パリのはじっこ

パリのはじっこ在住coco、仏人夫と2016年生まれの息子との毎日。美味しい物を食べて丁寧に暮らし、     出来るだけポジティブに!

風邪っぴき

DSC08540.jpg

少しご無沙汰しておりましたが風邪をこじらせておりました。
3週間程前から朝起きると喉が痛い日があり蜂蜜をなめたり、生姜を
食べたりとしてよくなったり、また痛くなったり。とうとう先々週の週末
から咳き込み始め先週後半はダウン。

フランスに来てから毎度そうなのですが風邪と言ってもメインは咳。
もともと喉がすぐに荒れる体質ですがこちらの菌なのか、乾燥した
空気のためかとにかく咳が収まらないという状態が続き、ついには
あばら骨が痛くなったりも。風邪そのものは落ち着いても長引く咳
の為に喉が炎症していつまでも咳が続くという具合。
本当に不快ですが迷惑なのは家族の方。
私が咳き込んで寝られないならluluも寝られないし夜は眠りの深い
tintinですが昼寝は眠りが浅いので私が咳き込むと目覚めてしま
ったりも。

とうとうダウンした日はファーマシーに走りました。
熱がないのでジェネラリストに診てもらっても抗生物質は処方され
ないので、Dr.のところには行かず毎度頂く処方箋なしでも購入できる
喉シロップを買いに。

シロップだけでは収まらないだろうからと同種のボンボンに加え
既に喉がイガイガすると話すとトローチを進めてくれました。
シロップとボンボンはホメオパシー、トローチは自然由来の物。
どちらも体には優しい(だろう)薬とは言えないものではありますが
思いの外このボンボンがよく効いた様に思います。

今もまだ咳き込む事はありますが今までの様に何ヶ月も咳が続く
なんてことはなさそうです。
もっと早めに摂取すべきだったと反省しています。

私の風邪がうつりluluは2日程咳き込んでいましたが直ぐに良くなり、
tintinは3日程くしゃみをしていましたがそれも良くなりました。
家族の病原菌にはなりたくないものですね。。

有り余る体力

20170929 3

今日はPMIから体重を測りに来てねと言われていたので午前中に出かけて
みれば"特異な理由の為本日閉めます"と張り紙が
まぁ、これけっこうどこでも見るのですが近所の郵便局がこの張り紙と
ともに1ヶ月閉まった時は不便な思いをしましたね。。

さて、本日の日中はなんと25℃を越えた素晴らしい1日でした。
お昼寝しないのは午前にもっと遊ばせないからではないか、と思って
いたので帰り道に近所の公園へ。
まだ1人で立って歩けないので遊ぶものも限られますが一緒に手を
つないでうろうろしたり、ちょっとした乗り物で遊んだり。何より小さい
子供達を見るのが大好きなtintinですからあちこち気になってしょうがない
様子で忙しそう。 その内ベンチで隣り合わせになった方や同じ建物に
住む方と出会ってお話したり。私自身も楽しい午前を過ごしました。

同じ建物に住む彼女曰く、午前は忙しいし家でしたいこともあるのだけ
れどこうやって出かけないと後から自分が疲れる結果になるのよ、と。
なるほどなるほど。
さらに彼女、午後は自身が疲れていなければ遠くの大きな公園まで
散歩がてら行き子供を楽しませるのだとか。皆さんそれぐらい頑張
っているのですねぇ。

さて帰宅してお昼ご飯を済ませていざお昼寝。
久しく見ていなかった午前のあくびを発見。
ベッドにおいていつも通りごそごそと静かに遊んでいましたがやはり
30分後に泣き出してしまいました。抱き上げてなだめすぐにまたベッド
に戻しましたがその後5分程で寝入った様子。
一応やったーかな?

これが公園のお陰だったかどうかはまだわかりませんが、午前に全て
用事を済ませてあったので1時間強のお昼寝の後はお天気が良いので
おやつを持っておでかけ。
芝生の上でゴロゴロと楽しんだり小さな動物が散歩するのを眺めたり
して楽しく過ごしました。 久しぶりのお天気で私自身も気持ちよく過ごせ
たし、夜はあっと言う間に就寝。

はやり外出は必要なのかな?
忙しい時は散歩がてらに近所のスーパーに行くだけであとは家の中で
せっせと動き回ってるからいいだろうと思っていたのだけれどそろそろ
そういうのもお終いかしら。

またもやtintin眠れない・・・

DSC08517.jpg


すっかり裏庭は秋の様子に。

先々週の土曜日、tintinに新しく奥歯が上下で3本生えてきている事を
確認しました。
ヴァカンスから戻ってすっかり甘えモードだったtintin。ぐずぐず言ったり
はしないけれど一人にはなれない。ヴァカンス中は3人でたっぷりベタベタ
したからかなぁなんて考えていたけれど歯の生え始めというのもあったの
かもしれないと今更ながら。考えればヨダレも多かったなぁ。
先々週は3日程夜中に起きてしまい土曜日はお昼寝も1人で出来なくて
泣いてしまい。その夜は義兄宅の夕食に招かれていたので一応と思い
dolodentを持って行きました。
案の定昼寝もしてないしちょっと遅くなってくるとぐずぐずし始めたので
dolodentつけてみようとluluが提案。私もそのほうがいいと思ったので
一応という気持ちでヌリヌリしてみると、なんともう歯がにょっきり顔を
出してるではないですかそれでも全てではないのでまだまだ辛そう
ですが本人も歯の薬だと分かっているようで大人しくされるがまま。
3本もこんな状態でさぞや大変だったろうとその後思いっきり甘やかし
てしまいましたが。。

さて、その夜は帰宅も遅かったのでベッドに置くとすぐに眠りについた
tintinですが翌日から始りました、本格的なのが。
夜中に起きることはなくなりましたが1人では寝られないのです。
先週の水曜日からまた始めました。ネントレの再スタートです!

4ヶ月の時に始めたネントレのお陰で今や1人で寝付くのが当たり前
となったtintin。
ベッドにおくとしばしひとりでごそごそと遊んでいるのですが長くても
20分程したらそのまま寝入っている様子。それが今はベッドにおいて
立ち去ろうとするとベッドの柵につかまって立ち上がり泣いて呼ぶの
ですよ。。辛いんだろうなと思って甘やかす私ですがこの日から心を
鬼にしてまたスタート。1人で眠れるようになるのは本人のためでも
あると言い聞かせるのですが、泣き叫ぶ声を聞くと"本当にそうだろうか?"
などと自問してしまうのも以前と同じ。
途中様子を見に行ってなだめるものの1日目は1時間以上泣いて
失敗。以前と比べれば体力もあるしなんせ立てるようになってる
のだから寝転んで泣いていつの間にかそのまま寝て、、という訳に
は行きません。いつ見に行ってもずっと立ったまま。部屋を去ろうと
してもすぐに立ち上がるの繰り返しでこれでは寝られるわけが
ありません。

効果があったのは2日後の夜から。
泣きもせずすぐに寝入ってくれました。
翌日のお昼寝は相変らずですが夜はまたすっと寝入ってくれ、また
1人で寝入るのが定着してくれた様子。
ところが未だにお昼寝は成功したりダメだったり。
ダメの時がまた大変で。。
大抵は30分程1人でベッドで遊んでいます。多分ボーっとしても寝られない
ので何かをいじったりして飽きたら泣くという具合。こうなるともう1人で寝る
のはムリ。迎えに行き、少し抱っこで落ち着かせまた1人にするのですが
それで寝てくれることもあればまた30分程同じように遊ぶ事を繰り返して
泣く。これで1時間以上時間をロスしてます。もうだめだと思って今度は
私達のベッドへ連れて行き横で寝たフリを決め込むとtintinもいつの間にか
グースカと寝始めます。
ここから1時間半や2時間寝て、起きると遅いおやつを食べてもう外へ遊びに
行く時間でもなく午後が終了。
お天気の日が続いているのになんというもったいない事を、と思うわけですが
お昼寝せずに過ごすクセもつけたくないのでまだ半年はお昼寝して欲しい
という気持ちでこちらも頑張ってはいるのですが。。どちらがよいのでしょう
か。

仏人からしてみれば泣きっぱなしで放っておけば疲れて寝るだろうという
人も居るし、ベッドで添い寝の話をすると"なんて事を"と何やらスキャンダ
ラスな話をしたかのような顔をする人も。
私にしてもこれが"1人で寝れた"とは思えないので本意ではありませんが
上記の理由からやっぱり寝て欲しくて。

そんなわけで、まだ試行錯誤を続ける日々は続いています。

確かめたいけれど怖い

DSC08489.jpg

義兄ファミリーはよくブルターニュへ旅行にいくのでガレットブルトンが
家にある事が多い。見向きもしなかった夏が過ぎ、すっかり肌寒くなった
ここ最近に登場すると嬉しいバターこっくり系。袋ごと置いておくと止まら
ないので必ずお皿に出してすぐに片付ける事が必要です!

さて、あれこれとストックが切れたので行きつけのファーマシーまでささっと
行ってきました。何かが1つ無くなったなんて時は近所で済ませてもいいと
思うものの大量買いするときはやっぱり足を運ぶ価値があるなと思います。
それでもファーマシーで100€近い買い物をすると"私無駄な物使ってるかし
ら?"と自問するものの日々使うものであり数ヶ月分まとめてなのできっと
日本で使用していた額と比べればはるかに安いだろうとまた言い聞かせて
みたり

行きつけのファーマシー、赤ちゃん連れで行くなら10時前に入る事が必要。
そうでなければ危険とさえ言える人混みなのです。やはり買い物をする
女性は回りに眼中ないですからね。

特にバタバタと慌てていたわけではないのですがtintinを抱っこしてメトロ
で出発! 込み合う地域を通過するのですがこの日は更に込んでいて
ファーマシー近くになると蒸し暑くなるほど。
メトロの中ではキョロキョロと窓の外や乗客を眺めて元気なtintinですが
じっと抱っこ紐の中にうずくまってしまったので眠たくなったのかな?と
思っていましたが、ファーマシーに入るとゲロっと嘔吐してしまいました。
僅かな量だったので焦ったもののすぐにティッシュでぬぐっていると
スタッフの方がキッチンペーパーを持ってきてくれて"赤ちゃんならよく
あることよー"と笑っていましたがtintinは殆ど嘔吐したことがないので
ささっと買い物を済ませ少し外の風にあたる事に。カフェに行こうかとも
考えたのですがtintinのお腹と私のお腹の間は嘔吐の後が。。ベンチに
座ってノンビリしているとtintinも元気を取り戻し声を上げてバスを指差し
したり始めたので風邪を引いても困るしと腰を上げメトロに乗り込むと二駅
程で今度は2度も吐いてしまい量も少し多かったのですぐさま降りる事に。
降りた駅はCité。。。あいにくこの駅のベンチは座れるものではなかった
のでしばらく抱っこでうろうろと。本当なら近所に住む伯母の家に行った
ほうが良かったのだろうけれど、残念な事に海外旅行中。鍵も持ち合わせて
いなかったのでバスでのんびり帰るか頑張ってメトロに乗るかと暫く考えて
いましがたまたもやtintinすぐに元気を取り戻したので少しずつでもなんとか
メトロで帰ろうとまた乗り込みました。
今度は動くものを見ないように目を覆って暫く揺れていると、嘔吐して疲れた
せいかあっと言う間に寝てしまいました。

何とか眠ったまま家までたどり着きベッドに降ろすとすぐに目を覚まして
何も無かったかの様に活発に動き始めたので少しホッとしましたが
本当に心配で心配で眠っていても息をしているのかと不安になりながらの
帰路でした。

今まで車に乗っても電車の長旅でも酔った様子は一度もなかったので
車内の蒸し暑さと人ごみに加えての揺れで具合が悪くなり、その具合の
悪いまま電車に乗ったので嘔吐を繰り返したのでは、、と思っているので
すがなんせluluも私も子供の頃から酷い車酔いをするし私にいたっては
未だに車も電車も飛行機さえも具合が悪くなるのでそれを受け継いでいる
のだとしたらこの先大変だなと思ってしまいました。

これからの季節、厚着をさせることも多いので公共交通機関を使う時
は注意が必要だな、と感じたのと子供とのお出かけはわずかな外出でも
ティッシュなどはしっかり持って行かなくちゃと思ったのでした。もしもの
ために私用に数枚ポケットにティッシュを持っていただけだったのでファー
マシーの方がどっさりくださったキッチンペーパーがとても役にたったので
助かりました。帰りの荷物が予想できていたので身軽に出かけたのは
良く無かったですね。。

義両親が南から帰ってきたので、今日遊びに来ないかとお誘いを受けまし
たが、今週は乗り物は怖いから避けたいのだと理由を説明してお断りしま
した。
3週間ぶりに孫に会いたかっただろうに申し訳ないなと思うものの本当に
不安で怖い思いをしたしtintinも辛かっただろうから暫くは大人しくしています。

次回大丈夫かしらとやっぱり不安ではありますが、メトロなしで過ごすわけには
いかないのでそのうちまた再チャレンジいたします。

太らなくっちゃ!

DSC08469.jpg

また少し暖かさが戻り気持ちのよい日を過ごしていますが、ここ最近は
ぐーっと冷え込んだ日が続いてこのまま冬に突入かと寂しく感じていた
くらい。
我が家の前菜はスープの登場が多くなり生野菜など食べる気にもなれ
ませんでした。 久しぶりに購入したpotimarron(栗かぼちゃ)のなんと
甘い事!tintinも嬉しそうにスープを完食。

さて、今日のタイトル。
当然私の事ではありません。こんな季節は放っておいても常に何か
頬張っておりますから
そう、tintinの事。

最後に体重を測ったのはヴァカンス出発直前にあった小児科での定期
健診時。次回は11月なのでまだまだ先だし、と思いPMIに体重を測りに
行きました。結果少し増えていたのでやった!と思ったのもつかの間、
助産婦さんが"もっと食べなくちゃねぇ"と。
いつもはやせっぽっちではあるけれど一応平均値の中に納まっている
から気にしなくていいわよ、と言われるのですが今回は違いました。
理由は、tintinなりに綺麗な曲線を描いてしっかり体重増加しているの
だけれど、今回はその曲線がガタンと下がってしまったのです。増加して
いるとは言えその幅が随分少なかったのが心配なのだとか。

新しい歯が生え始めて食欲が落ちているかもしれないという事もあるの
だけれどちょっと食事を見直してみましょうと。
この助産婦さんは子供にとって"糖類"は非常に大切だという考えで
以前はchocapic(チョコレートシリアル)を進められた事も。
ちょっと難色を示していると、朝はパンドゥミを食べているのだから
蜂蜜やコンフィチュールを塗ってあげるのもいいわよと。
さっそく蜂蜜を試してみるとオエっと涙目に。喜んで食べるかと思った
ので意外でした。しかもその日からパンドゥミを食べてくれなくなった
という悲しいオチ。 今までは口いっぱいに頬張っていたのにその日を
栄えに一口、二口食べた後はもういいや、という態度。
また暫くしたら再開してみることにします。

そしておやつには果物とヨーグルトを食べておりますがそれに加え
1枚ビスケットをあげてみることに。
まぁこれが相当のお気に入りの様子で前歯でバキっと噛んでしっかり
と楽しんでいる様子。大抵1枚完食してくれます。
DSC08498.jpg

それがこちらのビスケット。LUというメーカーのPetite Beurre です。
以前も一度記事にしたのですが妊娠中に必死に食べていたもの。
つわりが酷かった時のおたすけビスケットでした。
味はマリービスケットを更にバターリッチにした感じの素朴なもの。

こんな小さいうちから市販のビスケットなど・・と思っていたのですが
色々思うところがあってこれくらいはいいか、と思うここ最近。
その代わり果物やヨーグルトを完食し終えた場合のみあげています。

お昼も最近はきちんと完食してくれるので1歳を過ぎてから昼食時は
ヨーグルトなしでしたがまたあげるようになりました。

ご飯だけでは食べ飽きてしまうので(時間がかかっているので)ヨーグルト
をプラスしたり果物の量を増やしたりと少しだけ工夫しています。

来週末にまた体重増えてるか見てみましょうねと言われているので
またPMIへ行って来ます。 結果はまた1週間後に!




«  | HOME |  »

プロフィール

coco

Author:coco
お料理が好きなcocoと偏食な仏人夫luluに2016年7月、息子tintinが生まれてバタバタの日々。ガチガチbio人間ではないけれど、出来るだけナチュラルな物を取り入れつつ、前向きな日々が送れればなぁと願いながらパリのはじっこからお届けいたします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム