為、リベンジと
いきたいところです。

肝心のluluはと言うと珍しく"美味しい!"とがっついていました。
こうなると作り甲斐があるというものです。

はじめの一歩

DSC09086.jpg

あまりの寒さに朝から散歩にも行かず家に居たら雪が降ってきた!!
と思ったらあっと言う間に勢いづいて前方が見えないぐらいに。
DSC09088.jpg

昨年も雪がチラチラ降っているのを見ていたtintinですが、恐らく記憶
はもう無かったのでしょう。私が"雪が降ってきたよ!!"というと
ビックリして"アメ"と言っていましたが雪である事を説明。
お気に入りの絵本が雪の日の話なので絵本と照らし合わせてお話しました。

その後も夢中で雪を眺めるtintin。
これは喜ぶかも、と雪が止んでからベランダへ出てみました。
DSC09098.jpg

"喜ぶ"どころかおっかなびっくりで走り回るなんてことはなく慎重に
恐る恐る歩いていました。
随分と着込ませましたが肝心の私の方が寒くて僅かな時間を過ごし
て退散。 道路は全く積もっていませんがベランダの材質のせいか
夜までもずっと雪は残ったままでした。
もうちょっときゃっきゃするかな。。と思ったのですがねぇ。

何とか復活

ずっと寝込んでいた、というわけではないのですが・・・
ここ3週間程ずっと体調が優れない日々を送っていました。
風邪だったとは思うのですが。

どこに出かけたというわけでもなかったのにある朝から急に起床時に
喉の痛みを感じそれが1週間続きます。風邪の始まりだろうと思い
レモン汁+生姜+はちみつの組み合わせでやり過ごせたと思い痛みも
無くなったのでやれやれと思っていたら酷い咳が始まって数日声が
殆ど出なくなりしぶしぶファーマシーへ。
DSC09067.jpg

咳が痰がらみだったこともありそれを解消するのが第一目的。
フランスでは定番中の定番の水に溶かして飲むタイプ。
そして咳のし過ぎで喉がヒリヒリだった為ノド飴。

これで1週間程しのいだのですが咳は酷くなるばかり。
咳が出るというよりは既に炎症してしまったので空気が乾燥したり
ちょっとした刺激を喉が感じると尋常なく咳き込むのは仏に来て
よくある事。
DSC09079.jpg

とうとう以前、主治医に処方してもらったものと同じ物を購入。
自然派のお薬なので払い戻しもないけれど処方箋もなく買える
ので助かります。熱は全くないのでどうせまた主治医に見せても
本物の薬は出ないので。
痰がらみの咳止めのシロップ、吸引式のハーブオイル、咳止めの
飴。
それまでは辛くて夜も21時過ぎにベッドに入っていました。
1日中咳き込んでいるというのは以外に体力を消耗するもので
luluが帰宅し、tintinも就寝するとどっと疲れを感じて早々にベッドへ。
夜も自分の咳で眠れない1週間を送っていたので早くにベッドへ行って
も眠れるわけではないのですがなんせ気力がなくて何もする気にはなれず。
疲労困憊&睡眠不足だけれど元気いっぱいの子供の相手をしなくてはなら
ないので早く寝ようと心がけたのですが。

ところが上の薬を摂り2日で回復し始め、夜も咳き込まずぐっすりと
朝まで寝られるようになりました。こうなるともうどんどん元気になります。
以前もそうでしたがこれらの薬は私にとても合っているように思います。

まだまだ咳き込む事もありますがあとは徐々にというところでしょうか。
とりあえず何とか普段の生活に支障が無い程度にまで回復いたしました!

日本もフランスもぐっと冷え込み始めたここ数日。皆様風邪などひかれ
ませんように!








noisette / ヘーゼルナッツ

DSC08995.jpg

友人が生のノワゼットを持ってきてくれました。
どうやって食べるの?と聞いて教えて貰った通りするとなんとも言えない
香ばしい香りが家中に広がりました。

それからというもの、毎日ぽりぽりと摘んでいます。

覚書。
天板にノワゼットを重ならないように置く
180度に予熱したオーブンで20分焼く
外に出して熱が取れたら手で皮を軽くこすって取り除く

これだけですが、我が家のオーブンは少し強いのでネットで検索すると
150度で15分という方も。次回はこれで試してみます。

キャロットケーキ

DSC09013.jpg

続けざまですが。。
例のレシピ本より“目玉商品”のキャロットケーキを試作。
とは言え、オンラインにレシピを掲載しているのでコレだけが目当て
だったわけではないのですが、やっぱりこれを作らないとね。

写真を見てお分かりの通りウリのひとつであるアイシングがないでは
ないかと突込みがありそうですが私、じつはアレはなくてもいいのです。
確かに美味しいのだけれど外で食べるならともかく家でのお菓子は
焼きっぱなしが好き。

お砂糖の分量だけちょっと減らして作ったのですが、そのままでも良かった
かもと思うほど。私でも物足りないと思うのだからluluにはなお更の事。
因みに人参入りとは一言も言ってないしバレてもいません。

結果から言うと次回は砂糖を分量通りにしシナモンをもうちょっと増やし
なんならクローブも少し入れたり。そして小麦粉はT45を使用しましたが
ふわっふわに仕上がったのでT110で作ってみようと思います。個人的
にはもうちょっとどっしりしたのが好み。

luluには悪くないけれど好みでもないと言われる始末。
原因は胡桃。でもこれは個人的に無くてはならないしむしろ増やしても
良い位!でもluluにも食べてもらいたいので据え置き。
まだまだ改善の余地アリです。
因みに人参はFPの極小ラペ機能を使用して数10秒で終了です。
楽させて頂きました。次回は摩り下ろしでやってみようと思います。

«  | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム